読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

嬉しいおすそ分け

暮れに箱でいただいたみかん。朝食後、夫と1つづつ食べたら、あと2個になってしまいました。

果物は大好きだけど、月曜日まで買い物に行く予定はないので、「なくなったら食後のデザートは無しで我慢しよう・・・」と思っていました。

そんな昼食後、家電が鳴り「みかんある~?」とT子さん。もう、なんといういいタイミングでしょうか。「丁度、おわるとこ・・・」とえむこ。すると「大根は? 白菜は?? ブロッコリーは???・・・できたらもらってくれない・・・」とT子さん。

この辺りは農業が盛んな所なので、野菜を作っている知合いからいろいろいただくことがあるのです。

ご主人が亡くなられ、1人暮らしになってしまったT子さんの所にご主人の友人がたくさん野菜を持ってきてくれたそうなのです。

この寒さで野菜の値段は高騰していると、つい最近のニュースで聞いたばかり。有難いことですよね。

もちろん、えむこは「大根は大好き。白菜も丁度終わるところ。ブロッコリーはないから有難く頂くよ」と返事をしました。

しかも、今日は夫が家にいてえむこが身動きとれないことを知っているT子さんは、我家までもってきてくれたのです。

みかんが25個、大根3分の2本、白菜1玉、ブロッコリー1個とちりめんじゃこを大きなパックに1パック。有難いこと、有難いこと・・・

早速、夕食に大根をおろしてちりじゃこをかけ、ブロッコリーを湯がいてサラダに、そして大根と我家にある野菜で煮物をつくりました。あと、お刺身があったのでそれでおいしくいただきました。もちろん、デザートはみかんを1個づつね。

T子さんは「よかった。よかった。せっかくいただいたものを傷めることなく貰ってもらえて、ホントに良かった・・・」と言って帰られました。

えむこの方こそ家計は大助かりだし、野菜や果物は何より嬉しいプレゼントなので「今日も幸せいっぱいだ~」とにこにこ顔で過ごしたのです。