読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

よりぬきサザエさん届く

しばらく前の新聞に「よりぬきサザエさん・全13巻、復刊決定 」という、購入申し込み書が付いたチラシが入っていました。

えむこはいつも、新聞広告は見ることもなく新聞回収袋に入れてしまうのです。その日も片付けようとしたら、先に見ていた夫が「ダメだ・・・」と遮るのです。

夫は病気になる前は絵を描くことが好きで、漫画チックな絵も描くことがありました。それで、新聞や雑誌、チラシなどでも気に入った絵があると切り抜いてはスクラップをしていたのです。まだ、絵は描こうとはしないのですが、最近は新聞の気に入った個所を切り取ったり、以前のスクラップ帳を眺めては楽しんでいるのです。

そのチラシは、翌日になっても、翌々日になっても、スクラップ帳に入れるわけでもなく、片付けようとすると「ダメだ・・・」と遮るのです。それで、えむこが「ひょっとして、本がほしいの?」と聞いてみたら、即「欲しいよ・・・」と頷いたのです。

サザエさんはえむこも大好きなマンガの一つです。それに、えむこの実家は朝日新聞だったので、子どもの頃から読んでいた懐かしい新聞の連載漫画でもあります。

 

作者の長谷川町子さんは新聞に連載されたものをまとめて姉妹社版「サザエさん」を出版し、全68巻を世に送り出したそうです。

そして、「よりぬきサザエさん」を制作するにあたり、当時、姉妹社版「サザエさん」を34巻まで出版していたそうですが、その作品全てを見直し「大変面白い◎・面白い〇」と、自ら評価したそうです。

そんな作者がよりぬいた「サザエさん」、しかも病気をしてから何かを欲しがったことがない夫が、チラシを大事に手元に置いて「よりぬきサザエさんが欲しい」というのです。もう、これは買うしかありませんよね。

もちろん、直ぐに申し込みましたよ。

それで昨日、1巻、2巻、3巻と期間限定プレゼントの「町子手帳」が届きました。 

f:id:emukobb:20121207135818j:plain

夫は、昨日1日中、にこにこしてこの本を読んでいました。

えむこはまだパラパラと拾い読みしただけですが、読んでいると、何だか懐かしくもあり、温かな気持ちになれるサザエさん。やっぱりいいな~。

次は来年1月に3巻、2月に3巻、3月に4巻届く予定。もう今から、次が届くのが楽しみなんですよね・・・