読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

今日の昼ごはんは芋がゆを食べよう

今週のお題「秋の味覚」

この間、Eさんからサツマイモを頂いた。

サツマイモというと、鹿児島県や茨城県、千葉県、宮崎県、徳島県辺りが有名だけれど、我家の辺りでも多く栽培されている。

 

義母は渥美の出身。渥美は気候が温暖で、農業にはいい環境だ。特に、キャベツの栽培が有名だけど、サツマイモを作っている人も多く、おいしいという。

義母が子どもの頃にも作っていたようで、この時期になると、いつもサツマイモが食べたいと言っていた。

そして、義母が好きだったのは焼き芋。だから、我家にはガスで作る石焼き芋の土鍋のようなものがあった。石焼き芋専用のなべの底には石が敷き詰められていて、蓋をして30分ぐらい弱火で焼くと、おいしい焼き芋ができるのだ。そうして焼いたサツマイモをいつもおいしそうに食べていた。

 

私の母はサツマイモというと、蒸かしイモか鬼まんじゅう。どちらも、子どもの頃にはよく作ってくれたものだ。

私は鬼まんじゅうが好きだった。メリケン粉に砂糖と水を加え、そこにさいの目に切ったサツマイモをのせて蒸したおやつ。

「食べたいな・・・」と思うけれど、夫と二人では作る気がしない。たくさんは食べれなくなったこの身では作っても余るだけだから。

それで、私はサツマイモを頂いた時には、芋がゆを作る。ちゃんとした芋がゆではなく、冷ご飯を使って作るおかゆさん。

夫がデイケアの日のお昼ご飯にはこれが最高。簡単にできるし、サツマイモがおいしい。

 

今日は朝から、昨日の片付けを頑張った。

さあ、今から芋がゆを作って、ゆっくりとお昼ごはんを食べましょう。

 

これは、夫がその時描いたサツマイモの絵。今回は3枚、描いてくれました。

その1

f:id:emukobb:20131003120535j:plain

その2

f:id:emukobb:20131003120551j:plain

その3

f:id:emukobb:20131003120606j:plain

そして、Eさんへのお礼状は、その1をハガキに加工して、出したのです。