えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

今はそれぞれができることを

3月の簡単リメイク講座は新型コロナウィルスの感染拡大を受け、中止になった。

今の私が唯一参加できるとても楽しみにしている講座なのだけれど、中止は仕方がないことだと思っている。

4月は1日の予定だった。予想はしていたけれど新型コロナウィルスの感染拡大が未だにとまらない。で、4月の講座も中止になった。

もしも行うとしてもお休みするつもりでいたので残念だけれどこれも仕方がないことだと思っている。

 

もしも私が感染したら・・・

介護が必要な夫はどうなるのだろう。

夫が感染したら・・・

デイケアは閉鎖されてしまうだろう。職員の皆さんや利用者さんたち、その家族の方たちにまで影響がある。隣接するクリニックの整形外科を受診をし、同じフロアでリハビリをした患者さんにも。ひょっとしたら多くの人たちの命まで脅かすことにもなりかねない。そう思ったら、今の時期に講座に行くことは考えられなかった。

 

この間、ある方のブログにバズフィードジャパンのニュースが張り付けてあった。それは新型コロナウィルスの感染拡大で「世界各国の医師たちが写真を撮り、訴えたこと」という記事だった。

その記事には医師からの「たった一つのお願い」として「私たちは皆さんのために職場に残った。だから、私たちのために家に止まってください」と書いた紙を持って訴えていた。

 かつて、私は職場で医療安全、感染対策に携わっていた時期がある。サーズが流行した時には違う部署だったけれど、テレビで報道されているような防護服を着用しての訓練に参加した(私自身は防護服を着たわけではなく、他の役割で)。今は、一緒に働いていた同僚がその部署にいると今年の年賀状に書いてあった。看護部のトップもかつての同僚だ。彼女たちはおそらく毎日が緊張の連続で、疲弊していることだろうと想像する。私自身も感染対策に関わっていた時期には何もない状況であっても毎日が緊張の連続だったのだから。いつまで続くかわからない状況下で、しかも自分も感染の危険にさらされながら最前線で働いている医師たちがこの国のニュースを見れば多くの人の危機感の無さに驚いてしまうことだろう。そして、これ以上感染が拡大したら大変なことになるという危機感からこういう写真で訴えているのだと思う。

だから・・・

今、身近に感染者がいなくても、自分が破れた網にならないようにしたいと思う。最前線で働いている医療者たちに敬意を示し、今はいろんなことを自粛してでも自分にできる対策を実行しなければならないと思っている。そして、この状況が早く終息し、治療薬が早く開発されますようにと願っている。

 

金曜日にここまで書いて誤字脱字をチェックしてからアップする予定でいた。それが、土曜日にPCがトラブルで使えなくなり、月曜日に修理に出した。火曜日には修理が完了したと連絡があったのだけれど受け取りに行けず、やっと今日、受け取りに行ってきた。PCはもう1台あるし、タブレットスマホでもインターネットは使えるけれどやる気が起きず、しばらくの間ネットに無縁の生活を送っていた。

PCはハードディスクを交換する羽目になり、データーは失われるし、メールの設定もやり直しだったりして年寄りにはきついことだらけだ。それでもはてなにはログインできたし、皆さんのブログにも訪問できるようになった。お気に入りに入れてあった方々のところへはもうしばらくの間は訪問できないかもしれないけれど。

書きたいこともたまっている。だけど、介護中の身。慌てずゆっくり元に戻していこうと思っている。

庭も春爛漫

昨日、東海地方も桜が開花したと発表された。

今朝、ごみ出しに行きながら我家の前の公園のさくらを見るとまだ固い蕾ばかりだった。一番膨らんでいる蕾でもこんな感じだった。

f:id:emukobb:20090324100901j:plain

 

午前中に実家のお墓参りに出かけた。

お寺にはさくらの大木があり、その木はもう開花していた。

f:id:emukobb:20200323113601j:plain

桜並木もいいけれど、お寺に老木が1本というのはもっとステキだと思う。満開の時にかち合うと一人見惚れてしまうほどステキだ。

 

