読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

介護入居者に暴行のニュース

朝日新聞の昨日の夕刊に『介護入居者に暴行容疑 3職員逮捕 鼻に指入れ撮影』という記事が載っていた。そして、今日の朝刊にも関連記事が載り、ネットでも報道されていた。

朝夕刊の記事と、ネットニュースによると、名古屋市にある無届けの介護施設において、93歳の女性入居者の口に指を入れたり、鼻に指を突っ込んだりしたとして、ヘルパー3人を暴行容疑で逮捕したという。そして、3人のうち2人は容疑を認め、一人は否認しているそうだ。

逮捕されたのは36歳、29歳、26歳の男性ヘルパー3人。

警察が36歳の男性ヘルパーに別件で事情を聴いた際、携帯電話に保存されていた暴行の動画を見つけたという。その動画には容疑者らの笑い声も記録され、26歳のヘルパーの携帯電話には別の70歳代男性入居者の裸体の画像も保存されていた。

施設では介護現場への携帯電話の持ち込みを禁じていたそうで、警察から連絡があるまで暴行には気付かなかったそうだ。そして、被害にあわれた93歳の女性は認知症で、暴行を受けたことを覚えてないという。

 

ひどい話だ。ほんとに酷い。ひどすぎる。

暴行を行っていた3人は、ヘルパーという資格で働き、給料を受け取っている職業人なのだ。それなのに、抵抗することができない高齢の方や、訴えることができない弱い立場に方たちに、なんでこんな卑劣なことをするのだろう。

こういう記事を目にするたびに、腹が煮えくり立つような憤りを覚え、悔しくて、悲しくて、気の毒で、腹が立って、腹が立って、胸が張り裂けそうになってくる。

 

施設では要介護1~5の50代から90代の男女27人が入所しており、月額12万9千円で食事の世話や介護をしていた。そして、93歳の女性は4人部屋に入所していた。

4人部屋で暴行していたのに、ほんとに誰一人として気付かなかったのだろうか。

 

施設の代表は「3人は遅刻が多く、指導したこともあった。悪ふざけしたのだと思う。被害者や家族に申し訳ない。31日に解雇する」と話したと。

36歳、29歳、26歳にもなって、なにが悪ふざけだ!!

施設の代表は自分の大切な人だったらどう思うのか、よく考えて欲しい。そして、施設では大切な人をあずかっているのだと自覚してほしい。

 

名古屋市は、昨年10月時点で老人福祉法上の介護施設にあたる35施設が無届けだと把握しているそうだ。無届けで運営できること自体、おかしなことだと思うけれど。

 

さくらの開花がテレビニュースになったり、新聞の一面に載るような国だけれど、こんな心が貧しい人がいる国でもあると思うと、悲しくもある。