読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

思い出

お昼寝中の自由時間に

夫は家にいる日には殆ど毎日お昼寝をします。それも2~3時間。それでも、昼夜逆転することもなく、遅くても21時にはベッドに入るので、えむこは夫のからだの赴くままにお昼寝をしてもらっています。 でも、デイケアでは車いすに座ったままウツラウツラするこ…

車いすになってから出かけたところ2

子どもたちが独立してから、年に何回かは夫と旅行に出かけるようになりました。と言っても、その頃の我家は夫の母と同居で、しかも母は介護が必要になっていたので、せいぜい1泊までの旅行です。1泊だったら夫の姉が泊まりがけで来てくれ、母の介護を手伝っ…

車いすになってから出かけたところ

今日もとっても寒い1日だったので、どこにも行かず、誰の訪問もなく、我家はものすごく静かな日曜日でした。 夫が倒れる前は、寒いからという理由で外出しないなんてことはなかったけれど、倒れてからは外出することにもいろいろ変化してきました。 夫が脳出…

節分の思い出

今週のお題「節分」 今日は節分。 最近の家庭では節分ってどうしているのでしょうね。 えむこの看護学校時代の友人Mちゃんはお母さんのために恵方巻きを作るとか。 我家は車いす生活になってしまった夫と2人暮らしなので、もちろん豆まきなんてことはしない…

父が最後に教えてくれたこと

今日は父の命日でした。 父も母も末っ子で、もう兄弟は誰もいないので、兄夫婦とえむこの3人だけで今日13回忌の法要を営みました。 ホントは弟も来る予定だったけど、事情があって来られなかったのです。 「もう、13年も経ってしまったんだなあ」と月日の流…

年賀状その1

年々少なくなってきたけど、えむこのところにも何枚もの年賀状が届きます。 今日はその中の1人、しまちゃんのことを書いておこうと思います。 しまちゃんはえむこが正規職員として再就職したばかりの頃、同じ病棟に勤務していた看護師です。たぶん年はえむこ…

トイレの大掃除

年末になると、新聞や雑誌にやたら掃除の特集が増えるような気がするのです。 昨日の朝日新聞の生活面にも「家のしごと相談所」というコーナーに「さわやかトイレ 死角も優しくブラシを」と題して、トイレ掃除の事が書いてありました。 「死角にきっちり手を…

昨日の続きです

昨日の続きなんだけど・・・ 日野原先生の29日の言葉を読んだ時、すぐに2人の最期が思い出されました。 昨日も書いたけど、29日の言葉は次の言葉です。今日はコメントも書いてみました。 「”ありがとう”の言葉で人生をしめくくりたいものです。」 ☆静かに有終の…