読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

顔の麻痺について

脳出血と後遺症 夫のこと

夫は左脳の出血だったので、右半身に麻痺が残ってしまいました。

右半身麻痺というのは、右の腕や脚だけではないのですよね。

右半身全てが麻痺しているということなのです。

だから、顔・口の中・喉・おそらく、内臓や排泄をつかさどる器官までもね・・・

 

その中の、まずは顔の麻痺について。

 えむこも夫も、写真の被写体になるのはあんまり好きではないけれど、それでも夫は脳出血で倒れてからも、何回か、写真を撮っているのです。

初めて撮ったのは回復期リハビリ病院の「クリスマス会」の時だから、発症から約3か月後(2010年12月)。

次は障害者手帳のための写真で、発症から6か月後(2011年3月)。

その次は夫の誕生日に訪問リハビリのPTが撮ってくれたもの。発症から9か月後(2011年6月)。

この頃までは、写真を見ただけで、明らかに顔に麻痺があると分かるのです。

右側の皮膚がダランと弛んでて、目も垂れているし、口も右側がしっかり閉じてない感じ。

 

その後。

発症から1年1か月後に友人が撮ってくれた時には、実際には「やっぱり、まだ麻痺が・・・」と感じる顔だったけど、写真を見ただけでは普通の顔に写ってましたね。

それでも、実際の顔だって、かなりよくなっている感じではあったのですが・・・

そして、今年に入ってからは、夫の顔を見ても「顔にも麻痺が残っている」と言わない限り、友人たちもおそらく気づかないぐらいになりました。

 

見た目はこんなによくなってきたのに、まだまだ麻痺による障害はあるのですよ。

例えば、鼻水は右からダラダラと垂れてくるし、水分を口に多く含んだ時には、やっぱり右の口角からダラダラと流れ落ちるのです。

だから、我家ではあらゆるところにティッシュの箱を置いて、夫が自分で拭けるようにしてあるのです。

 

それでも、見た目の変化は表情の変化でもあってね。

今年に入ってから、夫の表情は日に日に良くなり、今ではかなり表情が豊かになってきたと思います。

「何かをしよう・・・」という意欲はまだまだ出てこないけど、人が話す言葉やテレビや新聞、そして、絵などへの反応はすごくよくなったのです。

1日、1日の変化はわからないけど、こうして入院当時からを振り返ってみると、随分回復しているのが分かり、えむこは嬉しくなってくるのです。

さあ、もっと、もっと、回復するよう頑張って「顔のマッサージ」の回数増やしてみようかな~。