えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

雨の日の受診

今日は夫の脳外科の受診日だった。

先週末から雨が降り続き、今週もずっと雨の予報。その上台風までも発生し、こちらに向かっているという。

この間も書いたけれど、車いすの夫と出かける時に一番困るのは雨なのだ。なので、先週からずっとテレビの週間天気予報を見てはため息を吐き、何となく気が重い毎日だった。例え雨が降ったとしても何とかなると思っているのに。

 

昨日は午後から曇り始めたけれど、午前中は久しぶりに晴れ間があった。

「明日がこのお天気だったらいいのに。お天気の神さまも意地が悪いなあ・・・」と、空を見上げては心の中で何度もつぶやいていた。

 

どう思っても今朝はやっぱり雨が降っていた。

普段は思い切りもあきらめも悪い方ではないのだけれど、今朝はちょっと空が明るくなると出かける時は止んでいるかも、また降り始めるともう少し待ってみようかと、いつまでもうじうじしてしまった。

 

結局は出かける時も帰る時も雨が降っていたけれど、雨合羽までは着なくても傘で対応できるぐらいの雨だった。病院の玄関前は軒が出てはいるけれど、そこは車いす対応の駐車場やタクシー乗り場、バス乗り場が占めていて一般の車が止まって乗り降りできるスペースは2台分ある程度だ。そしてそこは何台かが順番待ちしている。車いす対応の駐車スペースは6台分あるけれど、午前中は常に満車で一度も止められたことはない。それに止められたとしてもドア部分は軒にはかからないので濡れてしまう。だから濡れないためには待つしかない。待てば乗り降りの際に濡れることはないけれど、車いすを下したり、助手席のシートを回転させドアより外に出し、シートを下げ、夫を車いすに移動させ、濡れない位置に夫を移動させ待ってもらう。そして、またシートを元の位置に戻し、車を駐車場に移動させなければならない。そうすると次の人にそれまで待っていただくことになる。そんなことを考えると、仕方がないことだとは思いながらも心がとても重くなる。

 

今日はそうして受診した。診察結果は採血データーが一つ正常範囲を超えてしまったため薬が一つ増えてしまったけれど、それでも受診を終え家に戻ったらほっとして心が軽くなった。

 

私がまだ看護師として総合病院に勤務していたとき、雨の日に正面玄関の前に車いすに乗っている患者さんが来院されるとボランティアの方がすぐに近づき、患者さんや家族の方の手助けをしていた。夫が通う病院にもそんなボランティアの方がいたらいいのにと思う。本当に困ったとき、ほんの少しだけでいいから手助けしてくれる人がいるとすごくうれしいんだけど・・・

10月の楽しみ

毎年書いているような気がするけれど、10月には私の大好きな似顔絵イラストレーターの内藤勲さんの「似顔絵ッセイ展」が 蒲郡図書館の1階展示室で開催される。今年でもう23回目だ。

 

毎年12月末、新しいカレンダーを掛ける前に家族の誕生日や命日など絶対に忘れないようにとカレンダーに書いておく。その時、内藤さんの展覧会予定も書き込んでおくほどのファンなのだ。

 

内藤さんの似顔絵は地元のここにこ会館というところでも毎月テーマを変えて常設展示している。他にも喫茶店のギャラリーで展覧会を開催したりするけれど、似顔絵にエッセイが添えられているのはこの蒲郡図書館での展覧会だけだった。(2年まえから隣の豊川市にあるギャラリー喫茶で旧作の展覧会を年に一度開催するようになった)

 

内藤さんの似顔絵はとってもやさしい笑顔ばかり。だからエッセイがなくても好きなのだけれど、似顔絵に添えられたエッセイがまたいいのだ。だからとにかく大好きなのだ。

 

その展覧会が今年は1日から15日まで。例年、夫と見に行っていたのだけれど、最近の夫はあまり外出したがらなくなり、今年は行かないと言う。夫が行かないのなら夫がデイケアに出かけている間に行くことになる。図書館は月曜日が休みだから水曜日か木曜日。そのうち11日はふれあい音楽会だから行けない。私としてはできれば木曜日は遠出はしたくない。まあ、蒲郡図書館までは我家からだと車で1時間ぐらいの距離なのだけれど。

