読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

テレビ・ラジオ・新聞・書籍

考えるだけでわくわく

日曜日の朝は特別なことがない限り、Eテレの日曜美術館を観ることから始まる。 今日は『智恵子に捧げた彫刻 ~詩人・高村光太郎の実像~』というものだった。 私が初めて高村光太郎の彫刻を見たのは20代の頃。碌山美術館でだった。その後、十和田湖畔で乙女…

始まりがあれば終わりがくる

まだ両親が元気だった頃、家内工業を営んでいた両親はいつもラジオを聞きながら仕事をしていた。 ラジオはテレビと違い、いちいち選局することはなく、いつも同じ局の番組を聞いていた。最新の機種はどうか知らないけれど、ラジオの選局って周波数を合わせる…

行けると思うけれど・・・

何度も書いているけれど、我家はEテレの日曜美術館という番組が大好きで毎週観ています。観られなかったり、途中で中断を余儀なくされることもあるので録画もしているぐらいです。 その番組の後半15分はアートシーンと称し、全国で開催されている展覧会情報…

雨の日曜日

朝、目が覚めると外は雨。しとしとと降っていました。 ♪♪ 雨がしとしと日曜日 僕は一人で君の帰りを待っていた・・・♪♪ なんて、鼻歌交じりで朝が始まりました。 この歌、私がまだ十代の頃の歌だから、若い人たちはもちろん知らないでしょうね。グループサウン…

読みたい本から

私が建築物に興味を持ち始めたのはいつ頃だったのか覚えていないけれど、小学生の頃に豊橋公会堂や聖ハリスト教会の前を通ると、その建物をじっと眺めていた記憶があります。 豊橋公会堂は国の登録有形文化財に指定されているし、聖ハリスト教会は県指定の文…

車いすの旅

この間J子さんと会った時、「永六輔さんが車いすで出かけた旅番組の放送があるみたいよ」と教えてくれました。 その時、詳しいことは分からなかったので、家に帰ってネットで調べると、7月21日(日)放送の「遠くへ行きたい」という番組だと分かりました。 永…

久しぶりに小説を買いました

私は久しく小説というジャンルの本を読んでいません。若い頃には読んでいたけれど、いつの頃からか、読まなくなってしまいました。理由はよく分からないけれど、本を読んでいて「なんだ、作者はこの人にこの言葉を言わせたかったのか・・・」と思うようになって…

苦い思い出

今日は1日雨が降っていました。 こんな日はどこにも行けないので、片付けでもすればいいのにと思うけれど、やっぱり何もせず、ぐうたらした1日を過ごしてしまいました。 机の上には数日分の新聞が積み重ねたまま置いてあったので、せめてそのぐらいは片づけ…

懐かしい友人のこと

毎週木曜日、朝日新聞の夕刊に「人生の楽園」という記事が掲載されます。そして、この記事はテレビ朝日系で放送される「人生の楽園」という番組と連動しています。 東海地方では木曜日に掲載された記事が、土曜日の夕方6時からメ~テレで放送されるのです。 …

読まずにはいられなかった本

数日前、HONZという書評サイトで紹介していた本を、すぐに注文しました。そして、その本がやっと昨日 届き、一気に読み終えました。 ランドセル俳人の五・七・五 いじめられ行きたし行けぬ春の雨--11歳、不登校の少年。生きる希望は俳句を詠むこと。作者: 小…

複雑な思い

朝まで残っていた雨は上がったものの、今日は風が強く寒い1日でした。 こんな日は夫の患側の手足が固く、真冬の時ほどではないけれど、動きが悪いような気がします。多分、血液循環が悪いのでしょうね。 今日は晴れてきたとはいえ、日曜日なので遠出はしたく…

「生さだ」っていいよ

えむこは前にも書いたけれど、もうかなり前からさだまさしさんのファンなのです。 ファンと言ってもファンクラブに入っているわけではないし、人にもあんまり話してないから隠れファンというところでしょうか。それでも、夫が倒れる前には年に1回はコンサー…

新聞を読んで・・・

今朝、新聞を取りに行くと一面の記事が目に飛び込んできました。 家庭で高齢者を虐待した人 「ひとりで介護」6割超 二面にはこんな関連記事が・・・ 独り母と向き合い 真っ暗な檻にいるようだった 見出しを見ただけでも胸が痛くなってくる思いです。 家庭で高齢…

日曜日の朝の楽しみ

日曜日の朝の楽しみはEテレの「日曜美術館」を観ること。 美術というのは範囲が広いから、時には興味が全くない時もあるんだけど・・・ 今日は「大衆を魅了する美 川端龍子 」ということで楽しみでした。 実は、夫が脳出血で倒れる前の年に、長男が龍子記念館に…

描けばいいのに・・・

朝食を食べると、えむこが片づけをしたり洗濯物を干したり掃除をする間、夫はいつも新聞を読んでいます。 夫は脳出血で倒れる前、えむこより老眼が進んでいてメガネなしでは新聞を読むことができませんでした。でも、今はメガネがなくても見えるというのです…

こんな寒い日は家の中で

今日は肌を刺すような冷たさ。1日中、寒い寒い・・・ 家の中にいてもエアコンがなかなか効かなくて、厚着をしていても寒くて、寒くてたまりません。こんな寒い日は外になんか出たくないので、用事は最低限に済ませ、あとは家の中でじっとしているに限ります。 …

