読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

母の事

家族

今日は母の命日なのです。

母は大正9年9月8日に生まれ、昭和49年の今日、54歳と1ヶ月で生涯を閉じたのです。

 えむこはもうとっくに母の年齢を超えてしまったし、母と暮らした年月より別れてからの年月の方がず~と長くなってしまいました。

病気になってからのことを思い出すと、えむこは今でも辛くなるから機会があったらまた書くこととして・・・

(倒れた時のことはこちらで・・・)

http://emukobb.hatenablog.com/entry/2012/10/05/184559

今日は、それ以前のことを書き留めておこうと思うのです。

母は6人兄弟の5番目として生まれ(一番上の姉と一番下の弟は若くして亡くなったそうで、えむこにとっては4人兄弟の末っ子という印象でしたが)、小さい頃に子どものいなかったおじ夫婦の養女になりました。

その後も親兄弟との交流はありましたけれどね・・・

そして、父が戦争から帰って来るのを待って結婚したそうです。

母が養女の一人娘だったので、父の家族は大反対だったそうですが、父が反対を押し切って婿養子に入ってくれたと聞きました。

その後は兄が生まれ、えむこが生まれ、弟が生まれ・・・

えむこが知ってる母の生涯は、病気になってからを除けば、概ね幸せだったのではないかと思っているのです。

どうしてかと言うと、えむこが20代前半の頃「私は幸せだと思っているよ・・・」と母が言ったからなのね。

親は子どもに本心を全て話すことはないとは思うけど・・・

やっぱり幸せだったと思うのです。

 

それから、母はとっても働き者でね。

まあ、あの時代の人はみんなそうだったのかもしれないけど・・・

家事に育児に仕事に・・・と、毎日忙しい生活を送っていたのです。

実家は家内工業で製本の仕事をしてました。だから、家事をしている以外はいつも仕事場にいたような気がします。

えむこは母が大好きでね。

子どもの頃から母の後ばかり追っかけていたのです。

仕事場にいる時は、えむこも仕事場で母の傍にいる・・・

買い物に行く時はいつもついて行く・・・(行ってあげればいいのにね)

台所仕事の時には手伝うわけでもなく、傍でおしゃべりをして・・・ 

(作ってあげればいいのにね)

そして、良く好きなものを作ってくれました。

魚の煮つけ(鯖に鯵に太刀魚・・・)に肉じゃがに・・・

特に好きだったのはお祝い事の度に作ってくれたお寿司でした。

 

手芸が好きで、少し時間があれば何か作っていましたね。

モヘアで編んだモチーフのショールだけは今でも手元に残っているのですよ。

それと、えむこが看護学校1年生の時(1年間だけ寮生活していた時)に「友人とスケートに行くんだけど、帽子がないの・・・」って電話で話したら、1日で帽子を編んで送ってくれたのです。

一緒にスケートに行く友人は看護学校入学前にお母さんを亡くしたばかりでね、えむこの帽子を見て、すごく羨ましがったの。

それでまた、電話でその話をしたら、友人の帽子も1日で編んで送ってくれたのです。

その時、友人もすごく喜んでくれたけど、えむこも嬉しかったな~。

まだまだ嬉しかった思い出はいっぱいで、書ききれません。

 

えむこは月・木しか自由にならないから、そんな思いを胸いっぱいにしまい、

昨日、美容院の帰りにお墓参りに行ってきました。

雨の中、お花を上げて、お線香を焚いて・・・

「母さん、いつも見守ってくれてありがとう。えむこはまだまだこっちの世界で頑張るから、これからも見守っていてね・・・」なんてね。 

心の中で呟きながら手を合わせてきたのです。

 

母さんが編んだショール、今まで大事にしまい込んでたけど、今年は出して使おうかな~

そして、我家の今日の夕食は鯖の煮付けと肉じゃが+αでした。