読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

手作りのガーゼケット

私は時々ネットで買い物をする。

でも心配性だから、価格.comで調べても、アマゾンとか7ネットとか大型家電店のネット通販とか、とにかく名前をよく知っているところでしか買ったことがなかった。

 

この間J子さんに会った時、共通の友人であるMさんの同居の娘さんであるH子ちゃんが出産したことを聞いた。それで、J子さんから赤ちゃんを見に連れて行って欲しいと頼まれていた。

 

J子さんはMさんもH子ちゃんも美容院のお客さんでもあり、何十年来の知合いだ。私も二人とも知っているけれど、その程度にはかなりの違いがある。それで、お祝いに悩んでいた。J子さんは祝儀袋を買っていたので、聞きはしなかったけれど、お祝い金を贈るのだと分かっていた。だけど、私はどうしたものかと。

それで、私が36年前に貰って役に立ったもの、嬉しかったもの、未だに覚えているものを考えてみた。その中から予算にあうモノに決めようと思って。

だけど気に入ったものは全て予算オーバー。それなら何か手作りしようと考えた。今はスタイというらしいけれど、タオル地かガーゼ地を使ってよだれかけならできそうか。それとも6重織ガーゼを買って、ガーゼケットにすれば、直線だけで縫えるかもしれないと。それでスタイの無料型紙はあるのか、ガーゼケットの作り方は・・・と、ネットで検索していた。

すると、何度か検索するうちに手作りフリーマーケットのサイトに出会った。トップページには「ハンドメイド・手作り作品が売買できる日本最大級のフリーマーケットサイト」と書いてあり、55万余点の出品作品がカテゴリー別に検索できるようになっていた。私は見たことがなかったけれど、雑誌にも載っているみたいだ。

そのサイトの赤ちゃん用品のところを見ていたらかわいい作品がいっぱいあって、私はもう自分で作る気などなくなってしまった。

でも、前述したように私は知らないところで買ったことがない。だから購入するのはとても心配だった。だけど、見てしまったらもう作れないのだ。

それで思い切って注文してみた。ま、気に入らなければその時はその時だと思って。

悩みに悩んだけれど、数ある作品の中から気に入った作品を選び、カートに入れて購入手続きを済ませた。そしてすぐにコンビニへ支払いに行った。

するとサイトを通じ、作者から簡易ラッピングをして発送したと、同日にメールで連絡が入った。

私はその対応の早さとメールから感じる感じのよさにまずは一安心し、荷物が届くのを待ちわびた。

それが今朝届いたのだ。

その作品はネット上で見たのと何一つ変わらないとってもかわいいガーゼケットだった。お値段は安かったけれど、縫製もきれいだったし、私が作ったわけではないけれど、何より世界でたった一つだけのモノなのだ。それに、私へのお手紙も付いていて、私はとても気に入った。そりゃあ、作者は愛情込めて作っただろうから当然なのだろうけれど。

 

今日、友人から電話が入り、急に赤ちゃんに会いに行くことになった。それで、慌てて準備したらケットの写真を撮っておくのを忘れてしまった。サイトの写真をコピーしていいのかどうか分からないので、ここに写真はないけれど、ほんとにかわいいケットだった。

 

私はものすごく気に入ったけれど、H子ちゃんは気に入ってくれただろうか。気に入ってくれたのならば、私はとっても嬉しいのだけれど・・・