読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

義母の7回忌法要を営む

今日は義母の7回忌の法要を営んだ。

今まで法事の時にはお寺の本堂をお借りしていたのだけれど、今回は自宅で行ったので事前の準備が大変だった。それは自分の気持ちの持ちようなのかもしれないが。

 

仏具を磨き、仏壇をきれいに拭き、仏間は大掃除。事前にお墓にお花を供えに行き、仏壇にお花と供物を供え・・・

こうした当たり前のことも夫の状態を見ながらの行動なのできっと大変だと思ってしまうのだ。

 

たかがそれだけのことだけれど、掃除はきりがない。その上、年を取ったからなのか気が急いて、気が急いて、毎日法要のことが頭から離れなかった。あんなに楽しみにしていた26日の「ふれあい音楽会」でさえ、友人と約束してなければ止めたいぐらいだったのだから。でもまあ何とか整い、今日を迎えることができた。

 

今朝はまだ夫が寝ている間に外回りと玄関をきれいにし、庭をぐるりと回ってみた。

ちょうどヒメウツギが咲いているのを見つけ、小さな枝を切って玄関の花入れに入れてみた。

f:id:emukobb:20170430173211j:plain

写真が悪いけれど「なかなかいいじゃない・・・」と一人悦に入る。

 

アマドコロ(ナルコユリ)も咲いていた。

こちらは仏間の花入れに入れてみた。 

f:id:emukobb:20170430173324j:plain

この萩焼の花入れは夫の弟の旅行土産だ。今日お参りに来てくれた時にこれを見て喜んでくれた。

右の手ぬぐいは住職からお年賀でいただいたもの。美大を出られた住職のデザインだと思う。毎年、年始回りの際に干支の手ぬぐいを下さるのだ。で、私のお気に入り。

 

と、準備万端整え、今日は夫の姉夫婦、弟夫婦を迎え、無事に義母の7回忌の法要を務めることができた。久しぶりに兄弟が揃い、義母も喜んでくれたことだろう。

私もこれでやっと肩の荷が下り、ホッとした。

お尻に火がついて

この間さくらが咲き始めたと思ったらもう若葉になり、今度は藤が咲き始め、今まさに満開だ。

月日の経つのは本当に早い。

f:id:emukobb:20170423080115j:plain

今月末に法事を控え、片付けを始めていたけれど、草木が気になり庭仕事をしたり、諸々の用事があったりで思うように進んでいなかった。

 

 藤が咲き始めたら何だか急に焦ってきた。

f:id:emukobb:20170423080004j:plain

仏具は磨いた、仏壇もきれいにした。

でも、片付けを始めると「そこまではしなくてもいいんじゃない」というようなところまで手をつけてしまうのが私の悪い癖だ。

仏間は押入れの中の物や仏壇の横のスペースに入れてあったもので溢れ、どうしようもない状態になっていた。モノだけじゃなく、レースのカーテン、厚地のカーテン、仏壇の横に取り付けてあるアコーデオンカーテンの汚れも気になる。窓ガラスもサッシの汚れも気になる。

だけど、先週の月曜日は友人からお誘いの電話が入り出かけ、水曜日は美容院の予約だった。今週は月曜日は歯医者さんの予約で明日はふれあい音楽会だ。

こうなると焦って焦って、この間の日曜日にやっとおしりに火がついた。

仏間のレースのカーテンも厚地のカーテンも外して洗い、窓ガラスやサッシも掃除した。アコーデオンカーテンもきれいに拭き、物は離れの2階に移動させた。

夫のことで中断を余儀なくされることは多いけれど、それでも1日中動き回り、何とかあと少しのところまでたどり着いた。

 

夫が家にいる日は何もできないと思っていたけれど、実際には「やれなかったんじゃない やらなかったんだよな」という相田みつをさんの言葉が聞こえてくるようだった。

f:id:emukobb:20170423080021j:plain

下からも眺めてみる。

あと少しで気が済むところまでできたと思ったら少しだけ気分が落ち着いた。

怒ってはだめだと自分に言い聞かす

先週の金曜日から心配事や腹が立つことやイライラすることが続いていた。

それまでの自分なら何事もなく通り過ぎてきたような些細なことばかりだけれど、昨日は私の許容量を超えてしまいついに爆発してしまった。そして、言葉で反論もできない、私から逃げ出すこともできない夫に当たり散らしてしまったのだ。「なんてひどい人だ」と思うけれど、もうおさまりがつかなかった。

 

イライラの原因は夫のこともなかったわけではないけれど、それは私の側の問題で決して夫が悪いわけではなかった。腹立ちの原因を作った他人には怒りをぶつけることはできず、その矛先が夫に向いてしまったのだ。夫には申し訳ないことをしてしまった。ごめんなさい。

 

久しぶりに父の声が聞こえてきた。「怒っちゃだめだよ。自分の身体を傷つけるだけだから」と。そして「紙に書いて吐き出して、吐き出したらすぐに破ってしまいなさい」と。

 

父が来て 今日も教訓 置いて行く

以前にも書いたことがあるけれど、父がまだ元気だったころに詠んだ川柳(のようなもの)

 

まだ心配事が消えたわけでも、怒りの内容が解決したわけではないけれど、今日はもう気持ちは落ち着き、いつもの日常が戻った。

 

