読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

洗髪でさっぱり

日々のこと

車いすの夫は自宅でお風呂に入ることができないのです。

ホントは毎日、自宅で入浴させてあげたいけど、今の夫の身体能力と我家の浴室の構造を考えると、とても無理なのです。

 

回復期リハビリ病院を退院後からデイケアに行き始めるまでの6か月間は、1週間に2回訪問入浴サービスを受けていました。

あとの日はえむこが体拭きをし、時々の洗髪、手浴、足浴をしていました。

 

余談ですが・・・

訪問入浴サービスはいいですよ~。

看護師1名、介護士2名の3名(うち名は男性)でバスタブを持って来てくれます。

そして、部屋で入浴させてくれるのですが、それこそ、頭の先から、爪の先まで、もちろん指の間まで、ものすごく丁寧に洗ってくれるのです。

夫が初めてサービスを受けた日、えむこは感動してしまったぐらいなのですから・・・

「まるで王様のお風呂みたい・・・」ってね。

 

デイケアに行くようになると、そこは車いすでも入浴できる設備が整っているので、訪問入浴はとっても気に入っていたけどやめたのです。

介護保険は利用限度額が決まっていて、両方の利用は無理なので、どちらかを選択しなければならなかったのです。

 

まあ、どちらも週2回だけなので、あとの日の体拭きと、時々の洗髪、手浴、足浴は変わりなく、えむこのお役目です。

 

それでも真夏の間だけは、ちょっと頑張って、デイケアの日以外は自宅でシャワー浴をしていたのです。

ホントはシャワーだって、脱衣所と風呂場の境が10㎝ほど段差になっているので、2人にとっては大仕事なのですよ。

でも、汗をかいても、風呂にも入れない、シャワーも浴びれないのでは、ちょっと悲しいし、気持ちが悪いから・・・

それに、えむこだってシャワーぐらい浴びたいものね。

シャワーの時は、やっぱり頭の先から爪の先まで、顔だって石鹸でゴシゴシって、洗っていたのです。

 

でも、最近はシャワーだと寒いぐらいなので、体拭きに戻したのです。

シャワーの時は毎日洗髪していたからよかったけど、清拭に戻したら、夫はすぐに頭が痒くなってきたみたいなのです。

それで、洗髪計画なるものを立ててみました。

月:デイケアで入浴(洗髪も)

水:自宅で洗髪

木:デイケアで入浴(洗髪も)

土:自宅で洗髪

1週間に4回だから、ほぼ1日おき。これなら、まずまずでしょうか・・・

 

今日も計画通り、洗髪しましたよ。

洗髪もね、洗面台にまっすぐ車いすを着けることができないので、結構準備が大変なのです。

装具や室内用の靴が濡れないように、ごみ袋を使って、その中に両足を入れ、車いすを洗面台に斜めにつける。

首にタオルを巻いて、その上からシャンプー用のケープを着け、ケープとビニールを洗濯ばさみで留めて、ケープから洗面台の方にお湯が流れるように(足元に流れないように)誘導し壁側の少し高い位置にビニールを留める。

膝にはビニールの風呂敷を掛け、もしもお湯が流れても濡れないように厳重に装備する。

これで、準備完了。

でも、読んだだけでは、どんな格好で洗髪するのか、想像できないかも・・・

あとはきれいに洗うだけ。ついでに顔も石鹸でゴシゴシ・・・

顔に保湿剤を塗って、頭に整髪料を付けてお終いです。

 

洗った後はさっぱりして嬉しそうな夫の顔。

夫は結構きれい好きだからね・・・

夫のそんな顔を見たら、えむこは、またやってあげたくなってしまうのです。

たった、15分ぐらいの事だものね・・・