読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

またまたささゆりの里へ

木曜日に夫と行ったばかりのささゆりの里だけど、今日は友人T子さんと行って来ました。

土・日が「ささゆり祭り」だったので、昨日は朝日新聞にも中日新聞にもささゆりの里が写真付きで掲載されていました。新聞に載ると、その後はすごく賑やかなんですよね。今日はこの間の何倍もの人で賑わっていました。

T子さんは今まで行ったことがなく、今日が初めてだそうです。えむこはこの間行ったとはいえ、入口のところから見ただけだったので、今日は里山の上まで登るつもりで出かけました。

 

ささゆりはすごく優しいピンク色でとってもステキだと思います。えむこは自然の中で咲いているこのささゆりが大好きです。

今日はその中で少し濃い色の花を撮ってみました。まだまだ見頃でしたよ。 

f:id:emukobb:20130610103145j:plain

里山の頂上まで登ると眼下には太平洋がこんな風に広がっています。

写真を撮っている所からは断崖絶壁です。

f:id:emukobb:20130610103815j:plain

えむこは海を見ていると、どんな時も心が落着いてくるのです。

退職する5年程前、勤務移動で看護部から離れ、ある部署の立ち上げにかかわったことがあります。2か月ぐらい経ってから、駐車場に着くと不整脈が出るほど仕事に行くのが辛くなり、苦しい毎日が続きました。ここには理由を書けないけれど、えむこにははっきりと分かっていました。でも、誰にも言えなかったのです。

その頃の休日にえむこが「海が見たいな・・・」と呟くと、夫は何も聞かず、毎週海を見に連れて行ってくれました。多分、その頃のえむこは明らかに様子が変だったのでしょうね。

仕事の方は1年間で看護部に戻ることができたので、それ以降は元のえむこに戻ることができたんだけど。

ここはその時に連れてきてくれた海岸のひとつでもあるのです。

だからそれ以来、海を見るたび夫に感謝の気持ちが湧いてくるのです。

 f:id:emukobb:20130610104923j:plain

今日は浜辺近くまで降りてみました。

子どもたちはハマグリを獲っているそうです。でも、近くまで行ってきた人たちの話では子どもたちの頭数ぐらいしか獲れてなかったと言っていました。

そして、ここはトイレも整備されていて、サーフィンができる海岸です。写真では分からないけれど、今日もサーフィンを楽しんでいる若者がいましたね。

 

「ささゆり祭り」は昨日まで。でも、今日も入り口付近で花の苗を販売していました。

もう最後だからと、100円以下の苗はトレイに詰め放題で400円だそうです。

えむこは買う予定はなかったけれど、T子さんはお花が大好きなので買ってきました。

f:id:emukobb:20130610123553j:plain

トレイ半分ぐらいで「もうこれだけでいい」と言ったけど、売っている人が「誰かにあげてもいいから持って行ったら?」と言いながら、こんなにたくさん詰めてくれました。ゴーヤが3本入っているけど、これはえむこへのプレゼントです。

多分、全部でビニールポット20~30鉢ぐらいはあると思います。これで400円ですよ。すごいでしょ・・・

 

今日は里山の上まで登り、ささゆりも太平洋の大海原も堪能することができました。しかもゴーヤまでもらったので夏中楽しめそうです。そして、T子さんもとっても喜んでくれたので、いい1日でしたね。