読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

夫の担当者がまた総入れ替えに

夫が脳出血で倒れてから6年半になる。

6か月の入院生活を経て、自宅での介護を始めてからは6年。もうすぐ7年目に入る。

その間、介護保険制度を利用しながら頑張ってきた。つもり。もちろん今も。退院してすぐから始めた訪問リハビリには特に助けられたと思っている。

 

それが、2015年の12月、昨年の5月と、倒れてからの約5年間を息子以上にかかわりを持ってくれた訪問リハビリの担当理学療法士さんが次々と変更になり、ケアマネも変わった。夫の担当者がすべて変更になり、なかなか人になじめない私としてはちょっと辛い時期だった。 

emukobb.hatenablog.com

emukobb.hatenablog.com

emukobb.hatenablog.com

それなのに、またもや担当者が総入れ替えになることになった。仕方がないことだと思いながらもこのところちょっと憂うつな気分で過ごしている。

 

訪問リハビリは今はある医療法人の病院から火・金・土の週3回来てもらっている。その医療法人の病院は他に2つのクリニックとグループになっている。そして、その一つのクリニックが我が家から一番近い。最近そのクリニックに訪問リハビリの部署新設されたので我家はそちらに移動してほしいとのことだ。今の病院から我が家までは早くても20分はかかるけれど、クリニックからだと5分かせいぜい7、8分で来ることができる。病院とクリニック間では人事交流もあるし、効率を考えれば仕方がないことだとは思う。思うけれど、正直な気持ちを言えば本当は変わりたくないし、とっても嫌なのだ。しかも変更先のクリニックは土曜日がお休みなので、今40分3回のところを60分2回にしてほしいというのだ。我家にとっては土曜日が空いてもしょうがないし、うれしくもない。

そうはいっても受け入れるしかないと思い、時間だけ希望を聞いてもらえるようにお願いした。 

ケアマネの方は市内にある他の事業所に転勤とのこと。こちらのほうも仕方がないと 思うしかない。

理学療法士さんからは利用者側の変わるメリットも説明は受けたけれど、今の気持ちはデメリットの方しか考えられないでいる。

まあ、リハビリの中止を申し渡されたわけではないのだから仕方がない。仕方がない、仕方がない、仕方がない。時間はかかるけれどそのうち慣れるだろう。

 

変更の話があったのが11日のこと。

その日から、これを書き始めたのにもう10日以上の月日が流れた。

 

暖かくなってからスズメとヒヨドリしか来なくなっていた庭に久しぶりに来てくれたこ。

f:id:emukobb:20170320100743j:plain

頑張れ!! ガンバレ!! がんばれ!! とでも言いに来てくれたのだろうか・・・

f:id:emukobb:20170320100713j:plain

地面をじっと見つめ、  何かいたのかしばらく地面を突いていた。

お腹が空いていただけのことなんだよね。それでもちょっとうれしい。

f:id:emukobb:20170320100739j:plain

 

誰も見る人もないところでひっそりと咲いている庭のやぶ椿。

11日に咲いているのを見つけた。

f:id:emukobb:20170311150333j:plain

花に慰められ、鳥に慰められしながら「前を向いて行くしかない」と自分自身に言い聞かせている。

そろそろ終わりに近づいた五色椿にも。

f:id:emukobb:20170320101023j:plain

大事な歯が・・・

2週間ぐらい前の日曜日、突然左下の奥歯が痛み出した。

舌で様子を見ると、ちょっとぐらついた。どうやら歯茎に炎症があるようで歯が浮いているような気がした。右下の奥歯もそうだったけれど、こうなるともうだめかもしれないと不安になってきた。

翌日、歯科医院に電話して受診予約をとろうと思ったけれど歯医者はどうも苦手だし、痛みが少し落ち着いたので様子を見てしまった。歯だけは絶対に良くなることがないから受診した方がいいのは分かっているのだけれど。

それからはいつも以上に丁寧な歯磨きに心がけ、やさしく歯茎のマッサージも続けていた。そうしたら痛みも、歯の浮いた感じもほとんどなくなり、少しだけぐらつきは残っていたけれど、柔らかいものなら噛める状態になった。

