読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

ドクダミの花

今、あちこちでドクダミの花が咲いている。

J子さんの家にも、T子さんの家にも、昨日行った散歩の道中にも・・・

私は昔からドクダミの花が大好きなのだ。だけど、我家にはない。だから、この時期にはいつも道端に咲いているドクダミの花を1輪、2輪摘んできては楽しんでいた。

実は30代の頃、友人の家の庭に咲いていたドクダミを根っこから分けてもらい、物置の裏に植えたことがある。夫も好きだったので、もちろん承知の上で。

でもその当時、庭の管理をしていたのは夫の母。花が大好きだった母は暇さえあれば庭仕事をしていた。そして、雑草は目の敵ぐらいの勢いで扱いでいた。当然、小さな雑草ですら1本もないようなきれいな庭だった。

だから、私たちは母に「ドクダミを植えたい」などとは言えなかった。で、「ひょっとしたら扱がれちゃうかもね」と言いながら植えたのだ。するとやっぱり「こんなところにドクダミが生えている」と言い、すぐにきれいさっぱりと扱いでしまった。

やっぱり・・・

扱がれることを覚悟の上で植えたのだけれど、それでもちょっと残念だった。

だからそれ以来、ドクダミは道端で楽しむようにしているのだ。

それが今朝、ピンポーンと玄関チャイムが鳴ったので出ていくと、T子さんがドクダミの鉢を持って立っていた。

一昨日、T子さんのところに行った時、ドクダミを1輪いただく約束をしたけれど、忘れて帰ってきたのだ。それで、植木鉢に入れて持って来てくれたのだ。

蕾がたくさんついている所を選んできてくれたそうで、まだまだ何日も楽しめそう。

f:id:emukobb:20130601110243j:plain

ドクダミは白い苞 が花弁のように見えるけど、花ではない。花は白い部分の上の穂状のところで、黄色い小花が密生している。

学問的にはそうでも、私はやっぱり白いところが花びらだと思いたい。

 

どくだみや真昼の闇に白十字 川端茅舎 

 

ドクダミの花を見るたびに思い出すこの俳句。私はこの句が大好きだ。

群生しているイメージではなく、ちょっと薄暗いところに1輪、2輪、可憐に咲いているドクダミのイメージ。この句を読むと、いつもそんな光景が脳裏にぱっと浮かび上がってくるのだ。

清楚で気品があって、それでもってかわいいこの花。ステキだと思いませんか。