 

そんなわけで、やる気のスイッチがどうにも入らなかった4日の水曜日、力を振り絞って行ってきた。そんな日に行くことないかと思いながらも、その日を逃すと行けなくなるような気がしたから。 

f:id:emukobb:20171004153109j:plain

写真では読みにくいけれど、今年は以下の16点。

渡辺貞夫、マルク・シャガールポール・デルヴォー星野源東山魁夷アルフォンス・ミュシャ、本川達夫、安野光雅斎藤茂太、鎌田實、五木寛之伊福部昭武満徹、★イモトアヤコ、★西野カナ、★ショーン・ペン(★印の3人は昨年の展覧会来場者からのリクエスト)

毎年、ミュージシャンあり、画家あり、俳優あり、小説家、生物学者、医師・・・と、多分野で活躍されている方々の似顔絵ッセイで内藤さんの幅広い知識に感心してしまう。

f:id:emukobb:20171004153147j:plain

 だけど、今年はのっけから内藤さん自身がかなり落ち込んだという話。その日、やる気のスイッチが入らなかっただけでなく、私も訳もなく落ち込んでいたところだった。

そして、斎藤茂太さん、鎌田實さん、五木寛之さんの似顔絵ッセイがあり、読んだ本へとつながっていく。その3人の本は私も読んだ。当たり前のことばかりなのだけれどやっぱりそうなんだよなと思いながら自分の気持ちをコントロールしていく。内藤さんのエッセイを読み終えると私ももう一度読んでみようかと思い始めた。

 

内藤さんは以前、私が「エッセイがあるといい」と行った時、「その人への強い思いがないと書けないんだよね」と言われたけれど、今回はリクエストにも答えた作品が3点あった。リクエストをもらった後、エッセイを書くにあたり、内藤さんがそれまで知っている部分だけでなく、おそらく自分の中に潜在していた部分を掘り起こしたり、新たに観察したり、調べたりしたのだと思う。その人のいいところ、すばらしいところが引き出してある。もちろん笑顔だ。さすが、内藤さんだとますます好きになる。

 

片道1時間のドライブはちょっと疲れた。気分が沈んでいなければ友人を誘っていたかもしれないけれど、とてもそんな気にもなれず一人で出かけた。だから余計に疲れたのかもしれない。それでも似顔絵を見て、エッセイを読んでいる間だけは温かい気持ちになれたのだからやっぱり内藤さんはすごい人だと思う。

晴れ男と雨女

車いすの夫と出かける予定があるとき、何が心配かと言えばお天気とトイレだ。

トイレのことはさておき、お天気の方は1週間ぐらい前から天気予報を聞いては一喜一憂している。

どうしてもの用事でなければ雨の予報なら延期できるものは延期するし、延期できないものなら取りやめる。だけど、どうしてもの用事のときにはかなり前からお天気のことで頭の中がいっぱいになる。

 

昨日は夫の歯科の予約日だった。予約時間は午後1時30分。

天気予報では昼ごろから雨が降り、大雨のところもあるとか。

そして、朝からいつ降り出してもおかしくないような空模様。午前中は空ばかり見てため息をついていた。

 

実は夫は晴れ男。

いい加減なことだとわかってはいるけど、面白いからそういい続けている。

結婚した当時から晴れ男だと思うことがよくあった。例えば、ゴルフに行く日が雨の予報でも夫が「明日はゴルフだから雨が降らないでほしいなあ」というと帰宅するまで雨が降らなかったり。曇りの予報の時に野球の試合が組まれていて「今度は野球に行きたくないなあ」と言えば朝から雨が降り、試合が中止になるとか。倒れてからも、デイケアの日に大雨の予報が出ていても出かける時には降ってなくて、出かけてから大雨が降り、帰宅するときには止んでいたりと。歯科受診の時には1、2度降られたことがあるけれど、総合病院の脳外科受診の時はもう7年が過ぎたけれど雨に降られて困ったことは一度もない。

反対に、私はというと雨女。行事があるごとに雨が降る。夫がデイケアに出かける時には降っていない雨もそのあと私が出かける時になると大雨が降る・・・等など。

 

