読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

一人で乾杯

今日は朝から出ずっぱり。

まずは夫の受診のために病院へ。採血後に診察のため、もう9時30分前には家を出た。

 

実は今日は私の誕生日。

もう誕生日を喜ぶ年ではないけれど、受診が済んだら夫と「お寿司屋さんでランチでも・・・」と考えていた。

それも、夫のお通じ次第。もしも、病院を後にする前までにお通じがあれば、お気に入りのお寿司屋さんへ。なければ、多目的トイレがあるお寿司屋さんにしようと。

そして、昨日も今日もとってもいいお天気。市内でも富士山が見えるスポットがあるから、時間があればそこに行ってみようとも。富士山って、何だか見ているだけで元気が出てくる。そして、嬉しくなるから、自分へのプレゼントにどうかなって・・・

富士山を見るなら、11月末頃からの方がいいのは分かっている。だけど、「ライブカメラずっと富士山」というサイトを見ると、頂に雪の姿は見えないけれど、今朝はくっきりとその姿を現していた。

だけど、残念ながら夫のお通じはなかった。

多目的トイレのあるお寿司屋さんに行くには時間が少し早い。それなら、お寿司はまたの機会にして、思い切って富士山の近くまで東名高速を使って行ってみようかと思ってしまった。ちょっと無謀かなと思いつつ。そこは自分への誕生日プレゼントだから・・・

それで、夫にダメ元で聞いてみた。「東名使って富士山を見に行かない?」と。すると、夫の返事はOK。

病院を出たのは11時。自分でもホント無謀だと思うぐらいの時間だった。

だけど、由比PAまで行けば見えるはずと思い 、頑張ってみた。途中、牧之原SAのレストランで昼食を食べ、東へ東へとひたすら走った。

由比に着くとこんな感じに富士山が見えた。写真ではぼんやりとしか写らなかったけれど、実際はもっとくっきりしていた。

f:id:emukobb:20130919151737j:plain

下はSAの方がくれた冬の富士山の写真。

これも由比PAの同じ場所で写したもの。やっぱり、頂に雪があるのとないのでは全然違うけれど、それでも、やっぱり富士山は富士山。感動ものです。

f:id:emukobb:20130919200919j:plain

写真はないけれど、もう少し進んで富士川SAの所まで行くと、真正面に富士山が見え、もう嬉しくて、嬉しくて・・・

私が「いいじゃん。いいじゃん。ステキ、ステキ・・・」と連発すると、夫も声を出して喜んでいた。

由比手前のトンネルを抜けてから富士川までは東名の道路脇は駿河湾が見えて、それはそれはステキ。

ただ、この景色を見たかっただけで何キロ走ったのだろう。

帰りは清水から新東名を初めて通ってみた。

家に家に着いたら、もう19時。

以前の私を知るYちゃんはこんなにアクティブに動き回る私の行動に驚いている。

今の私は夫と一緒でないと何処にも出かけられない。今はまだ一緒なら遠出だってできるけれど、あと数年もすれば、それもできなくなるかもしれない。だから、行きたいと思ったら、夫を誘ってみる。そして、OKの返事があれば何処にだって出かけようと思う。自分も一回きりの人生だから。

今日は夫からOKの返事をもらい、自分へのプレゼントをもらえた気分。物ではなくても嬉しいものだ。

夫はお昼寝をしなかったので、夕食を食べてシャワーを浴びたらすぐに寝てしまった。

私は一人、缶ビールで乾杯!!