読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

今日の訪問リハビリは中止

ひとり言

今日は夫の訪問リハビリの予定でした。「予定でした」というのは急遽中止になってしまったから。

今日はYさんの担当日。だけど昨夕、土曜日担当のNさんから「Yが休むことになったので中止にしてもらえないか」と電話が入ったのです。

以前も書いたことがあるけれど、担当者が休む時には他のPTが代わりに行うとか、日時を調整するといったシステムにはなっていないみたい。金曜日担当のSさんが1か月半の研修で休んだ時だけ、代わりにKさんが来てくれたけれど。

私が「どうしてもやってほしい」と言えばやってもらえるかもしれません。だけど、リハビリを一回休んだとしても命に別状があるものではないから「休みにしてほしい」と依頼されれば「わかりました」としか言えないのです。

Yさんだけでなく、夫を担当してくれているNさんもSさんも、定期の休日以外で休む時には「いついつはリハビリをお休みにしてもらえないか」と自分から事前に申し出があります。

でも、今回は違う担当者から急遽の連絡でした。急に他の担当者から連絡ということはYさんが体調でも崩したのかしら? それともYさんの家で何かあったのかしら・・・

そんなことを思いながらも、いつも担当者の都合で施設側から「お休みにしてほしい」と言われると複雑な思いになるのです。

訪問リハビリは施設側と夫との契約で、きちんと契約書を交わしているのです。

施設側では担当者が定期の休日以外に休むことは当然考えられることだと思います。そんな時には他のPTを派遣するとか、日時の調整を図るとか、施設として考えれてないのでしょうか。

状態が分からない利用者のリハビリをいきなりすることは無理があること。それぞれのPTには同じように担当患者がいるので、日時調整も難しいことは分かっています。でも、担当者が休むたびに、利用者が希望すれば他の担当者や日時調整をして、リハビリが受けられるようなシステムになればいいのにと思います。

事前に言われようと、急に言われようと「休みにしてほしい」と言われれば断ることはありません。命に別状があるものではないことも、1回のリハビリで夫の状態が良くも悪くも大きく変化することもないことは分かっていますから。でも、我家の場合は期待しながら訪問リハビリの日を楽しみに待っているのです。

それに、夫のような利用者は軽く見られているようで、何だか悲しくなってくるのです。

だけど、訪問リハビリは気に入っているし、担当PTは3人ともとってもいい方なので、文句も言えず・・・

だから、今日はちょっと愚痴ってみました。