読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

昨日と今日と、ちょっと前のこと

 ちょっと前、たぶんすごく寒かった時だったと思う。庭にジョウビタキがやってきた。

毎年、2月の厳冬期にならないと我が家の庭で見かけることはないのだけれど。

うれしくなって急いでカメラを持ちに行き、戻るともうどこかに飛んで行った後だった。

 

数日後、今度はメジロが2羽、お隣の木の上で鳴いていた。メジロ留鳥とはいえ、庭先まで下りてくるのはいつも3月の梅の頃だけだ。

で、また急いでカメラを持ちに行き、カメラを構えると2羽とも飛んで行ってしまった。写真を撮るには撮ったけれど、羽ばたいたところだったので残念だけれど全くメジロだと分からない代物だった。

 

そして昨日、またもやメジロが2羽、お隣の木に遊びに来ていた。いや、木の実を食べに来たのかもしれない。

「今度こそ・・・」と思いながらカメラを構えると、かなり高い木に移動。私のカメラでは最大の望遠にしてもこの程度にしか撮れない。しかも手振れでピンボケだ。 

f:id:emukobb:20151201141853j:plain

こういうかわいい鳥を見ると、単純な私はそれだけでうれしくなってくる。そして、何かいいことが起こりそうな気さえしてくるのだ。 

 

そんな予感なんてすっかり忘れていた午後、夫の先輩が家庭菜園で採れた野菜を持ってきてくれた。 

f:id:emukobb:20151201161800j:plain

首大根2本とほうれん草とサニーレタスとサンチュ。最高の贈り物だ。

 

先輩が来てくれたとき、夫はお昼寝中だった。もう起きる時間だし、上がっていただこうと思ったのだけれど、先輩はお孫さんを見ているからと、夫と会うことなく帰られてしまった。

帰られて間もなく、お昼寝から目覚めた夫はとても残念がった。言葉で話せなくても顔の様子や態度でわかる。

「じゃあ、お礼状を書こう」と準備したところへ今度は久しぶりに夫の姉が来てくれた。写真はないけれど、手作りの蒸しパンと私の大好きなおせんべいを持って。

 

 姉としばらく話していると、今度は30年ぐらい前に夫が設計管理をさせていただいた方から三ケ日ミカンの宅配便が届いた。 

f:id:emukobb:20151202162152j:plain

箱いっぱいのミカン。今の時期は早生だから、皮が柔らかくてとても甘い。 

野菜や果物は我が家にとっては最高の贈り物。ありがたいことだ。

 

とあらば、書かねばならぬお礼状。

というわけで、姉が帰ってから夕食を挟んで寝るまでの間、絵手紙を描いて過ごした。

 f:id:emukobb:20151201221352j:plain

まだまだ思うように描けなくて描いては破り、また描いて・・・

結局10枚以上は描いたと思う。でも作者は同じ。このあたりで手を打って一番下の2枚を出すことにした。 

 そして、切手を選ぶのも夫自身。

f:id:emukobb:20151201221419j:plain

 猫好きの先輩にはとっておきの切手を出したら大喜びだった。これは何年か前の動物愛護週間の記念切手だ。シート10枚のうち5枚が犬の図柄で、5枚が猫の図柄。そのすべての図柄が違うのだ。もうこの1シートしか残っていなかったので迷ったけれど、夫がきっと喜ぶだろうと思い出してしまった。案の定大喜びだったので出した甲斐があったというものだけれど。

 

そして今日。

夫がデイケアに出かけた後、いつものように1時間半ほど庭仕事をした。

そのあと、 たまに行く喫茶店のギャラリーで面白そうな展覧会をやっているとの情報があったので観に行くことにした。

いつもだったら車で出かけるのだけれど、今日は散歩がてら歩いていくことにした。

川沿いを歩くと、定位置にサギくんが。それを見ながら歩いて、歩いて・・・

f:id:emukobb:20151202112009j:plain

 

展覧会は私の大好きな似顔絵イラストレーター内藤勲さんの似顔絵教室に通う方の初めての個展。「とうふねこ座市川雅子の似顔絵展」というもの。

 

左が案内状で、その裏にはWoody Allennの似顔絵。

f:id:emukobb:20151202155938j:plainf:id:emukobb:20151202155928j:plain

 内藤さんとは画風が違うけれど、味わいがある。

私は面識もなければ、名前も初めて知った方だ。喫茶店のママさんが言うには「多才な方で、紙芝居や人形劇も演じている」とか。それも紙芝居や人形劇の道具類を作るところから演じるまでをすべて一人で行い、いろんなところでボランティアで演じているそうだ。

会場には似顔絵だけでなく、紙芝居や人形劇の人形、墨彩画も展示してあり、その墨彩画はとても素敵だった。

見ていると、その方自身がものすごく楽しんでいるのが伝わって来て、私も元気をいただいたような気がしてきた。

土曜日には午前、午後の2回、プチ人形劇の上演があるそうだ。ママから「いかがですか・・・」と言われたけれど、残念ながら行くことは難しい。興味はあるから本当は見てみたい。この間の土曜日にも行われ、とっても上手だったと聞いたらなお更見たい気持ちが募るけれど。でもまあ、今日の展覧会で十分元気をいただいたからそれで良しとする。

 

午後からは宛名の下部にお礼の言葉を書き添え、ポストまで行ってきた。投函した時間から考えるときっと明日には着くと思う。

そして、いただいた野菜をたっぷり使って夕食の準備。昨日は大根はおろしに。ほうれん草はお浸し。サニーレタスとサンチュを使った野菜サラダを作ったので、今日は大根と野菜たっぷりの煮物。ほうれん草はゴマ和えにした。料理上手には程遠いので、恥ずかしくて写真には撮れないけれど私好みの豊かな夕食ができあがった。

 

昨日も今日も、ちょっと前も、私にとってはとってもいい日だった。そして、ハガキを受け取った時のみんなの顔を思い浮かべながら一人でほくそ笑み、幸せな気持ちを味わっている。私ってホント単純だなあと思うけれど・・・