えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

病院受診と新しい主治医

木曜日、夫の3か月に1度の脳外科受診だった。 予約時間はいつも10時30分。その日は10時10分に病院に着いた。 手続きを済ませ、車いすのまま計測できる体重計で体重測定をし、脳外科の前で順番を待った。公立病院では待ち時間が長いと言われているけれど、夫…

絵を描くのもリハビリ

若いころには友人と長電話をしたものだけれど、今は電話が大の苦手だ。 月曜日に夫が30年も前に設計管理をさせていただいたお施主さんからももをいただいた。私も何度かお会いしたことがあるし、電話で話したこともある方だからすぐにお礼の電話をすればいい…

連休中のお客さまとごほうび

世間では3連休だったけれど、我家は通常と何ら変わりがなかった。 土日はどこにも出かけることもなく、二人でのんびりと穏やかな日常を過ごした。 そんな私たちにシオカラトンボのお客さま。 私たちをじっと見ているよう。 トンボはチョウチョと違い、同じと…

夏は来ぬ

数日前からセミが鳴きはじめた。 今日も朝早くから公園では暑苦しいほどに鳴いている。 庭ではあちこちにセミの抜け殻がくっついている。 これは昨日撮ったもの。御影石に一つくっついていた。 こちらは今朝の写真。アルミの針金で作ったオブジェにもう一つ…

要介護認定

6月に要介護認定の調査を受け、その結果が届いた。今回が4回目の更新で、前回と同じ要介護4だった。 初めて要介護認定調査を受けたのは回復期リハビリ病院に入院中だった。 当時、夫より半月ほど前に同じ疾患で入院していた同室の男性が私の目には夫と同レ…

先の楽しみ

先週、地元の美術館に行った時「ジャコメッティ展」のパンフレットを見つけた。 夫はともかく、私は彫刻のことに詳しいわけではないけれど、それでも彫刻を見るのは好きだ。その中でもジャコメッティは好きな彫刻家の一人なのだ。 パンフレットを見ながら「…

この1週間

このところ、クーラーのせいなのか、夜中に2度・3度とトイレ介助で起きるせいなのか、夫が寝てしまうとそれからやるつもりだったことも一気にやる気が失せ、ブログも書けないでいた。かといって、寝てしまうのはもったいなくて寝ることもせず、録画番組を見…

収穫のよろこび

今日の収穫。 キュウリ1本、ナス3本、トマト2個。オクラは分かりにくいけど7本ある。細いアスパラは1本だけ。ピーマンはたくさんなっているけれど、しし唐を少し膨らませたぐらいの太さなので、何だか太くならないような気もしてくるけれど収穫するのはもう…

昨日のこと

昨日も夫がデイケアに出かけた後、1時間ぐらい東側の庭の草取りをした。 東側の庭には私しか行くことはなく、その私もたまにしか足を踏み入れない。 だから、草だけではなく花もぐちゃぐちゃになっていて余計に行きたくないのだ。 でも、たまに行くとうれし…

夫の誕生日

今日は夫の誕生日だ。 誕生日と言っても普段と何かが変わるわけではなく、夫はいつものようにデイケアに出かけ、私は月2回の楽しみである「ふれあい音楽会」に行ってきた。 夫は61歳3か月の時、脳出血で倒れた。これから二人で楽しめるようになるという矢先…

草取りの後は気持ちがいい

夫がデイケアに行く月・水・木曜日は特別なことがない限り草取りをしている。 以前は近くの幼稚園で昼のチャイムが鳴るまで夢中で3時間ぐらいぶっ通しやってしまうこともしばしばだった。だけど、寄る年波には勝てず、あとで疲れが出るようになってきたので…

毒虫こわい

土曜日の未明。首というか顎に近いところにシカッという激しい痛みが走り目が覚めた。その時、反射的にその部分を手で払いのけた。 なにかに刺されたようだけれど、あたりには何も見つからず、とりあえず軟膏を塗ってまた眠った。 外でならば蜂ということも…

