読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

今日もしあわせいっぱい

えむこの事

毎日変化のない生活をしていると、ちょっとしたことでも、ものすごくうれしかったり、幸せだと感じることがあるのです。

えむこの今日は正にそんな1日でした。

 

まず朝一番に嬉しかったこと。

新聞を出しに行くと、昨日遅くに配達された絵葉書が2枚、新聞と一緒に郵便受けに入っていました。時々、17時過ぎに配達され、朝まで気が付かないことがあるのです。

差出人はえむこの元同僚のS子ちゃん。S子ちゃんとは同じ勤務場所になったことはないのに何故か一番の仲良しなのです。久しぶりの嬉しいお便りはいわさきちひろさんのかわいい絵ハガキが2枚でした。

季節のこと、病院のこと、勤務移動発表のこと、来年3月で定年になるS子ちゃん自身の今後のこと、えむこへの心遣い等々・・・

ホントに嬉しい便りです。

 

次は兄が来てくれたこと。

兄も久しぶりです。「ちょっと遅いけど・・・」と言いながら、畑にしている庭にジャガイモを植えてくれました。

これから、芽が出て花が咲き、ジャガイモを収穫するまで楽しませてもらえるのです。

そして、最近作ったという木工作品の写真も見せてくれました。ビー玉をあしらったキリンさん。写真はないけど、とってもかわいい作品でした。

 

その次は訪問リハビリでのこと。

このところ寒さのせいか、かなり後退してしまったと思っていた夫のリハビリだけど、今日は「元に戻ったかも・・・」と感じるぐらいよかったのです。姿勢がよかったせいか、歩行も上手にできたし、段差も上手くできたのです。

もちろん夫も嬉しかっただろうけれど、えむこもすごくすご~く嬉しかったのです。

 

午後からは夫の先輩Kさんが来てくれたこと。

スーパーのビニール袋いっぱいのミカンを持って来てくれました。ミカンをいただいたから嬉しいってことではないのですよ。もちろん、それもすごく嬉しいことには変わりはないけれど・・・

夫は失語症になってしまったので会話は全くできません。それなのに、時々夫のところに来ては話してくれる。そのことが何より嬉しいのです。「1人ではない。社会とつながっている」と感じさせてもらえるから・・・

 

もう一つ。

消しゴムアートの三宅恒子さんからハガキをいただいたこと。

かわいいでしょ。ネコダンスですって・・・

f:id:emukobb:20130312215555j:plain

以前、三宅さんとご主人の「ふたり展」を観に行きました。

これはその時の記事です。 

http://emukobb.hatenablog.com/entry/2012/11/15/214505 

この記事に三宅さんご本人からコメントをいただいた時も嬉しかったけれど、今日はハガキですから尚更嬉しいことでした。

三宅さんはえむこの美容院J子さんの知合いなので、J子さんがいつも個展のことを教えてくれます。今までにもう何回か行った事があるけれど、えむこは三宅さんが作る消しゴムのアート作品は大好きなのです。

だけど、三宅さんはえむこが私だとは知らなかったのだと思います。はがきには「〇〇さんはひょっとしてえむこさんかな?と思い乍、ネコダンスを送ります」と書いてありました。そして、「同じ日に来て下さったのがT子さん・・・」とも。

J子さんに聞いたのかしら・・・

 

実は今日、三宅さんのハガキを使ってS子ちゃんに返事を書いてポストに投函してきたのです。そうしたら三宅さんからからハガキが届いたというわけです。

何だかこちらも繋がっている感じ。そんなことを考えるだけでも何だか楽しくなってくるのです。「三宅さんへの返事はやっぱりオリジナルでなくっちゃ・・・」と思って、今考え中です。でも、明日には投函予定。嬉しいお返事はすぐにしなくっちゃね・・・

 

今日はこんなに嬉しくて、たくさんの幸せを感じた1日でした。

えむこの目の前には相田みつをさんのこんな言葉が張ってあります。

「しあわせは いつも じぶんの こころが きめる」

今日のえむこの精神状態は最高に良かったのかも・・・