公園のさくらはまだだけれど、庭のゆすら梅は知らないうちに満開になっていた。

f:id:emukobb:20090324101108j:plain

 糸水仙も満開だ。黄色の花を見ていると元気が出てくる。

f:id:emukobb:20090324101016j:plain

水仙のとなりではスズラン水仙も咲き始めた。

f:id:emukobb:20090324101124j:plain

ムスカリも。

f:id:emukobb:20090324100954j:plain

あちこちでフリージャーも咲いていた。

f:id:emukobb:20090324101305j:plain

小さくて見落としそうだけどスミレもたくさん咲いている。

f:id:emukobb:20090324101408j:plain

ハナニラもあちこちで咲いている。。

f:id:emukobb:20090324101537j:plain

いいねえ。 春爛漫だ。

新型コロナウィルスの感染拡大で買い物以外の外出を控えている身にとっては庭の花は唯一の楽しみだ。黄水仙も咲き始めているし、ボタンもあじさいもシャクヤクも芽吹いている。まだまだ楽しめそうだ。

仮置きマスクケースを作ってみた

新型コロナウィルスの感染拡大が続き、いつになったら終息するのか先が見えない。

私にできることは、しっかりと栄養を摂り、睡眠時間を確保し、ストレスをため込まないようにし、免疫力を下げない努力をすること。そして、外出を控え、帰宅したらうがいと手洗いの励行。効果のほどはともかくとして、外出時にはマスクを着用すること(咳やくしゃみの飛沫を防ぐ意味では効果的)ぐらいだ。

だけど、マスクが手に入らない。花粉症があるので少しばかり買い置きがあったのだけれど残りがわずかになってきた。1日中家にいる日はマスクをつけていないけれど、夫がデイケアに行く日は買い物に行くのでマスクを使う。勤めていた頃の職業柄なのかもしれないけれど、一度着けたマスクは不潔なものだという認識が染みついていてはずせばすぐに捨てていた。だけど、そうも言っていられず、せめて1日は使いたいと思うようになった。とはいえ、外側は不潔には違いない。だからお茶する時や昼食の時にはずすとティッシュに包んでおいたり、ビニール袋に入れていた。

そんな時、購読している主婦のミシンさんのブログからうねうねごろごろさんのブログを知り、そこで仮置きマスクケースの作り方の紹介記事を読んだ。そして、何種類か紹介してくださっているレシピの中から1番初心者向けのものを選び、先ずは2個作ってみた。

こんな感じ。

f:id:emukobb:20200320171723j:plain

使い方は、下の写真のようにケースを広げ、外したマスクの外側を下にして置く。ドットボタンが付いているところを内側に曲げ、両側に引っ張り膨らみを伸ばす。そして、ドットボタンが付いている部分を元に戻し、真ん中で折り曲げドットボタンをかける。

そうすると、上の写真の左側のようになる。

f:id:emukobb:20200320171758j:plain

そのまま置いてもいいし、マスクのゴムを引っ掛けておくこともできる。

このアイデアはすごいと思う。ただ、残念なことに私が不器用過ぎるのか初心者向けのはずなのにきれいにできなかった。だけど、ティッシュで包んでおくよりはずっといいはずだ。

まだまだマスクは手に入りそうもない。これから先、普通にマスクが手に入るまではかなり重宝すると思う。うねうねごろごろさん、レシピをありがとう。

昨日は夫の歯科受診

昨日は夫の歯科受診だった。

天気予報は晴れのち曇り。夜になると雨が降り出し、翌日(今日)は雨という予報だった。

春は雨降りが多い。降り出すのが早まったらどうしようかと心配したけれど、降られることはなく天気予報通りだった。そして、無事に受診が終わりホッと胸をなでおろしている。

雨が降ったって病院だけは行かなければならないと覚悟している。それに、多少の雨ごとき大したことではないとも思う。それなのに受診のたびに天気ばかりを気にしている。自分は濡れても平気なのに。車椅子だというだけでお天気がこんなにも気になってしまうなんて。次は4月だ。また同じように気にするだろう。これから先もきっと受診のたびにずっと。

3月の簡単リメイク講座はお休みになった

毎月第一水曜日は「簡単リメイク講座」の日だ。

先月は介護靴にリボン刺繍をしてルームシューズにリメイクするというものだった。

いつものことだけれど、2時間では完成させることができず、翌月までに家で仕上げることになった。

翌月までに仕上げなければいけないわけではないけれど 、期日を決めないとそのままになってしまいそうだし、翌月までに仕上げて先生に見ていただくことを目標にすれば必ず仕上げることができる。

今回も2月3週までには完成させた。

 

前から見るとこんな感じ。

f:id:emukobb:20200306153330j:plain

写真も腕前も良くないけど、実物はすごくかわいい。と思う。

 

