読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

自己管理悪すぎ

えむこの事

夫に介護が必要になった時、「自宅で私が介護をする」と決めました。

そのためには、私自身が元気でいないといけないでしょ。そして、夫より長く生きて、最後まで介護してあげようと誓いました。夫より長く生きるためには、病気にかからないよう自分自身の体に気をつけること。特に食生活と睡眠には気をつけようと思いました。

実際に、退院してから1年以上はかなり気をつけて生活していたのですよ。特にアルコール類は一切口にしないようにしていましたし。退院後1年ぐらいの間、夫が脳に損傷を受けた後遺症から、1ヶ月に1回全身けいれんを起こしていたから尚更ですが。

今は内服薬でコントロールできるようになり、発作はもう1年半起きていません。でも、発作が起きると意識もなく、その長さによっては救急車を要請する必要があるのです。幸い、今までに救急要請をすることはありませんでしたが、何が起こるか分かりませんからね。

それが、けいれん発作を起こさなくなってからでしょうか。コントロールできるようになったことで緊張が解けて安心したのか、この生活に慣れたのか、それともストレスからか・・・

最近の私はかなり自己管理が悪くなっていたのです。睡眠時間ももちろんのこと。食生活はちょっとひど過ぎで、自己嫌悪状態でした。夫と一緒に過ごす朝・昼・夕の食事はいいのですけどね。

夫が昼寝中には一人でアイスは食べる、せんべいは食べる、低糖とはいえアイスコーヒーは飲む、しかも腹いっぱい。そして、夜寝てからはビールまで。こちらも飲みたいだけ。ビールは帰省用に買っておいた物が残ったからなんだけれど・・・

「こんな食生活はいけない」とは思っていたのです。でも、わかっちゃいるけどやめられないのですよね。意志が弱いから・・・

そうしたら、今日は朝から体調不良でダウンです。

訪問リハビリがあるのに掃除もできず、朝も昼も食事は摂れず、午前中ずっと夫のベッドから離れられませんでした。もちろん、夫の着替えや食事の準備、トイレの介助だけは力を振り絞って頑張りましたけれど。

夫がお昼寝中も隣の部屋で寝ていました。それでやっと、体調が戻ってきたのです。

おやつは食べず、夕食は控えめに食べ・・・

自業自得だから、仕方がありません。恥ずかしくて書けないほどの不摂生をしたのですから。自己管理悪すぎですよね。

何とか戻った体調で夫のシャワー浴はできました。

夫が寝てからは、まだ残っているビールには手をつけず、お水と麦茶を飲んだだけ。

自己管理悪すぎだったと反省しているところだから。それに、今でも夫より長く生きて、最後まで介護をしたいと思っていますから・・・