ところが、ところが、この間の月曜日、歯間ブラシで丁寧に磨いていると、歯の詰め物が取れてしまったのだ。こうなったらもう諦めて受診するしかない。

 そう思いながらも、どこの歯科に受診しようかと迷ってしまった。今までだったら悪くなった時に診ていただいていた歯科に何の迷いもなく受診していたと思うけれど、夫が受診している歯科が遠いけれどとっても気に入ってしまったからだ。

 

今までの歯科は歩いても行ける距離。そして、30年来受診しているけれど特に問題視するようなことは一度もなかった。もちろん悪い印象もない。だけど最近、息子さんが跡を継ぎ(大先生と二人診療になった)、診療所を立て直したばかりなので今の現状はよくわからないから不安。

夫が受診している歯科はちょっと遠いし、車でなければ便はかなり悪い。この年になるといつまで車に乗れるかわからないからいくら気に入っても長い目で考えると考えてしまうのだ。

 

そして、考えて、考えて、考えた結果、近い歯科医院に受診することに決めた。

そして、水曜日がその受診日だった。

私は分かっている大先生に診てもらえたのでちょっと安心したけれど、歯の方は最悪だった。

詰め物が取れた個所は次回に詰めてもらえることになったのだけれど、もう一か所小さくかけた個所があったし、左下の奥歯は予想していた通り、もうだめかもしれないとのことだった。その上、歯垢もたまり、歯周ポケットは深い箇所もあったのだ。

大事に大事にしていたにもかかわらず、受診結果にはかなりショックだった。まあ、だめかもしれないと言われた奥歯は私が「噛むことはできます」と言い切ったので、すぐに抜くことはせず、とりあえずは様子見になると思うけれど。

 

歯科受診するころ、庭の片隅に咲いているボケの花を見つけた。 

f:id:emukobb:20170305142033j:plain

大事な歯だからこそきちんと治療しないと・・・

かわいい花を見ていると穏やかな気持ちになってくる。

 

お雛さまのおかげで

木曜日のこと。

夫がデイケアに行く日なのに、水曜日の夕方から降り出した雨が降り続いていた。

車いすの夫にとって雨の日の外出は大変なこと。だけど、デイケアに行くときには送迎車の運転手さんと介護士さんが二人がかりで介助してくれるので助かっている。

 

それなのに、夫はお迎えの時間になってもトイレから出ることができず、私が送って行くことになった。3日間もお通じがなく、道中が心配で出られなかったのだと思う。我家からデイケアまでまっすぐに行けば10分か15分もあれば到着する距離だ。だけど、送迎車だと最初にお迎えの夫はそのあと何人もの利用者さんのお迎えに行ってからデイケアに行くことになる。そうすると多分倍の時間はかかる。その間、車で揺られるとトイレに行きたくなる可能性は高い。だけどデイケアに到着するまでトイレには行けない。

そんな心配が伝わってくるだけに送って行くのも仕方がないと思う。思いながらも「今日は行きたいところがあったのに・・・」と、心の中で呟き、送迎車に乗れなかったことに対し悪態を吐きまくってしまった。雨でなかったらそこまでは言わなかっただろうと思うけれど、収まりがつかなくなってしまった。

 

ため息を吐きながら、ふっと窓から庭に目をやると、かなり雨が降っているにもかかわらずツグミが来ていた。 

f:id:emukobb:20170302092246j:plain

まるで「私も雨でも来たんだから、気持ちよく送って行ってあげなさいよ」と言われているような気がしてきた。だけど、一旦イライラし始めたらそう簡単には収まらないのだ。どうせ送って行くのだから気持ちよく行ってあげればいいと思いながらも。

 

夫をデイケアまで送り、なかなか収まらない気持ちを引きずりながらの帰り道。行きたかったところにはもう行く気がしなくなっていたし、かといって買い物に行くには中途半端な時間だ。

気持ちのせいか、朝飲んだにもかかわらず、またコーヒーが飲みたくなった。家に戻ってから自分で入れようかとも思ったけれど、たまに行く喫茶店に寄ることにした。

 

その喫茶店は大通りから1本入ったところにある。雨のせいか、駐車場には車は1台もなく、店に入るとお客はやはり私ひとりだった。

 