横はこんな感じ。

f:id:emukobb:20200306153349j:plain

後ろはこんな感じ。

f:id:emukobb:20200306153406j:plain

手持ちのスワロフスキー3mmのビーズを一つづつ留めてみた。左右のバラの大きさが違ってしまったのはご愛敬。

 

内側の横は見えないからバラはなし。

f:id:emukobb:20200306153421j:plain

見本には前にフレンチノットで蕾が刺してあったし、ビーズがところどころ散らしてあった。私はどうしようかと迷ったけれど「まあいいっか」とやめてしまった。

 

2月3週までには完成させたけれど、今はこんな時期なので3月の講座は休講となった。予測はしていたし、開講したとしても欠席したと思う。先生に見ていただきたい気持ちでいっぱいだったけれど4月までおあずけだ。新型コロナウィルス、4月には終息しているだろうか。講座はともかくとして早く終息してほしいものだ。

月に1度

月に1度、郵便局に行き、1ヶ月分の生活費を下す。そして、その中から引き落とし分を入金するために信金へ行き、帰りにドラッグストアで雑貨を買う(スーパーや生協で購入することもあるけれど)。これは月に1度の恒例行事だ。

偶数月は15日過ぎの月・水・木曜日に、奇数月は少し早めの第1週か第2週の月・水・木曜日に行くことにしている。

 

今月は来週初めに車の6か月点検が予約してある。点検費用は事前に3回分のパック料金として支払いは済んでいる。だけど、予想外の部品代とかがかかるかもしれない。そう思うと手持ち乏しいと心配だ。なので、少し早いけれど今日行ってきた。

 

郵便局に行き、信金に行き、いつものようにドラッグストアに行った。ドラッグストアでは夫のリハビリパンツ、尿取りパット、おしり拭き、使い捨てのゴム手袋、トイレットペーパー、ティッシュペーパー(普通のものと柔らかいもの)、洗濯用の洗剤、台所用の洗剤、T字カミソリ・・・ 他にも在庫状況をみてウェットティッシュや歯磨き粉やラップなど等。

今日もその予定だった。でも、聞いてはいたけど、トイレットペーパーもティッシュペーパーもウェットティッシュも使い捨てのゴム手袋もなかった。もちろん、マスクもアルコール消毒薬も。

まあ、毎月買うのは1か月間で使った分の補充であって多少の備蓄は持っている。だから店頭になかったからといってすぐに困るわけではない。

だけど、この状況は備蓄がある私でさえも何だか不安になってしまう。困ったものだ。

雨降りの翌日は草を取る日

前夜に降った雨が朝には上がっていると「さあ、今日は草取りをしなさいよ」という声がどこからともなく聞こえてくる。それは夫がデイケアに出かける日にだけ。

今日もそうだったけれど、先週の水曜日もそうだった。

 

コロナウィルスの影響で今日から学校はお休みになった。夫のデイケアもお休みの連絡がくるかもしれないと思っていたけれど連絡はなく、お迎えの介護士さんが発熱の有無と体調の確認をしたうえで出かけて行った。

 

私はお迎えを待ちながら草取りを始め、出かけてからも1時間ぐらい行った。

 

これは水曜日の写真だけれど、白い方のクリスマスローズは満開だ。

f:id:emukobb:20200302140021j:plain

チャドクガでやられた赤い椿もきれいに咲いている。これは義母が好きだった椿。この椿が咲き始めるといつも庭仕事をしていた義母のことを思い出す。

f:id:emukobb:20200302140034j:plain

義母は働き者できれい好き。庭には小さな草1本もなく、我家を訪れる人はみな「きれいな庭ですね」と褒めてくださった。

 

白い椿は私が好きな椿。こちらもチャドクガにやられたけれど、今年もたくさんの花をつけてくれた。うっとり。私はこの時間が長いのかも・・・

f:id:emukobb:20200302140045j:plain

義母に介護が必要になってから夫と二人で草を生やさないように頑張った。だけど、夫が倒れてから1年間草取りができなかった。というか、やらなかった。そうしたら、もうどんなに頑張っても義母の時のようにな庭には戻れなくなってしまった。

まあ、多少の草が生えていても良いと言えば良いのだけれど、やっぱりきれいな庭が好きだ。

最近、義母のことを思い出すたびに「すごい人だったなあ」と思う。

 

昨年の台風で倒れてしまった赤いボケの木。脇から細い枝が出て今年は花が咲いた。

まだ1mにも満たないぐらいの木なのにこんなにたくさんの花をつけた。

f:id:emukobb:20200302140058j:plain

草取りをしていると、草木の生命力に驚かされることばかりだ。