読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

わたしも欲しい

この間、時々来てくれる夫の先輩がゴーヤを持って来てくれた。

先輩は市内の団地で暮らしているけれど、車で一時間ぐらいのところに自宅があり、毎週土日はそちらで暮らしている。

そこは先輩が育ったところで、JRは通っているけれどかなりの田舎だ。長男である先輩はご両親が亡くなられてから家をリフォームし、週末はそこで畑仕事を楽しみながら過ごしている。それからは時々、我家にも収穫した作物を届けてくれるようになった。

だけど、今年は天候のせいか思うように収穫できなかったと言い、先輩が友人から頂いたゴーヤを我家にもおすそ分けしてくれたのだ。

野菜のおすそ分けはホントに嬉しい。

我家では大きいゴーヤなら1本を2~3回に分けて使っている。保存しておけば何回も楽しむことができるから。でも冷凍庫には1回分づつに分けて保存したゴーヤがまだ3回分ぐらい残っている。なので、今度は乾燥して保存しておこうと思った。

 

包丁を研いで、ゴーヤを切ろうとすると、夫が「あ~、あ~、あ~」と声をあげ、私の方に左手を差し出した。

「切っちゃダメだってこと?」と聞くと頷き、私からゴーヤを奪い取るように受け取った。そしてゴーヤの向きを変えては眺め始めた。

長年の付き合いだからよく分かるのだけれど、こういう時は絵を描きたいと思っているのだ。

早く調理しないと黄色くなってしまいそうだけれど、自分から絵を描こうという気になったのなら、そちらの方が優先だ。それで夫が絵を描いてから調理することにした。

 

昼寝を済ませてから描いた絵手紙がこちら。

f:id:emukobb:20140913231343j:plain

今回もカタカナで「アリガトウ」の文字も書いた。

 

夫は今日は1枚しか描かなかった。先輩に出すつもりで描いたのだと思うけれど、困ったことに私が欲しくなってしまった。

明日は何の予定もない日だから、夫が気乗りするように仕向け「もう一枚描いて」と言ってみよう。もしも描く気にならなければ、その時は私が諦めて先輩に出そうと思っているけれど・・・