ドアを開けると、すぐに目に飛び込んできた飾り棚のお雛さまに思わず「わ~、ステキ!!」と歓声を挙げてしまった。

壁面の飾り棚には一番上の段にお内裏さま、2段目には三人官女、三段目には五人囃子に右大臣、左大臣、仕丁と、見事なまでの7段飾りのお雛さまたち。そして、一番下の机の上には土雛、陶器のお雛さま、和紙のお雛さま等々、ぎっしり飾られていた。

 

今の時期、お雛さまをを展示してあるところはたくさんある。だけど、今年はどこにも行かなかったものだから思わぬところで出会えたお雛さまに感激だった。

私はお雛さまを正面から眺められる特等席に座り、堪能させていただいた。おかげでイライラしていた気持ちはいつの間にか消えていた。

お雛さまの威力はすごいものだった。その日は1日中 幸せな気分でいられたのだから。

もちろん、夫が帰宅してからも。

 

おまけ。

最近、かわいらしい囀りで楽しませてくれる子。カワラヒワかしら・・・

f:id:emukobb:20170304132023j:plain

お客さま

夫が倒れてもう6年が過ぎた。

言葉を失ってしまったにもかかわらず、今もなお元気だったころと変わりなく夫に会いに来てくれる友人が何人かいる。

今日はその中の一人、Kさんが来てくれた。

 

Kさんはお酒が大好きな人。年を取ったので最近では飲む量はかなり減ったようだけれど、それでも私の中ではかなりの呑兵衛だ。だから、甘いものは食べないと思い込んでいた。それが夫が倒れてからは遊びに来てくれる度にお団子やら大福やら夏にはアイスクリームを持ってきてくれる。だから最近ではイメージがだいぶ変わってきた。

 

今日も「いっしょにお団子食べよう!!」と、地元和菓子屋さんの草団子を持ってきてくれた。

f:id:emukobb:20170226133058j:plain

 食べてしまった後なので写真は一つしかないけれど、実際には一人二本づつ。 

 

私はお茶を入れるだけ。いただいた草団子を食べながら次から次へと会話が弾み、いつもながらとっても楽しいひと時を過ごすことができる。夫にとってはもちろんのことだけれど、私にとってもうれしいお客さまだ。 

 

 こちらは庭のキンカンを食べにくるお客さま。 

f:id:emukobb:20170224172602j:plain

去年はメジロもたくさん来たけれど、今年はみんな素通りして行ってしまう。

私としては、本当はメジロに来てほしいんだけどね。 

 

窓越しなので、1m足らずのところで見ている私に気づきもせず一心不乱に食べている。

f:id:emukobb:20170224172537j:plain

転がるキンカンを追いかけて、あっちを突き、こっちを突き・・・

f:id:emukobb:20170221140938j:plain

この子はまだ子どもだからやっぱりかわいい。 

 f:id:emukobb:20170221140943j:plain

「こんなお客さんも悪くはないよね」と言いながら、夫と二人楽しませてもらっている。

日曜日の午前中

日曜日の午前中。

外は冷たい風が吹いているけれど、お日さまの光が差している部屋の中はポカポカ だ。

窓際で夫は車いすに座ったままうとうと・・・

せっかくお茶を入れ、おやつもセットしたというのに、クラシックの名曲集をBGMに熟睡しているようだ。

家の前の公園も今日は人の声もしない静かな日曜日。

 

私はというと、新聞を読み終え、読みかけの本を読み、窓から庭を眺め・・・

いつもだったら庭に目をやれば小鳥たちの姿を見ることができるのだけれど、今日は冷たい風が吹き荒れているせいか鳴き声さえも聞こえない。

やることはたくさんあるのだけれど、のんびりと静かな日曜日の午前中を過ごしている。

 

昨日、来てくれた小鳥ちゃん。

f:id:emukobb:20170217113727j:plain

落ち葉の下の昆虫でも探しているのでしょうか。

写真はないけれど、昨日はシロハラも遊びに来ていた。

「今日も来ないかな・・・」と楽しみに待っているのだけれど・・・

散歩でバードウォッチング

毎年、裏のお宅の梅の花が咲き始めると我が家にもメジロがやってくる。

それが、この冬は昨年の12月ごろから家の前の公園にメジロがたくさんやってくるようになった。そして、いつも我家を素通りして裏のお宅の高い木まで飛んでいく。

 

数日前、裏のお宅の梅がやっと咲き始めた。そうしたら昨日、我家の五色椿の茂みで蜜を吸っているメジロを見つけた。だけど、私の立てるわずかな音にびっくりしたのかあっという間に飛んで行ってしまった。

