読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

ランチとおしゃべりで奥浜名湖まで

今日は「不測の事態が起きなければ、どこかに出かけようよ・・・」と友人T子さんから誘われていました。

私たちが出かけるためには、えむこの夫が無事にデイケアに行くこと、T子さんのご主人が体調がいいことが絶対条件なのです。T子さんは在宅酸素中のご主人と2人暮らしなのでね・・・

 

T子さんはえむこより11歳年上で、看護師の大先輩です。えむこが新卒の時、同じ部署で勤務していたのですが、その時はT子さんは再就職したばかりで、えむこは右も左も分からない新人だったので、同じ部署といえども挨拶する程度で話などしたこともなかったのです。その後、えむこはT子さんと話すこともなく退職しました。 

でも縁があったのでしょうね。

まず、母が病気をし、その病院に入院した時「えむこ、T子さんはとっても親切で、いい人だね・・・」と言っていたのです。その後母は亡くなり、2年後にえむこは結婚し、そして子育てが一段落してから、またその病院にパートとして再就職しました。

えむこは「T子さんに会ったら、母の言葉を伝えてお礼を言いたい・・・」と思っていました。そうしたら偶然にも同じ部署に配属されたのです。もうそれからは大の仲良しです。

えむこはその後、隣市の公立病院の正規職員採用試験を受けて転職したのですが、その後もず~と親しくしているのですよ。

 

それで今日。

双方ともに不測の事態が起きることもなく、出かけることができました。

約束があると寝坊なんてしませんよね。もちろん朝早く起きましたよ。そして、夫は体調も万全で、デイケアの送迎車に乗って出かけました。

 

今日の行先は奥浜名湖の国民宿舎です。目的は浜名湖を眺めながらのランチ。

浜名湖の入口まで我家からだと30分ぐらい、国民宿舎まででも多分1時間以内には着けると思います。

多米峠を越え、三ヶ日から寸座を通って気賀へ・・・

多米峠を越えてからの道中は浜名湖畔をドライブです。下の方には雲が出てたけど空は青いし、今日の浜名湖は濃い青色で、湖面にはお日さまに映え、キラキラ輝いてとってもステキでした。

えむこは浜名湖大好きなのですよ。

T子さんは国民宿舎には何回もランチを食べに来たことがあるそうですが、えむこは初めてでした。えむこたちは11時15分位には到着したので浜名湖を眼下に見下ろせる窓側の席に座れました。レストランはあれよあれよという間に満席状態になって、ちょっとびっくりでした。平日なのにね・・・

T子さんは「今までどれを食べてもおいしかったけど・・・」と言いながらメニューを見て「海鮮丼」に、えむこは「地産地消」と書いてあった「お刺身御前」に決めました。

お刺身はどれもシコシコで鮮度抜群。おいしかった~。

その後、展望デッキでおしゃべりをし、またロビーでおしゃべり・・・ 

 これは展望デッキからの景色です。国民宿舎はちょっと小高い山の上なのでこんな感じ。浜名湖はもっと景色のいいポイントが沢山あるのですよ。

f:id:emukobb:20121206121217j:plain

帰りにリステル浜名湖でコーヒーを飲んで、今日の楽しいひとときはお終いです。

でもね、夫にもサービスは忘れませんよ。