セキュリティーソフトの入れ替え作業とその後

我家のガクアジサイが咲き始め写真を撮って下書き保存をしておいたのが6月6日のこと。 翌7日に東海地方は梅雨入りしたものの、昨日はお湿り程度の雨が降ったけれど、それまでに雨が降ったのは8日だけ。今週半ばからやっと梅雨らしくなるらしい。 ガクアジサ…

手作り展で

木曜日のこと。 友人と喫茶店のギャラリーへ「手作り展」を見に行った。 手作りといってもいろいろだけれど、その方はニット服やパッチワークのバック、ビーズアクセサリー、小銭入れやカードケース、人形などの布小物などの洋裁や手芸の分野のもの。そして…

ビワ

ご近所に私が小母さんと慕う人がいる。 夫が生まれる前からのご近所さんで、私たちの母親世代。今年95歳になられたそうだ。 私とは夫と結婚してからのお付き合いで、家に上がっておしゃべりするような間柄ではないけれど「〇〇ちゃん(夫のこと)のお嫁さん…

電車に乗ってもう一度

この間、星野富弘さんの「花の詩画展」に行ったことを書いた。 しっかりと目に焼き付けてきたはずなのに、帰るとすぐに「もう一度行きたい」という気持ちが湧きあがってきた。 展覧会場は東海道本線の豊田町駅から徒歩5分のところにある。二川駅横の駐車場に…

ごみゼロ運動のすぐ後に

昨日はごみゼロ運動の日だった。 何度も書いているけれど、私の住む豊橋市がその発祥の地だ。市内の葦毛(いもう)湿原を訪れる人たちによるごみや空き缶の散乱を何とかしたいということで「自分のごみは自分で持ち帰ろう」という呼びかけから始まった。 前…

「星野富弘 花の詩画展」を観に行った

美術館に行くと、展覧会を観た後で必ず全国各地の展覧会の案内ポスターが張ってあるコーナーに行く。そこにはポスターだけでなく、パンフレットや地元ギャラリーの案内ハガキなども置いてあり、美術館に行く楽しみの一つでもある。 3月に行った時「星野富弘 …

畑仕事を頑張る

夫は元気だった頃、家庭菜園を楽しんでいた。 そして、大型連休のすこし前になると苦土石灰を撒いたり、堆肥を漉き込んだりして夏野菜を植える準備をし、連休中はどこに出かけるでもなく庭仕事ばかりしていた。当時の私は手伝いもせず「私見る人、食べる人」…

久しぶりに手にした絵本

新聞の広告欄に載っている本の宣伝や書評などを読むと、時々読んでみたいと思う本に出合う。 それは小説であったり、エッセイであったり、ノンフィクションであったり、ハウツー本や絵本であったりする。 最近は本を増やしたくないと思っているのでそんな時…

連休あとの後片付け

子どもたちが連休に帰省し、車で来た長男家族は渋滞を避けたいと土曜日の朝早く帰って行った。次男は少し遅れて新幹線で帰省し、同じく土曜日の夜、ラッシュを避けたいとひかりではなく名古屋発のこだまで帰って行った。 長男家族が帰った後はまずは掃除。掃…

連休が終わるまでは

今日は下の孫の誕生日だ。かわいい盛りの5歳になる。 毎年、孫の誕生日に届くようにと期日指定でバースデーカードを送っているのだけれど、今年は忘れてしまった。 正月に帰省した時、孫は両親に買ってもらったパズルを一生懸命やっていた。 まだ1月のうち、…

義母の7回忌法要を営む

今日は義母の7回忌の法要を営んだ。 今まで法事の時にはお寺の本堂をお借りしていたのだけれど、今回は自宅で行ったので事前の準備が大変だった。それは自分の気持ちの持ちようなのかもしれないが。 仏具を磨き、仏壇をきれいに拭き、仏間は大掃除。事前にお…

お尻に火がついて

この間さくらが咲き始めたと思ったらもう若葉になり、今度は藤が咲き始め、今まさに満開だ。 月日の経つのは本当に早い。 今月末に法事を控え、片付けを始めていたけれど、草木が気になり庭仕事をしたり、諸々の用事があったりで思うように進んでいなかった…

怒ってはだめだと自分に言い聞かす

先週の金曜日から心配事や腹が立つことやイライラすることが続いていた。 それまでの自分なら何事もなく通り過ぎてきたような些細なことばかりだけれど、昨日は私の許容量を超えてしまいついに爆発してしまった。そして、言葉で反論もできない、私から逃げ出…