ハートネットTVをみて

夫が退院して半年ぐらい経ったとき、夫の友人から「今、テレビでリハビリのことやってるから見るといいよ・・・」と電話がありました。 それは、NHKスペシャル『脳がよみがえる ~脳卒中・リハビリ革命~』という番組でした。電話があって、すぐに夫と一緒にみ…

二十歳のころ

明日が成人の日だけど、えむこの住む市では今日が成人式だったらしい。 「らしい」というのは 、晴れ着を着た人たちを見ることもなく、周りに二十歳の人もいないから、広報を見て「そうなんだ・・・」と思うだけだからね。 昔、えむこが病棟勤務だった頃には、…

今日は録画番組を観る

今日は寒いというより、すごく冷たいと感じる1日でした。 まだ世間は正月休み。そんな時は大体家族で過ごす家が多いのでしょうね。我家は通常のお休みと同じで、何の予定もありません。 正月休みだから誰も来ず、何処にも行かず、夫と2人だけの変わりない日…

星野富弘さんの本

昨日の朝食後、新聞を見ていた夫が「う~。う~。」と声を出しえむこを呼ぶのです。「なに? どうかしたの?」と聞くと、また新聞を指さして「う~。う~。」と何かを言おうとするのです。 それで、夫が指さしている所を見ると、星野富弘さんの最新詩画集「…

テレビの録画番組を観る

日本列島には12月としては稀な強烈な寒波が襲来中で、北日本や日本海側では吹雪いているとか・・・ 寒いでしょうね。 えむこの住む東海地方でも、今日はゴーゴーと音を立てて木枯らしが吹き荒れていて、寒い寒い。 朝、ビニール・プラスティックゴミを出しに行…

自主リハビリのために

去年の事だけど、夫が退院して半年ぐらいの時にNHKスペシャルという番組で『脳がよみがえる ~脳卒中・リハビリ革命~』を放送しました。 現在の医療では脳卒中で麻痺が残った場合、半年を過ぎるとリハビリを行っても回復は期待できないと言われているのです…

好きなラジオ

えむこが子どもの頃、実家の仕事場ではいつもラジオが流れていました。家内工業を営んでいた両親は、朝から夕方まで、仕事をしながら聴くともなく聞いていたのです。 そのせいか、えむこもラジオが好きで、朝食を食べるとラジオをつけ、両親と同じように家事…

トイレの大掃除

年末になると、新聞や雑誌にやたら掃除の特集が増えるような気がするのです。 昨日の朝日新聞の生活面にも「家のしごと相談所」というコーナーに「さわやかトイレ 死角も優しくブラシを」と題して、トイレ掃除の事が書いてありました。 「死角にきっちり手を…

よりぬきサザエさん届く

しばらく前の新聞に「よりぬきサザエさん・全13巻、復刊決定 」という、購入申し込み書が付いたチラシが入っていました。 えむこはいつも、新聞広告は見ることもなく新聞回収袋に入れてしまうのです。その日も片付けようとしたら、先に見ていた夫が「ダメだ・…

昨日の続きです

昨日の続きなんだけど・・・ 日野原先生の29日の言葉を読んだ時、すぐに2人の最期が思い出されました。 昨日も書いたけど、29日の言葉は次の言葉です。今日はコメントも書いてみました。 「”ありがとう”の言葉で人生をしめくくりたいものです。」 ☆静かに有終の…

日野原重明先生のコラムから

朝日新聞の日曜版「be」に日野原重明先生の「101歳・私の証 あるがまゝ行く」という連載コラムがあります。 そのコラムのこの間の記事は「フェイスブックで無限に広がる夢」と題して書かれていました。 日野原先生は国連で定めた「65歳以上を老人」とする捉…

やっと読了

夏に帰省した息子がHONZという書評サイトを教えてくれました。 http://honz.jp/ HONZは小説を除くすべての本を対象に、3ケ月以内に出版された新刊書のレビューを載せています。もう次から次に・・・ 本好きの人たちが自分が読んで良かったと思う「おすすめの本…

投稿記事から思うこと

ちょっと前の事だけど・・・ 朝日新聞の生活欄に「ひととき」という読者の投稿欄があるのです。そこに「夫婦愛に学んだ人生」と題した15歳の柏市に住む中学生の投稿記事が載っていました。 スキャナーで取込んで全文を載せたいけれど、そういうことをしていいの…

こんな日は・・・

今日は朝から今にも雨が降り出しそうな空模様。 窓から見える景色は薄暗く、寒そうというより寂しそう・・・ こんな日は気分的にいけない。特に休日だと尚更いけない。 昼ごろから雨が降り出したけど、シトシト、シトシト・・・ しかも、降ったり止んだり。 もう…

絵が描きたくなりますように・・・

たまたま観ていたテレビや、たまたま聞いていたラジオから 、思わぬ力をもらったり、すごく感動することがあるのですよね。 今日はそんな話から・・・ 昨日、たまたま「NHKのほっとイブニング」と言う番組を観ていたのです。 この番組は、東海地方のニュースや…

また、昭和が一つ消えていく

昨日の夕方のこと。 テレビを観ていたら、「大名古屋ビルヂング」の特集していました。 大名古屋ビルヂングが今月いっぱいで閉館するという事は知っていたけど、店舗の方は23日に閉店とのことで、最終日の映像が流れていたのです。 みんな、残念がったり、寂…