読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

次男の帰省

「正月には帰るつもり」と言っていた次男は三が日のうちには帰ってこなかった。「楽しく暮らしているのなら親としては何も言うことはない」と思いながらも、迷った挙句、3日の夜に「おめでとうメール」を送った。押しつけがましいとは思ったけれど、お父さんもお母さんもお兄ちゃんたちもみんな待っていたこと。楽しく暮らしているならいいけれど、お節も(次男が好きな)数の子も、ナスも準備していたこと。体に気を付けるように・・・など等書いて。

すると、「連絡なしはいけないよね。今年は7日に帰省します」と、すぐに返信メールが届いた。

 

7日の日。待てど暮らせど、夕方になっても一向に帰省する様子がない。またも迷ったけれど、今度は電話をしてみた。すると「今、東京駅。今から帰るから9時ごろになると思うよ」と。まあ、これは毎度のことなのだ。

 

夫の就寝時間は9時。「もっと早く帰ってくれば一緒に夕食を食べながらゆっくり話もできるのに・・・」と思うけれど、これは親の側の都合。帰省して顔を見せてくれるだけでもうれしいことだと思い直す。

 

夫は二男が帰宅するまで待ち、顔を見てからベッドに入った。私は二男が風呂に入っている間に夕食の準備。と言っても時間が時間なので、準備しておいたお刺身や鳥チャーシュー、それに少しばかりの野菜を並べて置いた。そして、しばらくはおしゃべりに付き合ってもらった。

 

翌日は、先輩に寒中見舞いのはがきを出したいからと、庭から水仙を切ってきて、夫の前で絵手紙を描いたりしながら一日のんびり過ごし、夕食時には一緒にビールを飲み、年寄り夫婦を楽しませてくれた。そして、9日の昼過ぎに帰って行った。

  

今、下重暁子さんの「家族という病」を読んでいて、あと少しで読み終わるところだ。私は親との確執もなく、子どもたちとも多分なかったと思っている。それでかどうかは分からないけれど、人間は個という考えには共感できるけれど、家族を全く突き放して個だと言い切ることは私にはできない。もちろん、まさにその通り、と納得しながら読むことも多い。だけど、それの何が問題か・・・と感じる部分もある。いろんな考えの人がいて、家族もいろんなカタチがあっていいと思う。幸せは自分の心が決めるものだから。

ちょうど次男が帰省していたせいか「我家の家族のカタチ」はこれでいい。そんな風に思いながら次男を見送った。

初詣

年末28日に帰省した長男家族は渋滞を避けるため2日の朝早くに帰って行った。

4日には夫のデイケアも始まり、正月の片付けはまだ残っているけれど、我が家はほぼ通常の生活に戻った。

とはいえ、息子たちが使った布団のシーツを剥ぎ、洗い、布団を干し、またシーツをかけてしまうという作業が未だ毎日続いているから朝から忙しい。

 

今日は掛け布団を干し、毛布を洗い、買い物に出かける途中で東田神明宮(あずまだしんめいぐう)、通称、田中の神明さまへ初詣に行ってきた。 

f:id:emukobb:20170105104230j:plain

ここは延喜2年(902)に創建されたお宮さん。伊勢神宮外宮の神領であった薑御園に天照皇大神を祀ったのが始まりと伝えられている。天文22年(1553)には当時の 仁連木城主 戸田宣光が社殿の造営を行っているとのこと。

 

今日はどこかの会社のご祈祷があるらしく、作業服を着た10数名の人たちが社殿に入って行った。私が手を合わせると神主さんがちょうど太鼓をドーンと打ち鳴らした。

f:id:emukobb:20170105104055j:plain

静かな境内に響き渡る太鼓の音は私の体にも響き、まるで私までご祈祷していただいているような気分になってきた。ありがたいことだ。

 

拝礼して帰ろうとすると、かわいい子を見っけ。

f:id:emukobb:20170105103837j:plain

本当は1mぐらいのところにいたのだけれど、カメラを構えた途端に社務所の屋根へ飛んで行ってしまった。

横向きの写真は上手く取れなかったけれど、でもかわいい。

f:id:emukobb:20170105103832j:plain

 何だかうれしくてしばらく眺めていた。そして、何かいいことがありそうな予感までしてきた。

実際に、偶然出会った友人とお茶を飲みに行き、楽しいひと時を過ごすことができた。その友人は私とは違う神社にお参りに行った帰りだったとのこと。二人とも「こんな楽しい時間が持てるなんて、ご利益があったね」と喜び合う単純な私たちなのだ。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

f:id:emukobb:20161224114911j:plain

今年はどんな年になるのでしょうね。

いちおう抱負はあるのですが、まだ胸の内にしまったままです。

 

皆さまにとっても、私自身にとっても幸多い年になりますように。

そして、笑って暮らせる日が続きますようにと願っています。

 

本年もよろしくお願いいたします。

                      えむこ

うれしい悲鳴をあげている

あれよあれよという間に1年が終わろうとしている。月日が流れるのは本当に早い。

今年は長男家族が28日の夕方帰省し、毎日うれしい悲鳴をあげている。

帰省する前から掃除に明け暮れていたので疲れが取れないでいるけれど、うれしさと天秤にかければ当然どんなに疲れてもうれしさの方が勝るに決まっている。

2日の朝には帰ってしまう予定なので、それまではしっかり楽しませてもらおうと思っている。帰ってしまうとさみしさの方が勝ると思うと喜んでばかりはいられないけれど。

 