今年もふれあい音楽会

年度が代わり、今年もふれあい音楽会が始まった。 4月から月2回、8月はお休みで12月は1回の全15回。今日が今年度の第一回目だった。 例年、この時期さくらは散ってしまった後なのだけれど、今年は開花が遅かったせいで昨日の嵐のような風にも負けることなく…

毎日お花見

今年は桜の開花が例年よりかなり遅く、我家の前の公園では1週間前にやっと2、3輪咲き始めたばかりだ。 それでも咲き始めるとどんどん咲きだし、あっという間に見頃になった。 それなのに水曜日は雨。木曜日も一時雨。金曜日、土曜日は一日中雨が降り、日曜…

人間が小さくてやさしくないのかも

確か、先月28日に名古屋で桜が開花したとテレビの天気予報で言っていた。 その時、我が家の前の公園のさくらはまだ固い蕾のままで色づいてもいなかった。 31日の金曜日、NHK のアサイチで日比谷公園(だったと思う)のさくらは5分咲きだと言っていた。その時…

片付けは大変なこと

今月末に義母の7回忌を予定している。 息子たちが正月に帰省した時、5月の連休中に行うつもりでいることを話しておいた。今年は嫁のお父さんの3回忌でもあり、5月4日に法事を行うとのことだった。息子たちには小学生の孫がいるので帰省はたぶん5月3日。4日が…

夫の担当者がまた総入れ替えに

夫が脳出血で倒れてから6年半になる。 6か月の入院生活を経て、自宅での介護を始めてからは6年。もうすぐ7年目に入る。 その間、介護保険制度を利用しながら頑張ってきた。つもり。もちろん今も。退院してすぐから始めた訪問リハビリには特に助けられたと思…

大事な歯が・・・

2週間ぐらい前の日曜日、突然左下の奥歯が痛み出した。 舌で様子を見ると、ちょっとぐらついた。どうやら歯茎に炎症があるようで歯が浮いているような気がした。右下の奥歯もそうだったけれど、こうなるともうだめかもしれないと不安になってきた。 翌日、歯…

お雛さまのおかげで

木曜日のこと。 夫がデイケアに行く日なのに、水曜日の夕方から降り出した雨が降り続いていた。 車いすの夫にとって雨の日の外出は大変なこと。だけど、デイケアに行くときには送迎車の運転手さんと介護士さんが二人がかりで介助してくれるので助かっている。…

お客さま

夫が倒れてもう6年が過ぎた。 言葉を失ってしまったにもかかわらず、今もなお元気だったころと変わりなく夫に会いに来てくれる友人が何人かいる。 今日はその中の一人、Kさんが来てくれた。 Kさんはお酒が大好きな人。年を取ったので最近では飲む量はかなり…

日曜日の午前中

日曜日の午前中。 外は冷たい風が吹いているけれど、お日さまの光が差している部屋の中はポカポカ だ。 窓際で夫は車いすに座ったままうとうと・・・ せっかくお茶を入れ、おやつもセットしたというのに、クラシックの名曲集をBGMに熟睡しているようだ。 家の前…

散歩でバードウォッチング

毎年、裏のお宅の梅の花が咲き始めると我が家にもメジロがやってくる。 それが、この冬は昨年の12月ごろから家の前の公園にメジロがたくさんやってくるようになった。そして、いつも我家を素通りして裏のお宅の高い木まで飛んでいく。 数日前、裏のお宅の梅…

明日の楽しみ

昨日、図書館で予約していた本が市民館に届いたという連絡が入った。なので、今日は市民館へその本を借りに行った。 市民館のところから東へ1キロほど遊歩道になった公園がある。この間行った時、そこでジョウビタキとツグミに出会えたものだから、今日はカ…

吉田博展へ行ってきた

昨年の7月、Eテレの日曜美術館で「木版画 未踏の頂へ~吉田博の挑戦~」を見た。私は恥ずかしながらその時まで吉田博という人を知らなかった。何でも生誕140年とかで、千葉市美術館をかわきりに各地で展覧会が開催されるよう。その時は郡山市美術館の展覧会…

