えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

出かけるのはやめて庭仕事

今週の木曜日、友人に誘われて名古屋まで日展を見に行く予定だった。

日展の招待券があるからと誘われたのだけれど、コロナウィルスの感染拡大のニュースに二人とも思い悩み「この時期、わざわざ電車に乗って人込みの中に出かけることはない」ということになり、名古屋行は中止にした。彼女のご主人は肺がんで治療中だし、我家の夫も介護施設に通所している身なのだから。

 

暖かくなってきたし、予定がキャンセルになると気になるのは庭のこと。

この間から咲き始めたクリスマスローズ。白い方はまだ蕾だ。

f:id:emukobb:20090101000310j:plain

 

昨年チャドクガの幼虫にやられた大好きなやぶ椿。なんとか持ち直して咲き始めた。

f:id:emukobb:20090101000443j:plain

 

ピンクの侘助はもうおしまい(写真は撮らなかった)だけれど、いつも以上に花をつけた。白の椿も真っ赤な椿もチャドクガに負けず、もうすぐ満開になる。

 

ちょっとかわいそうだったのは五色椿。かなり乱暴に枝を切り落としてしまったので見るも無残な姿になってしまった。それでもいくつもの花を咲かせている。

濃いピンク、濃いピンクと白。薄いピンク、薄いピンクと白、白だけの花は今のところ見つけられないでいる。

f:id:emukobb:20090101000817j:plain

 

こうして花を見ながらの庭仕事は楽しいけれど、もっと楽しくなるのは小さなお客さんが来てくれること。

f:id:emukobb:20090101000021j:plain

こんな子がくると、 草を取る手を休め、静かに静かに庭中を追いかけまわしてしまう。

この冬は暖かかったせいなのか、五色椿を大きく切ったせいなのか、まだ消毒の臭いが残っているのか、原因は分からないけれどこの冬我家に来たのはこの子たちぐらい。メジロもこなかったし、ヒヨさえも素通りだった。

それでも出かけるのをやめて庭仕事をしたおかげで楽しませてもらった。

簡単リメイク講座

先週の水曜日は「簡単リメイク講座」だった。

昨年の2月から始まったこの講座に参加させてもらうようになり、ちょうど1年が経った。8月がお休みになり、2か月かけて作ったものもあったので昨年末までに9個作ったことになる。

 

12月は100均のペットボトルホルダー(350ml用)のリメイクだった。

私は水筒派なのでペットボトルを持ち歩くことはない。だけど、どんなふうにリメイクするのか興味があったし、リボン刺繍も楽しいし、出来上がったものはプレゼントに使えると思って参加した。

参加者はみんな2時間で完成させたけれど、私は途中で間違えてやり直したので 一人だけ完成させられなかった。家に帰ってすぐにやってしまおうと思ったら分からないことがあり、結局はこの間の水曜日に確認し、やっと出来上がった。

 それがこれ。 (リメイク前の写真は取り忘れた)

f:id:emukobb:20200206154402j:plain

反対側にはイニシャルを入れてみた。

f:id:emukobb:20200206154426j:plain

 

そして、この間は介護靴のリメイクだった。こんな感じにリボン刺繍をしてリメイクするというもの。

f:id:emukobb:20200206154526j:plain

先生が入院されたとき、スリッパは禁止だったとか。

それで介護用の靴では味気ないからとリボン刺繍をして履いていたら医師からも看護師さんからも褒められたそうだ。先生はこうした靴を室内履きに使っていたり、着物で運転するときに履き替えるようにと車の中にも1足、出先(簡単リメイク講座の時など)で履く用と、3足も持っているそうだ。

介護靴の色は自分好みで注文。私はこのグレーにしてバラはピンク。グリーン系の色を選んだ人は黄色のバラというように靴の色に合わせてリボンの色を決める。

 

簡単そうだけれど、なかなかできない。バラの刺しゅうは何度かやったのに忘れているし、それに手のろ。2時間もあったのに、ここまでしかできなかった。

f:id:emukobb:20200206154601j:plain

3月の講座はまたペットボトルホルダーの予定だ。今度はもっと小さくてハンドバッグに入れられるサイズ(たぶん100mlぐらい)だとか。だから、3月の講座日までには完成させる予定でいるけれどできるだろうか。少しづつしかできないけれど頑張って完成させようと思っている。

マスク

先日の夕方、ニュース情報番組を見ていた。

その中で、マスクがネットで10倍もの値段で転売されていることを知った。翌日の朝刊にもヤフオクやメルカリでマスクが高額で転売されていると書いてあった。

 