このところあまりの忙しさに走り回っていたらいつの間にか蝋梅が咲いていた。 

f:id:emukobb:20161230152647j:plain

いい香りが漂っている。

息子の帰国を喜ぶ

2年前、長男は家族を連れてアメリカに赴任した。任期は2年で延長はないと言っていたけれど、結局は2か月延長になり、今日やっと帰国した。

家族は一足早く2年で帰国し、2か月間は別々で生活していた。これでやっと家族そろって生活できるようになったと安心した。

 

本人は「2年2か月の間とても充実した生活が送れた」と言っているけれど、家族はそれなりに大変だったと思っている。彼女は英会話がそれなりにできるので良しとしても、A・B・Cも分からない状態で渡米した子どもたちのストレスは計り知れないものがあったと想像する。子どもというものがいくら順応性があるとはいえ、あちらで小学校に入学したり、保育園に入ったり、日本語が通じない環境へ一気に放り込まれた孫たちは始め小さな胸にため込んだストレスをどうしようもなく、親をも巻き込んで涙、涙の日々だったようだ。それでも半年を過ぎた頃から徐々に慣れたようで、何とか頑張り通すことができた。親としてもババとしても元気で無事に帰国できたことを何より喜んでいる。

 

あと何日かすると、息子たち家族が帰省する。いつもはせいぜい1泊か2泊で帰っていくけれど、今回は5泊するという。帰省したら彼女や孫たちに目いっぱいごちそうをし、褒めてあげたいと思っている。頑張った結果はきっとついてくるはずだから。

お別れ

人の世は無情なもので、自分の体が思うようにならなくなったからといって

いくら迎えが来てほしいと願っても簡単に逝くことはできない。そうかと思えば、さっきまで元気だった人があっという間に逝ってしまうことがある。

 

2週間ほど前、一人暮らしの男性が自宅で亡くなっているのを発見された。いわゆるヒートショックだったようだ。アパートに住む彼の部屋から階下に水漏れし、それで発見された。当然、警察が介入し、検死後遺体は警察に安置された。

警察が身元を調べ、子どもに連絡をしようと他人になった人に電話をした。だけど、他人になった人はそれを拒み、代わりに彼の身内の電話番号を教えた。

 

彼の身内は警察から事情を聞いても子どもがいる彼を引き取る義務はない。

他人になった人は妻子から彼を奪い、2人の子をもうけ、子どもが大きくなったらぽいと捨てた。それでも、彼は子どもたちが18歳過ぎても大学を卒業するまでは学費などを支払っていた。そして、彼が身内のところに行けない気持ちにさせておきながら、最後の仕打ちはこれか。そう思うと理不尽だと思う。もちろん、それは身内の気持ちであって、相手には相手の言い分があることは分かっている。(夫婦のことは身内であっても口出ししてはいけないし、片方だけが悪いということは絶対にないと承知の上)それでも、身内にとってはいくらいろんなことがあったとしても、喧嘩をしたわけでも嫌いになったわけでもなく、心の内では大事な人には違いはない。なので、かわいそうだと引き取った。そして、たった4人で彼を見送った。

 

その日は朝からしとしとと寂しい雨が降っていた。「きっとなみだ雨だ・・・」と思っていると、そのうち夜中になり、今度は雷を交えた激しい雨に変わり、いつまでも降り続いた。まるで彼が慟哭しているかのように。

まあ、そう思うのは見送った身内だけで、逝ってしまった彼は長患いすることもなく、これで良かったと思っているかもしれないけれど。

ふれあい音楽会⑮

水曜日は今年度最後のふれあい音楽会だった。

f:id:emukobb:20161208144149j:plain

前売り参加券は限定160枚。何度か書いたけれど、飲み物・お菓子付きで400円だ。

当日の参加も可能だけれど、当日券にはお菓子はつかず、飲み物だけになる。でも、参加したい人は全員、絶対に拒むことなく入れてくれるそうだ。

今回は最後だということもあるのか、それとも演奏者の人数が多く、関係者も来ているのかわからないけれど、すべての椅子を出してもおさまらず、脇のベンチまで人でいっぱいになるほどの盛況ぶりだった。

 

今回はプログラムにあるように「音いっぱいコンサート」

~さあ クリスマスがやってくる!~ というサブタイトルで ★グループ音紡ぎ★の11名のメンバーによる音楽会だった。

プログラムによると、グループ音紡ぎはもう16年もの間活動しているという。市民病院でのアトリウムコンサートや学校、介護施設での演奏活動をはじめ、文化会館でのコンサートも行っている。

 

今回はピアノ(3名)、バイオリン、サックス、チェロ、フルート(ピッコロも)、オーボエマリンバ、ソプラノ、アルトの総勢11名での演奏会だ。すべてを11名が演奏するわけではなく、ピアノの独奏あり、ピアノとフルート、ソプラノの独唱・・・など等、曲目に合わせ様々な組み合わせでの演奏だった。

f:id:emukobb:20161208144203j:plain

ショパン幻想即興曲はピアノの独奏。まるでドラマのクライマックスシーンのようにドキドキしながら演奏に引き込まれ、ものすごく感動した。

最後の曲、クリスマスフェスティバルは全員での演奏。オーケストラほどの人数はいなくても、ボランティアの方々も脇から鈴で参加。大人数での演奏は体全体に音が響き渡り、何だか涙が零れそうになった。

 

ふれあい音楽会を聴きに行った後は毎回、毎回「良かったね」とか「素晴らしかった!!」と言い続けていたけれど、今回も本当に楽しくて素晴らしい音楽会だった。

これで来年の4月まで音楽会がないと思うと何だか寂しいような気がする。