花を見て、鳥を見て

この間、夫と美術館に行った時、美術館前の広場に6、7人が集まっていた。そのうち二人は超望遠のカメラを三脚にセットし、もう一人は一眼レフカメラを首にかけ、残りの3、4人は通りすがりの人のよう。みんな鳥を見ているのは一目瞭然だった。 見ると、た…

ランチ&お茶、そして楽しいおしゃべり

昨日は夫と一緒に美術館に行った。 「市民展」を観て、「普門寺と国境のほとけ展」を観て、レストランで昼食を食べ、家に戻ると、置き忘れた携帯にうれしいうれしい人から、とってもうれしいメールが入っていた。「・・・・・・明日、予定がありますか? 都合が良…

水曜日

このところ、水曜日になると私の体には羽が生えてくるようだ。 今の私にとって水曜日は気持ちが一番放される日。というか、木曜日も夫はデイケアに出かけるものだから一番自由な日なのだ。 冬場は草取りも庭仕事もそんなにやることはない。なので、今日も夫…

月曜日

毎週、木曜日の午後になるともう月曜日が待ち遠しくてならない。 先週は木曜日が夫の受診日でデイケアを休んだものだから今週は特に待ち遠しかった。 月曜日になったらあれもしたい、これもしよう、あそこに行こう、など等、前日からというか、もっと前から…

受診日

木曜日は3か月に一度の夫の受診日だった。 予約時間は10時30分。 公立病院という所は予約をしていてもかなり待つと言われている。現に夫の前の主治医の時にはいつも1時時間近く待っていた。それが、今の主治医に変わってからはそんなに待つことはなくなった…

雪の日

昨日からこの冬一番の寒気が流れ込み、各地で大雪にみまわれている。 私の住む地は温暖で、雪など年に1、2度降るか降らないかのところなのだけれど、昨日は朝から雪が降りはじめ、一日中断続的に降っていた。 降り始めが7時か8時ごろだったので、日中は積も…

ひとり遊び

絵を観るのが好き。読めなくても書も好き。それが世界的に有名な人のものでなくてもいい。地元の画家や書家と言われる人や、楽しみだけでかいている人のものであっても。 手作り展を見るのが好き。最近は殆ど作らなくなってしまったけれど自分で作るのも好き…

次男の帰省

「正月には帰るつもり」と言っていた次男は三が日のうちには帰ってこなかった。「楽しく暮らしているのなら親としては何も言うことはない」と思いながらも、迷った挙句、3日の夜に「おめでとうメール」を送った。押しつけがましいとは思ったけれど、お父さん…

初詣

年末28日に帰省した長男家族は渋滞を避けるため2日の朝早くに帰って行った。 4日には夫のデイケアも始まり、正月の片付けはまだ残っているけれど、我が家はほぼ通常の生活に戻った。 とはいえ、息子たちが使った布団のシーツを剥ぎ、洗い、布団を干し、また…

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 今年はどんな年になるのでしょうね。 いちおう抱負はあるのですが、まだ胸の内にしまったままです。 皆さまにとっても、私自身にとっても幸多い年になりますように。 そして、笑って暮らせる日が続きますようにと願ってい…

うれしい悲鳴をあげている

あれよあれよという間に1年が終わろうとしている。月日が流れるのは本当に早い。 今年は長男家族が28日の夕方帰省し、毎日うれしい悲鳴をあげている。 帰省する前から掃除に明け暮れていたので疲れが取れないでいるけれど、うれしさと天秤にかければ当然どん…

息子の帰国を喜ぶ

2年前、長男は家族を連れてアメリカに赴任した。任期は2年で延長はないと言っていたけれど、結局は2か月延長になり、今日やっと帰国した。 家族は一足早く2年で帰国し、2か月間は別々で生活していた。これでやっと家族そろって生活できるようになったと安心…

お別れ

人の世は無情なもので、自分の体が思うようにならなくなったからといって いくら迎えが来てほしいと願っても簡単に逝くことはできない。そうかと思えば、さっきまで元気だった人があっという間に逝ってしまうことがある。 2週間ほど前、一人暮らしの男性が自…