えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

このところのこと

昨日は爽やかで過ごしやすいとっても良い日だった。

金曜日は夫の訪問リハビリの日なのだけれど、昨日は理学療法士さんの都合でお休みになり目覚ましのタイマーを止めのんびりした朝を迎えた。

 

このところ、夫がデイケアの日には新芽が出てお化けのようになってきた庭木の剪定や草取り・・・と、庭仕事ばかりしている。といっても買い物や他にも用事があるので朝の1から2時間ぐらいと夕方の30分から1時間ぐらいなのだけれど。それでも草は容赦なく生えてくるし、庭木はまだ3本ぐらいしか刈り込めていない。毒虫が発生すると困るので早くやってしまいたいけれど、思うようには進まない。

 

1ヶ月ほど前、夫に虫歯ができているのを見つけた。虫歯ができないようにと夜の歯磨き時には夫が磨いたあと、私が磨き直し、タクトブラシや歯間ブラシ、フロスを使って丁寧に磨いているのにショックだった。

コロナが始まる前までは3ヶ月に一度、病院の歯科で掃除をしてもらっていたのだけれどコロナが蔓延してからはやめてしまったのだ。で、今回は通院するのは大変なので訪問歯科に依頼した。

夫は月・水・木は1日デイケア、火・金の10時から11時は訪問リハビリ、2週間に1度、火曜日訪問リハビリの前に訪問診療が組まれていて、空いているのは火・金の午後か土曜日だけだ。私としては治療が優先なのでデイケアもリハビリもお休みしてもかまわないのだけれど、そこは訪問歯科、ちゃんと空いているところに予約を入れてくださった。

その訪問歯科には言語聴覚士(ST)の方もいて、初めての訪問の時に歯科医と衛生士さんとSTさんの3人で来てくださってびっくり。そして、有り難いことにSTさんのリハビリも受けられることになった。

ケアマネさんや訪問リハビリのPTさんからもとっても評判が良いと聞いてはいたけれど、実際に治療を2回受け、STさんのリハビリも2回受けたのだけれど、しっかりとわかりやすく説明してくださるし、本当の良かったとケアマネさんたちの言葉を実感している。たぶん、治療が終了したあとはお掃除にも来てくださると思うし、STさんのリハビリも続けてくださると思うと本当にうれしくてありがたい。

 

5月の初め頃、買い物の途中で寄り道した運動公園のユリの木。

この花を見るのも5月の楽しみの一つだ。