読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

脳出血と後遺症

満足だった定期受診

今日は夫の定期受診日。 脳出血で手術を受けた急性期病院脳外科の外来受診です。 夫場合、脳出血の原因の一つは高血圧。そのため2種類の高血圧治療薬を内服しています。それなのに、今までは受診時に血圧測定はおろか、血圧について触れられたことは殆どあり…

定期受診に思う

夫は脳出血で救急搬送された病院で緊急手術を受け、1か月半の入院後、回復期リハビリ病院に転院しました。そして、回復期リハビリ病院を退院後は手術を受けた病院に戻り、定期的に外来受診をし経過観察をしています。 手術してくれた主治医(T医師)は夫が回…

少しだけ、いい変化の兆しが・・・

脳出血にはいろんな後遺症があるのです。 例えば、麻痺などの運動障害。 注意障害、記憶障害、遂行機能障害、社会的行動障害、失語、失行、失認などの高次脳機能障害。 それと、感情障害とか気分障害といわれるもの。 夫の場合、そのどれもが当てはまりそう…

再生医療の実現に期待

えむこはね、実はさだまさしさんのファンなのですよ。 そのさださんが出演しているNHKの「今夜は生でさだまさし」という番組があるのです。 http://www.nhk.or.jp/masashi/ この番組は視聴者からのお便りを元にしたパーソナリティー(さだまさしさん)のトー…

顔の麻痺について

夫は左脳の出血だったので、右半身に麻痺が残ってしまいました。 右半身麻痺というのは、右の腕や脚だけではないのですよね。 右半身全てが麻痺しているということなのです。 だから、顔・口の中・喉・おそらく、内臓や排泄をつかさどる器官までもね・・・ その…

夫が倒れた当時の思いと今の思い

夫が脳出血で倒れた当時、えむこは自分のことを責めてばかりいたのです。 急性期の病院に入院中は、涙が枯れることはないぐらいに・・・ それは、夫が脳出血で倒れたのは「えむこにも責任がある」というより「えむこのせいだ」と思ってたからね。 それに、えむ…

運命が変わった日②

21時30分に手術室に出棟した夫。 手術が終わったという連絡が入ったのは、もう日付が変わって1時30分のことでした。 でも、実際に夫に会えたのは2時30分を過ぎていましたね。 だから、5時間も緊張しながら待っていたのですよ。 えむこは看護師だから、術中の…

運命が変わった日①

それは、2年前の今日。 そう、2010年9月29日のこと。その日に夫は脳出血で倒れてしまったのです。 その頃の我家は、2年前の昨日、95歳の誕生日を迎えた義母と、建築設計を生業としていた夫、そして、看護師として病院勤務をしていたえむこの3人暮らしでした…

失語症

前にも書いたけれど、夫は脳出血の後、たくさんの後遺症が残ってしまったのね。 その中の一つが失語症。 失語症って一言で言っても、脳が損傷を受けた部位や程度によっていろんなタイプがあるのです。 例えば、運動性の失語症・感覚性の失語症・混合性の失語…