読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

あれから3年

夫のこと

夫が脳出血で倒れたのは2010年の9月29日のこと。

その時の状況については去年書いたけれど、未だ鮮明に覚えている。

意識のない状況で救急搬送された夫は、緊急手術を受けた。

医師からは、手術をしても意識が回復するのに1か月ぐらいかかるかもしれないこと、右半身麻痺が残り、車いす生活になるかもしれないと宣告された。でも、命が危険だとは言われなかった。

だから、私は夫は回復すると信じていた。もちろん、その時点で障害が残ることは覚悟せざるを得なかったけれど。

 

看護師の宿命なのか、医師の話す内容、夫の状態、今後の生活までもが手に取るように理解でき、その日は自分でも驚くほど冷静だった気がする。

でも、それはその時だけ。家に帰ると、夫のことが頭から離れず、自責の念で涙がとめどなく流れ、今後のことを考えては不安に押しつぶされそうだった。

 

あれから3年の月日が流れた。

そして、この3年間は言葉では言い表せないような3年間だった。いろんなこともあったし、いろんなことも言われた。

 

退院して10か月ぐらい経った時、出先である人に「大変だね。助かったがよかったのか? どうなのかね?」と言われた。

私に「大変だね」と言いながら、夫が助からなかった方が、夫にも私にもよかったじゃないか、みたいに言ったのだ。

私はその言葉を聞いて、どう返事をしていいのか分からずにいると、今度は「頑張ってね」と言った。

きっと、私たちのことを「不幸だ」とか「かわいそうだ」と思ったのだと思う。

その時、「みんな、私のことをそんな風に思って見ているのか・・・」と思ったら、それまで自分の気持ちを立て直し、精一杯頑張っていた気持ちが傷つけられたようで、とっても悔しかった。

 

私は何かあっても、人にはなかなか話せない。自分で考えて考えて、心が落着いてからでないと。

夫が倒れた時もそうだった。

もう、心が落着いて、先のことを考えられるようになってから、たまたま昔の友人から電話が入った。「みんなで会おう」という電話だったので、初めて夫のことを話した。

その時「えむちゃんは強い人だね」と言われた。強い人・・・

その友人には母が亡くなった時にも、そう言われた。強い人だと。

友人に話すずっと前に、もう流す涙はないという程涙を流し、考えて考えて、自分の心が落着いていただけ。決して強いわけではないと思いながらも、あえて反論はしなかった。だけど、強い人としかうつらなかったみたい。まあ、そう思われていてもいいけれど・・・

 

今の夫の状態は、右上肢は全く動かない。右下肢は多少筋肉の収縮が入るようになったけれど、全くと言っていいぐらい動かない。だから、今も車いすで生活している。そして、言葉も話せない。それでも、退院当時と比べると、認知面ではかなり回復したと思っている。

車いすの生活だけど、散歩にも行ける。車の助手席に乗ってドライブにも行ける。今年は新幹線にも乗った。

話せなくても絵も描ける。新聞も本も読める。

贅沢さえしなければ、生活もできる。

だから、不自由にはなったけれど、不幸ではないと思っている。思うようにしているのかもしれないけれど。

 

あれから、もう3年。

いや、まだ3年。だから、まだまだ生活レベルを上げることだってできると思う。そう思いながら、毎日生活しているのだから。子どもがひとつひとつ覚えていくように、これからも手助けしながら、二人で生きていかなくては。