今日も、洗濯物を干していると、きょろきょろしながら五色椿の蜜を吸っていた。急いでカメラを持ちに行き一枚パチリ。すると、すぐに飛んで行ってしまった。

f:id:emukobb:20170209093530j:plain

 

追いかけると、裏のお宅の高い木の上でひと鳴き。そして、またすぐに飛んで行った。

f:id:emukobb:20170209093748j:plain

 

今度は電線の上に。まるでストーカーのようだわね。

f:id:emukobb:20170209094356j:plain

10羽ぐらいの集団でいたけれど、みんな同じようなコースで飛んで行った。

 

今日は我家の辺りでも雪が降るかもしれないという天気予報。そして、空を見上げれば雨なのか雪なのか分からないけれど、今にも降りだしそうなお天気だった。

でも、買い物だけは行かないと・・・

そして、まだ降っていないのならば、予定通り、買い物の帰りに散歩を兼ねてバードウォッチングだ。

 

ここは市民館のある公園。両側が遊歩道になっている。

f:id:emukobb:20170209115221j:plain

歩け、歩け、歩け・・・

ツグミちゃん発見!!

f:id:emukobb:20170209113747j:plain

私が近づいても逃げもせず。

f:id:emukobb:20170209113831j:plain

あっち向いて、こっち向いて・・・

f:id:emukobb:20170209114004j:plain

何か見つけたの?

f:id:emukobb:20170209113912j:plain

おいしい木の実があったのか、しばらく突いていた。

 

今度はセグロセキレイだ。

f:id:emukobb:20170209114736j:plain

こっちではハクセキレイ

f:id:emukobb:20170209115928j:plain

この子たちは早い、早い、早い。徒競走なら断然一番だね。

 

椋ちゃんもたくさんいた。

f:id:emukobb:20170209115007j:plain

あなたはシロちゃんかな。

f:id:emukobb:20170209115738j:plain

もう少し暖かい日だったらベンチに座ってしばらく眺めていたいぐらいだけど、今日は冷たすぎる。そして、残念ながらここまで歩いたところで雨がパラパラ降り始めた。

 

今日はジョウビタキコゲラもいなかったけれど、それでも久しぶりに散歩もできたし、十分楽しめたということにしておこう。

明日の楽しみ

昨日、図書館で予約していた本が市民館に届いたという連絡が入った。なので、今日は市民館へその本を借りに行った。

 

市民館のところから東へ1キロほど遊歩道になった公園がある。この間行った時、そこでジョウビタキツグミに出会えたものだから、今日はカメラを持参し、遊歩道を歩きたいと思って出かけた。それなのに何か行事でもあったのか、2か所ある駐車場はどちらも満車だった。本を借りるだけなら数分あれば用が足りる。路駐もできないところではないけれど、それより数分のことならばと思い、一つだけ空いていた障害者用の駐車スペースに止めさせていただいた。だから、カメラはもたずに車から降り、速足で市民館に向かった。すると、数歩歩いたところに、まあ、まあ、まあ、かわいらしい子がいるではありませんか・・・

急いでカメラを持ちに戻り、パチリ。 

f:id:emukobb:20170208103636j:plain

もっとゆっくり見ていたかったけれど、車いす用の駐車場に止めさせてもらったのではゆっくりもできず、2枚だけ撮って市民館へ。

ほんの数分で戻った時には残念ながらもうそこにはいなかった。仕方がないので諦めて帰ろうと駐車場の入り口まで車を走らせると、またまたかわいい子ちゃんを発見。やっぱり諦めきれず、もうちょっと見ていたいと、2か所あるもう一方の駐車場の方に行ってみた。数分前に満車だったものがすぐに空くわけもなく、やっぱりそちらも満車だった。

市民館までは歩いても片道30分ぐらいの距離。「散歩しながら歩いて来ればよかった」と悔やまれたけれど、路駐して散歩する気にもなれず、今日は諦めることにして市民館を後にした。

 

月曜日・木曜日は食材の買い出しに出かける日だ。

明日は市民館の近くにある私が時々行くスーパーへ行こう。そして、今日は諦めたけれど、明日こそは遊歩道を散歩してこよう。かわいこちゃんたちに出会えることを楽しみにして。