えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

どんなに忙しくても

今月、我家のカレンダーには予定がぎっしり書きこまれている。

友人は何も予定がないと「今日は何をしよう」と考えてしまい、気持ちが沈むというけれど、私は予定があるというだけで疲れてしまう。何と軟な神経をしていることだろうと思う。

 

先週の木曜日は夫の脳外科受診だった。月曜日は私自身の眼科受診。水曜日は夫の整形外科受診と二人のインフルエンザの予防接種。そして、木曜日はシルバーさんが生け垣と庭木の剪定に来てくれた。

脳外科受診の木曜日は夫がデイケアを休むし、シルバーさんが来てくれた日はデイケアには出かけたけれど、気持ちの自由はない。買い物ぐらいは出かけることができるし、実際に郵便局にも信金にも買い物にも行ったけれど。そして、今日は夫の歯科受診だった。

 

夫は3か所の病院にかかっていて、どこも3か月に1度の受診だ。それなのにすべてが同じ月に重なっている。一度、歯科の受診日をずらしてもらったことがあるけれど、台風か何かで予約を取り直し、また重なってしまった。

 

あとは来週、母の命日に実家のお墓参りにいくこと。自分の美容院に行くこと。

25日は530運動の日だ。その前には家の周りの草取りもしておきたいし・・・

再来週には義父の命日が来るのでお墓へお参りに行くこと。

今月は他にも思わぬ用事ができたりして本当に気ぜわしくて、気持ちが疲れてしまった。

 

今日、夫の歯科受診中に待合室にあった地方紙を読んでいた。

その地方紙には今日の運勢欄があり、私の運勢のところには「どんなに忙しくても感謝と笑顔を忘れないように」と書いてあった。

運勢を信じるわけではないけれど、何だか見透かされたような気がして一人苦笑いだ。

帰宅してからも「どんなに忙しくても感謝と笑顔、感謝と笑顔・・・」と心の中で言い続けていた。雨が降らなくて感謝。無事に受診が済んで感謝。きれいに磨けていると褒めてくれて感謝。感謝、感謝・・・