読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

予定通りではなかったけれど・・・

今日は暖かくてとってもいいお天気。昨日の風が嘘のように静かです。

夫はいつものようにデイケアに出かけたので、えむこは夫のことを気にしなくても自由に動き回ることができるのです。

今日は誰とも約束をしていないので「午前中に庭の草取りをしよう。そして、早めの昼食を食べてから月曜日までの買出しに行って、午後からは離れ屋の2階の片付けをしよう」と、心の中で予定を立てていました。

夫がデイケアに出かけてからは予定通り草取りをしました。今日も地面が濡れているので面白いほど根っこまでキレイに抜けます。

始めはやる気満々「今日も草取り日和だ・・・」なんて、ルンルンで気分でした。でも、2時間ぐらい草取りをしているといい加減イヤになって来るのですよね。

「お金にゆとりがあればシルバー人材センターに依頼するのに・・・」なんて思い始め、生垣を切ってみたり、草を採る場所を変えてみたり・・・

まあ、収入がなくなったわけだから、支出を抑えるためには自分でするしかないことは分かっているけどね。

45㍑のゴミ袋3袋になった時点でもう12時。今日は終了することにしました。

 

急いで昼食を食べ、今度は買い出しです。

買出しの前にJ子さんの所に寄ることにして・・・

実は昨日、月曜日に幸田町の枝垂桜を一緒に見に行ったJ子さんから「写真ができたから都合がいい時に寄ってくださ~い」とメールがあったのです。

その時間なら午前中のお客さんは終了し、昼食もおそらく食べた後。午後からのお客さんまでの時間もあるだろうと思ったのです。

思った通り、午後からのお客さんは14時からとのこと。写真を見ながらあの時の楽しかったことを思い出して、おしゃべりが弾みます。写真は2人とも満面の笑み。「楽しくて、嬉しくて・・・」っていう表情をしています。

 

その後は買い出しです。

いつものスーパーに行く前に産直店に行きました。産直店は手作りのパンと地元の方の野菜が目的です。

産直店に着くと、駐車場に見慣れた車が止まっていました。中をのぞくと、なんと友人のT子さんがレジを済ませたところにいるのです。

産直店はT子さんの家の割と近くです。2人とも利用しているけれど、T子さんは朝早く、えむこはいつも昼近くなので、今までに一度も行き合ったことはありません。

「ほい」「え~!」なんて会話で・・・

その後、T子さんが「時間があればT子カフェに寄って行かない」と誘ってくれました。

えむこは「午後から2階の片付けが・・・」と思ったけれど、人と接する機会が少ないえむこのことだから、片づけするよりT子さんとおしゃべりをした方がいいに決まっているからね。T子さんの家におじゃましてコーヒーをごちそうになることにしました。

我家の離れ屋の2階は、夫が倒れてから母屋をリフォームする時に物置状態と化してしまいました。

あれから2年。未だに片付いていないのです。今月末に母の3回忌を営む際に長男家族と二男が帰省するので、その時までに何とかしたいと思っていたのです。

夫の物、えむこの物、家の物、その他の物と無造作に段ボール箱に入れたものがいっぱい。その他にも処分するもの等々・・・

まあ、何とかなるでしょう。

今日は予定通り、片付けはできなかったけれど、それ以上にえむこにとってはいい日だったのだから・・・