読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

ハガキの力

えむこの事

今日は夫がデイケアに行く日。

お天気のせいなのか、それとも今日は買出しの予定しかないからなのか、えむこの気分は沈んでいくばかりです。

昨日も今日も雨は降ったり止んだり。

昨日はどこにも行かず、夫と二人で家の中。何をするでもなく1日が過ぎました。

今日は買出しに行くだけで、後は1日中1人の予定。それでも、夫がデイケアに行っている間に草取りをしようと思っていました。それなのに始めたところで雨が降り出してしまいました。そうなると、何だかやる気は一気に失せてしまいます。

それでも午前中に買出しだけは済ませましたが、午後からは夫のベッドに潜り込み、布団をかぶって寝てしまいました。まるで、うつ状態患者さんのように・・・

それが夫が帰宅した頃に2枚のハガキが届いてから、一気に気分が上昇してきたのです。まあ、夫が帰ってきたということもあるのでしょうが・・・

1枚はT子さんからで、もう1枚はS子ちゃんからでした。

これはT子さんから「可睡ゆりの里」の絵手紙です。

f:id:emukobb:20130704201259j:plain

この頃、お誘いがかからないと思っていたら、可睡ゆりの里、浜名湖ガーデンパーク、硬筆展、食事会と誘われて出かけたり、コーラスのサークルと忙しかったみたい。

T子さんは1人になってしまったので、24時間すべてが自分の時間です。だから、これだけ出かけても、まだまだ時間はいっぱいあるみたいで、暇な時には編み物三昧だとか。それでも「まだ暇はいっぱいあるから遊びに来てね」と書いてありました。その言葉、嬉しいですよね。

こちらはS子ちゃんからのハガキ。これは伊那市の「かんてんぱぱガーデン」内にある「野村陽子植物細密画館」のハガキです。えむこと夫のためにこれを選んでくれたのだと思います。

f:id:emukobb:20130704201308j:plain

S子ちゃんは以前の職場の同僚。そして、今年度で勇退なので、ものすごく忙しい日々を送っていると思います。

そのS子ちゃんが時間を見つけてハガキをくれたと思うとそれだけで嬉しいのです。

ただ、このハガキには№1と書いてあったけど、№2は届いてないのです。えむこもS子ちゃんも大抵1回に2~3枚出しているので、多分、№2もあるとは思うけれど・・・

明日、届くかしら。もちろん、1枚でも十分に嬉しいのですけどね。

このハガキ2枚を夫に見せると、夫も何回何回も手にとっては見ていました。読まれて困るような内容は書いてないから、いつも見せることにしているのです。絵手紙や絵葉書を見るだけで、夫にとってはものすごい刺激になると思うから・・・

それに、T子さんの「可睡ゆりの里」は夫が元気だった時に一緒に行ったところです。だから、絵を観ながら話も弾むのです。

S子ちゃんのハガキもステキでしょ。「かんてんぱぱガーデン」は行った事がないけれど、伊那市なら多分3~4時間ぐらいで行ける所。そこの「野村陽子植物細密画館」も行ってみたいところの一つなのです。

2人からハガキが届いただけで、えむこの気分はすぐに上昇。そして、夫もニコニコ笑顔になるのです。たった1枚づつハガキをもらっただけで、こんなに嬉しい気持ちにさせてもらえるなんて「ハガキの力はすごいな」と思いますね。

さあ、今度はえむこが返事を書く番です。「どんなハガキで書こうかな~」なんて、そんな楽しみもできました。