読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

久しぶりに友人の訪問

夫の友人・知人 我家のこと

夫が外出をしなくなってから、我家の1日はまるでルーチンワークのよう。同じ時間に同じことをして、毎日が繰り返される感じです。

えむこが起きたらまずは寝室のエアコンのスイッチを入れる。次に和室の石油ファンヒーターとPCのスイッチを入れ、トイレを済ませ体重を測る。そして、着替えをしたら、今度は3㍑のやかんいっぱいのお湯を沸かす。お湯が沸くまでに新聞を出し、メールをチェック。お湯が湧いたら、コーヒーを入れ、夫が目覚めるまで新聞を読んだりPCで遊ぶ。ただし、デイケアの日は朝食の準備をしておく。

夫が目覚めたら、夫のトイレを済ませ、えむこの布団を片付ける。次に夫の清拭用のタオルを準備し、着替えと清拭。

そして、洗濯機を回しながら朝食を食べる。食べ終えたら夫はCDやラジオを聞きながら新聞や本を読んだり、窓から外を眺めてボーとしている。

えむこは食後の片付けをしたり洗濯物を干したり、掃除や片付けをする。

時間が余ればPCで遊んだりするけど、火曜日と土曜日は午前中(11時20分~12時)に訪問リハビリがあるので、大抵はそれで午前中は終わってしまいます。

12時になれば昼食の準備。そして、食べ終えたら、また片付け。時には夕食の下ごしらえやら煮物を作っておくこともあります。

金曜日だけは13時から13時40分まで訪問リハビリがあるけど、リハビリがない日の夫は13時にはお昼寝モードに入ります。

時には「お昼寝したくない」みたいな素振りをみせることがあるけれど、そんな時には放っておくと、車いすに座ったままウトウトし始めるので、結局はベッドに誘導して14時ごろにはお昼寝をするのです。

夫がお昼寝中のえむこは自由時間だけど、よっぽどの用事がない限り家にいるのでテレビを観たり、録画を観たり、本を読んだり・・・と、いつも同じ。

夫がお昼寝から目覚めるのは大抵16時ごろ。

ちょっとおやつの時間には遅いけど、それでもお茶を入れおやつを食べて・・・

えむこはそれが済んだらもう夕食の準備。17時から17時30分にはもう夕食です。食べて、片付けて・・・

夫は殆どテレビを観ないので、CDを聞きながら本をみています。えむこは台所の片づけをしながら、お風呂を沸かし、今の時期は湯たんぽを準備して・・・

夫はどんなにお昼寝をした日でも、遅くても21時までには寝てしまうので、その前に洗面の介助とパジャマに着替える介助をして1日が終わります。

ホントに変わり映えがない日常生活のくり返しなんですよね。

 

それが今日は、午後から久しぶりに夫の友人Kちゃんが「一緒にまんじゅう食べよう~」と和菓子を持って遊びに来てくれました。Kちゃんは夫の大親友だから、お昼寝中でももちろん起こしちゃいますよ。

以前、Kちゃんのことを書いた記事です。

http://emukobb.hatenablog.com/entry/2012/11/04/215307

Kちゃんが持ってきてくれたのは桜餅におまんじゅう。

さっそく、お茶を入れてみんなでいただきました。みんなで食べるとおいしさも倍増ですよね。

Kちゃんは夫の大親友だけど、えむこも中学校の同級生だから以前から知っているし、共通の話題がいっぱいあるのです。

夫は「おんなん・なん・なん・・・」としか言えないけれど、それでも笑顔で一緒に話している感じです。懐かしい子どもの頃の話から最近の話まで、次から次へと話が弾みます。

1時間半ぐらい楽しいおしゃべりをして、Kちゃんは普通に「また来るね~」と帰って行きました。

毎日変わり映えのない生活を送っていると、友人の訪問は何よりも嬉しいことなのですよね。夫にもえむこにも刺激になって・・・

えむこも「また来てね~」と言いながら、心の中で「Kちゃんありがとう」と感謝・感謝です。