新型コロナウィルスの感染拡大が報道されて以来、マスクの製造が追いつかず、売り切れ状態が続いていることは毎日のニュースで知っていた。スーパーへ行くと異常なほど多くの人がマスクをつけている。私は花粉やハウスダストなどのアレルギーがあるのでマスクは常備している。だから慌てて買いに走ることはない。今はアレルギー症状もないし、体調はいい。だから毎日マスクを使う必要もなく、手持ちのものでまだまだ当分の間は間に合う。

けれど、テレビではベーチェット病の女性が取材に応じていて「感染に注意が必要なのにマスクが手に入らない。手持ちのマスク(洗えるマスク)はあとどう頑張っても10日しか持たない」と言い、「早く正規のルートで手に入るようになってほしい」と訴えていた。彼女も常備していたに違いない。だけど、私とは違い毎日必要としている。だから、常備していてもすぐに底をついてしまうのだと思う。そして、今のような状況になると買うことができない。

マスクは医療者が使用しているN95のようなものは別として、完全にウィルスを通さないというものではない。だけど、ステロイド剤を内服していたり、抗がん剤治療を受けている方など、易感染の方々にとっては必需品だと思う。中国の医療機関などには各地からマスクなどの支援物資が届けられている。もちろん、十分ではないのは知っている。だけど、一般の人の中にもマスクが必要なのにもかかわらず手に入らず感染の不安(コロナウィルスだけでなく)に怯えている人がたくさんいる。それなのに10倍もの値段で転売する人がいるとは。驚きや怒りを通り越し、何だか悲しくなってくる。自分や自分のまわりにはマスクが手に入らず困っている人はいないのだろうか。いなかったとしても想像はできるだろうに。悲しいことだ。

コロナウィルスが1日も早く終息することを願うばかりだ。

優れモノ

この間、ネットでミシン針専用の糸通し器の紹介記事を読んだ。手作りに関するホームページを開設している方のブログで。しかも同時期に二人の方が紹介していた。そして、その片方の方は動画も張り付けてあった。

 

私のミシンは40年ほど前に買い替えたもの。電子ミシンでもコンピューターミシンでもなくただの電動家庭用ジグザグミシンだ。当然、自動糸通し機能などない。

老眼が始まってからというもの、針に糸を通せないことはないけれど、思うように通らずにイライラしてしまうことがよくある。なのでこの記事を読んで動画を見たら「これは買うしかない」という気になってしまった。そのままネットで買おうかと思ったけれど、他のものも見たかったので先ずは手芸店へ見に行くことにした。で、メーカーは違ったけれど同じようなものがあったので買ってきた。 

f:id:emukobb:20200129135715j:plain

こんなに小さくても1000円近くする。

使い方は動画とほぼ同じで横に糸を渡し、縦の溝に針を添わせ上から下に動かす。針の位置に来ると細い針金が糸を押し、針に通るというわけだ。そして、私が買ったものは輪になって通った糸を先端のフックで引っ掛けて引き抜くようになっている。

 

 私が買ったものとは違うけれど動画を張り付けてみた。


ミシン針専用糸通し器【ナイス・スルー】の使い方

実際に使ってみたけれど、これはホント優れモノだ。ストレスなしに難なく通る。

マグカップを買った

夫がデイケアに行かない日の朝は早い。夫にはできるだけゆっくり寝ていてもらいたいので私だけ。

 

起きると、着替えを済ませ、ごみ出しのある日はごみ出しに行く。そして、やかんにいっぱいのお夜を沸かす。それは夫の身体拭き用と朝のお茶用と私の蒸しタオル洗顔用とコーヒー用。

 

コーヒーを淹れ、夫が起きるまでの時間を一人楽しむ。新聞を読み、PCを立ち上げ、購読しているブログをめぐり、夫が起きる時間によっては読みかけの本も読める。至福のひと時だ。なので、コーヒーはたっぷり欲しい。だけど我家のコーヒーカップもマグカップも私には小さすぎる。で、一杯では満足できず、2杯、3杯とお湯を沸かしては淹れていた。

 

物を増やしたくないと思うし、いくつもカップがあるのに買うのはもったいないとも思う。それなのに出先で陶器売り場があるとついつい見に行ってしまう。もうかなり前からだ。だけど、思うサイズのマグカップにめぐりあうことがなかった。

 

10日ほど前、普段は遠くて行かない大型スーパーに行った。そこの陶器売り場で大きなマグカップを見つけた。何の変哲もない真っ白なマグカップだ。「何だか100均にありそうなカップだなあ」と思いながらも手に取ってみた。すると、大きさの割に軽い。これなら一杯で満足できそうなサイズだ。何の変哲もない真っ白なマグカップだし、家にはいくつものカップがあるし・・・と、迷いに迷った。だけど、考えようによっては害はないし、そんなに高いものでもない。思い切って買うような額ではないけれど、私としてはかなり思い切って買ってきた。