なので、昨日も歯科受診を終えて家に戻るまでひょっとしたら降らないかもしれないないなどという根拠のないかすかな期待をしていた。病院には入り口前には雨に濡れずに車の乗り降りができる屋根のあるスペースがあるのでせめて病院に着くまででもいいからと。

 

結果は、病院に着くまでは降ることがなく、着いた途端に降り出した。そして、帰りは久しぶりに本降り状態。帰りは車庫から玄関までが問題だけど、夫は車いす用のレインコートを、私もレインコートを着て対処。帰りに降られるのは車に乗るときさえ濡れなければ気持ち的には大丈夫。例え濡れたとしても着替えればいいだけだから。

 

今月はまだ総合病院の脳外科の予約がある。まだ再来週のことだけれど、今からお天気のことが気になって仕方がない。

今度こそ、夫には晴れ男としての威力を十分に発揮してもらわないと・・・

やる気のスイッチ

やらなきゃいけないこと、行かなきゃならないところが山ほどある。それなのに、どうにもやる気が起こらないときがある。

昨日はそんな日で、やる気のスイッチがどこかに隠れてしまったようでどうしてもスイッチが見つからなかった。それでも一か所だけは力を振り絞って出かけたけれど。

 

今日は昨日と打って変わり、朝からやる気のスイッチがいくつも入れられたようだった。で、久しぶりに庭仕事をした。

 

今日の予定はゴーヤを片付けること。そして、普段足を踏み入れないところに防草シートを敷くこと。時間があれば畑にしている部分の草取りをすること。

 

普段足を踏み入れないところというのは物置と裏のお宅のコンクリート塀の間と、離れとお隣の生垣の間。

この間、と言ってももうだいぶたってしまったけれど、そこを重点的に草取りをして防草シートを敷ける状態にしておいた。それなのになかなか敷けずにいたらまた草が生え始めてしまった。

今日はそこをもう一度きれいにするところから始め、物置と裏のお宅のコンクリート塀の間は防草シートを敷くことができた。離れとお隣の生垣の間は解体予定の小さな物置が置いてあるので完全にはできず、それでも3分の1ぐらいは敷くことができた。

f:id:emukobb:20171005161224j:plain

こんな感じ。

ここは幅1m、長さ8mぐらい。物置を取り壊してあと2枚ぐらい敷き詰める予定。

 

奥の部分と合わせると、トータルで2m×10mぐらいは敷いたと思う。止め金具が不足したのでレンガで抑えてある部分があるけど、たぶん飛ぶことはないと思う。見てくれは良くないけれど、これでそれだけの部分の草取りをしなくてもいいと思うとホッとする。

他にも予定通り、ゴーヤも片づけた。畑にしている部分の草もかなり取れた。

 

午前中目いっぱい庭にいて疲れてしまった。

だけど、裏のお宅からのこぼれ種で生えたコスモスがそんな私を癒してくれる。 

f:id:emukobb:20171004093001j:plain

大好きなコスモス。ステキだ・・・

f:id:emukobb:20171004092917j:plain

シュウメイギクも元気をくれる。

f:id:emukobb:20171004093034j:plain

そして、今日のごほうびは夕食の時に缶ビールを1本。(の予定)

音楽会のあと

先週の水曜日の続きです。

ふれあい音楽会が終わると、いつもだったら帰りの道中でランチを食べ、一緒に行った友人のお宅でおしゃべりをするのだけれど、今回は毎年楽しみにしている作品展が前日から喫茶店のギャラリーで始まっていたのでちょっと足を延ばしその喫茶店へ行くことにした。

 

楽しみにしていた作品展はこちら。 

f:id:emukobb:20170927201543j:plain

 この案内はがきの作品は着物地と帯地にリボン刺繍をしたタペストリー。

写真でも素晴らしいと思うけれど、実際の作品は言葉を失うほど見事だ。

 

2013年に偶然に出会った作品展。それから毎年伺うようになり、作品展が始まるのを楽しみにしている。 

emukobb.hatenablog.com

この作品展は展示だけで即売はしていない。

それもあって、純粋に作品を楽しめる。そして、その作品はどれも本当に素晴らしいものばかりだ。ただのリメイクではなく、リボン刺繍をあしらってあるもの、刺し子がしてあるもの・・・と、使わなくなった着物や帯が見事に新しいものに蘇っている。それに金子さんがいらっしゃると材料から作り方まで何でも惜しげなく教えてくださるのだ。だから金子さん自身のリメイクに対する心が伝わってきて私も作ってみたいという気持ちが湧いてくる。そして、リメイク作品を眺めているだけで何だか幸せな気持ちになってくる。だから、私にとっては数ある作品展の中で一番好きな作品展なのだ。

今回ももちろんステキな作品を見せていただき、幸せな気持ちをいただいてきた。 

 

(前回の記事でリボン刺繍もNHKの講座と書いてしまったけれど、リボン刺繍は校区市民館の講座の間違いでした)

あれから7年が過ぎた

2010年の9月28日、夫は脳出血で倒れた。

あれからもう7年が過ぎた。

いろんなことがありすぎて、正直当時のことを思い出すのは辛い。

 

7年前の今日を境に二人の生活は一変した。

どんなに望んでも、以前の生活に戻れるわけはないし・・・

望みを捨てたわけではないけれど、この先、今の状態から良き方に大きく変わることはないだろう。それでも、生きているということは前に進んでいるということ。

 

これから先年々年を取り、たとえ元気であっても不安は拭いきれないだろうけれど、これからどうなっていくのだろうかと行く末の不安が募る。

 

今日はとってもいいお天気だ。

なのに、朝から考えても仕方がないことばかりを考えてしまう。それでも、明日になればきっと今まで通りだ。前を向いて、自分にできることをやりながら一日一日を一生懸命生きていくことには変わりがないだろう。

ふれあい音楽会

昨日は楽しみにしていた「ふれあい音楽会」だった。

f:id:emukobb:20170927201438j:plain

「秋に奏でる癒しの音色・二胡」 ~ゆったりとした音色を楽しんでください~ 

ということで、二胡を中心としたピアノとチェロのトリオだった。

 

去年も二胡の演奏会があったけれど、去年とは違うメンバーだったので私たちにとっては初めて聴く演奏者たち。でも、ふれあい音楽会は3回目だそうだ。

 

音楽会は二部構成で、一部は少年時代から始まり、蘇州夜曲~夜来香、天上的風と続き、枯葉、津軽海峡冬景色と、いろんなジャンルの曲を楽しませてもらった。

f:id:emukobb:20170927201454j:plain

二部の始まりは「なおみコーナー」と題し、ピアノの即興演奏。

その日にお誕生日の人(お一人いらした)の名前を聞き、その方の名前を何度も曲の中に取り込んだ(そう聞こえるように)曲を即興で演奏した。

それがとにかくとってもすばらしかった。プレゼントされた方はもちろんだと思うけれど、一緒に聴いている私たち聴衆もみんな温かい気持ちに包まれ、思わず笑みがこぼれていた。

 

そしてラストは賽馬という曲。

私は二胡の生演奏は今回が二度目。テレビでも二胡だけでは聴いたことがなかったので初めて聴く曲だった。

これがまた震えるほどにすばらしく、馬が草原を勢いよく走っているさま、蹄の音、嘶く音まで聞こえてくるような二胡とチェロの演奏で 不覚にも涙が溢れてきたほどだった。

他の人たちも同じように感じたのか一斉に拍手が始まり、演奏が終わった時には鳴り止まないほどだった。

 

良かったら、違う人の演奏だけれどUチューブにあった賽馬の演奏を聴いてみてください。生で聴いたら何倍もすばらしいと思うけれど。

 

賽馬 WeiWei Wuu ウェイウェイ・ウー 二胡

 

アンコール曲は情熱大陸

どの曲ももちろんすばらしかったけれど、最後の2曲は 格別だった。

 

生の音楽はいつ聴いても心にも体にも響いてくる。だけど、昨日はトーク三河弁丸出しでとっても楽しかったし、いつまでも興奮が冷めやらず、最高に楽しい音楽会だった。