それから毎朝、そのマグカップでコーヒーを飲んでいる。もちろん今朝も。 

f:id:emukobb:20200126070452j:plain

 測ってみたら普通に入れても300ml以上は入る。私は色気がないけれどこぼれそうなほどいっぱいいっぱい入れている。上の方にうっすら見える線のところまでだからたぶん350mlぐらいは入っていると思う。

今朝は夫が目覚めるまでに2時間半ぐらいあったのでこんな大きなカップでも2杯も飲んでしまった。

それで、今朝の朝食時には紅茶を飲んだ。紅茶も時々このマグカップで飲んでいるけれど、どちらかというと紅茶の方がずっと似合うような気がする。本当は備前焼のような渋いものの方が好きだけれど、これはこれで良かったと思う。きっと、買った時よりも徐々に徐々にお気に入り度が上がってきたのかもしれない。

夫の病院受診

夫は総合病院の脳神経外科と療養型病院の歯科、デイケアと隣接しているクリニックの整形外科に受診している。今はどれも症状が落ち着き、どこも3か月に1度の受診になった。それがすべて同じ月に集中し、今月がその月だった。

9日にデイケアを休んで脳外科受診、翌10日が午前中の訪問リハビリを終え、午後1番に歯科受診、昨日はデイケアにお迎えに行き、整形外科受診を終えた。

 

脳外科では受診前に採血があり、結果はすべて良好と言われ、次回は3か月後。歯科ではきれいにブラッシングができていると褒められ、次回は3か月後で良いと言われたけれど受診が重なるのはちょっと辛いので次回だけ2か月後にしてもらった。整形外科は脳外の血液検査の結果を伝え、内服続行で経過観察。整形外科だけは予約ではなく内服薬が終わる前の受診なのでデイケアの日にお迎えに行き受診をする。本当は、夫がデイケアにいる間に私が出向き、受診できるといいのだけれど、受診する場合は往復の送り迎えはダメだという。「なんで?」と思うけれど、法律的にダメだと言われれば仕方がない。今は車があるからいいけれど、車を手放したら片道はタクシーを使わなければならない。その場合、片道3500円ほどかかる。3か月に1度だからと言ってもこれでは車を手放すのも考えてしまう。

それでも、今の我家の最優先事項は夫の病院受診だ。極力、現状維持を続けられるように努力あるのみ。

とりあえず、疲れてしまったけれど、すべての受診を終えてホッとしている。

デジタル遺産

夫を自宅介護するようになって半年ぐらい経った頃、二人の生活は不自由であっても徐々に落ち着き、私は何かに飢えていた。それでか、長男が帰省した時に何かの話しのついでにフェイスブックに登録してくれた。当時はスマホではなかったのでPCの方で。電話は固定電話、メールも携帯のメールではなく、プロバイダーで登録しているものを使って。

 

フェイスブックには息子が時々投稿していたので遠く離れていても様子がよく分かった。私も元気に過ごしていることが伝わるようにと時々記事を書いた。だけど、親がしゃしゃり出るのはイヤで記事は読むだけで「いいね」をすることはなかった。私のフェイスブック上の友人は息子とそのパートナーだけだったので私の記事に「いいね」が付くこともなかった。

 

それから数年が経ち、ブログを始めた。それからはフェイスブックに記事を書くことはなくなったけれど、息子の記事を読んだり、地元の美術館や手作りサイトなど等、「いいね」を押した施設の投稿を読んだり今でも毎日チェックし楽しんでいる。

 

年末にガラケイからスマホに変えた。スマホにもフェイスブックのアプリが入っていたのでそちらでも見られるように登録することにした。PCの方では前述したように固定電話とプロバイダーのメールアドレスで登録していたので同じようにやろうとしたのだけれどうまくいかなかった。考えてみれば当然なのかもしれないけれど、電話はスマホの番号、メールはGメールでないとダメだった(アドレスは携帯会社のアドレスでもいいかもしれないけれど)。それでも、何とか登録を終えた。

すると、「知り合いかも」という表示が次々と出てきた。PCのほうでも出てはくるけれど、そちらではつながりになるものは友人として登録してある息子とそのパートナーだけ。だから、彼らの友人が共通の友人として「知り合いかも」と出てくるだけだった。ところがスマホで登録したら私の電話帳に登録してある人でフェイスブックをやっている人の名前が次々に出てきた。もう電話帳から削除した人までもが。その中には兄も弟もいた。弟はもう3年も前に亡くなったというのに。削除する人が誰もいないということはいつまでもそのままになるということなのだろう。金銭が絡むわけではないので良いのかもしれないけれど、これが世に言うデジタル遺産ということなのか。私は弟の名前を検索すれば顔を見ることができるのだから良いと言えば良いのだけれど、何だかとても複雑だ。本人が何年か開くこともなければ登録を抹消してくれるようなシステムになればいいのにと思いながら、ちょっと恐ろしくなった。