知らないうちに咲いていた庭のボタン。 

f:id:emukobb:20170421135249j:plain

これはおとなりのおじさんからいただいたもの。亡くなられてからもう20年近い。

 

こちらは一重のボタン。

f:id:emukobb:20170421135458j:plain

これは夫の祖父が大事にしていたものらしい。もう50年以上、ひょっとしたら100年近く我が家のことを見守っているのかも知れない。

今年もふれあい音楽会

年度が代わり、今年もふれあい音楽会が始まった。

4月から月2回、8月はお休みで12月は1回の全15回。今日が今年度の第一回目だった。

f:id:emukobb:20170412203512j:plainf:id:emukobb:20170412203523j:plain

 

例年、この時期さくらは散ってしまった後なのだけれど、今年は開花が遅かったせいで昨日の嵐のような風にも負けることなく、市民館前の公園のさくらはまだ満開だった。

f:id:emukobb:20170412154529j:plain

さくらの手前が音楽会用の駐車場になる。

近くから写すと山が映らないのだけれど、実際には山を背負っていてロケーションは抜群なのだ。

f:id:emukobb:20170412154641j:plain

この写真よりもっとよく山並みが見え、ほんとうにステキだと思う。

音楽会が始まる前に来る人来る人の口から歓声が上がるほどだ。

 

昨年も書いたけれど、前売り券は限定160枚で飲み物とお菓子が付いて400円だ。当日券は同じく400円だけれど飲み物だけ。そして、昨年までは来た人は全員入場させてくれたのだけれど、280名を超えた回があり椅子もスリッパも不足したそうだ。それで、今年からは前売り券はやはり限定160枚だけれど、当日券は80枚で合計で240名までとなった。

そのことは市の広報にも書いてあったのだけれど、知らずに来た人もいて、今日はそういう人たちも入れてもらえたようで実際には257名だったらしい。私なんかはそういう話を聞くと「そこがこの音楽会の温かくていいとことだ」と思ってしまう。

 

今日は「EAST MEETS WEST LIVE!」~琴とピアノで綴るやさしい音楽~ 

春のJ-POP、~春よ来い・さくら・春一番~ ほか

プログラムは車の中に置いてきてしまったので予定表の赤く囲ったところ。

 

お琴とJ-POPって案外合うと思う。ユーミンの「春よ来い」なんてとっても良かった。もちろん、クラシックあり、ジャズありで、どの曲もすばらしかったのだけれど。私も友人も久しぶりの音楽会に大いに興奮し、楽しませてもらった。

 

そして、今日のお菓子は桜もち。

お菓子もおいしかったし、音楽も心にビンビン響いてきたし、さくらもすてきだった。

 

帰り、駐車場からの出口の辺りのさくらトンネル。

f:id:emukobb:20170412154426j:plain

これだもの。今日も一日良い日だった。

毎日お花見

今年は桜の開花が例年よりかなり遅く、我家の前の公園では1週間前にやっと2、3輪咲き始めたばかりだ。

それでも咲き始めるとどんどん咲きだし、あっという間に見頃になった。

それなのに水曜日は雨。木曜日も一時雨。金曜日、土曜日は一日中雨が降り、日曜日は10時ごろには上がったもののお天気は良くはなかった。

 

それでも毎日 窓から眺めては楽しんでいる。

確か、金曜日は5分咲きぐらいだったと思う。

 

土曜日。

車いすの夫目線で部屋の中から写真を撮ってみた。

f:id:emukobb:20170408134215j:plain

見た目には満開のように見えるけれどまだ8分咲きぐらい。 

 

日曜日。

10時ごろには雨は上がったけれど、一日中曇り空。

今度は私目線で撮ってみた。

f:id:emukobb:20170409135356j:plain

満開だ。

 

雨は上がっていたので夫がお昼寝中に桜の下で撮ってみた。

f:id:emukobb:20170409145101j:plain

本当に満開だ。

 

今朝、夫がデイケアに出かける前に二人でお花見。

f:id:emukobb:20170410124801j:plain

満開でまだ蕾もあるけれど、もう花吹雪が舞い始めていた。

 

夫がデイケアに出かけている間に兄のところに行ってきた。

道中では向山公園のさくらも、アイプラザ前のさくらも、運動公園のさくらも、どこのさくらも満開で、兄の家の庭のさくらも満開だった。

運転しながらの花見だったので写真はないけれど、規模が違う道中のさくらはそれはそれは見事で感動ものだった。

それでも、部屋に居ながらにして毎日楽しませてくれる我が家の前の公園のさくらが一番だ。

毎日これだもの。

f:id:emukobb:20170409135410j:plain

人間が小さくてやさしくないのかも

確か、先月28日に名古屋で桜が開花したとテレビの天気予報で言っていた。

その時、我が家の前の公園のさくらはまだ固い蕾のままで色づいてもいなかった。

31日の金曜日、NHK のアサイチで日比谷公園(だったと思う)のさくらは5分咲きだと言っていた。その時にも我が家の前の公園のさくらは固い蕾のままだった。

 

昨日は外に出なかったけれど、窓から眺めるといくつかのつぼみが少しピンクに色づいているのが見えた。

 

今日は夫はデイケア日だ。いつもだったらお迎えに来てくれるまで玄関で待っているのだけれど、今日は「さくらを見に行かない」と夫を誘ってみた。

 

我家は南面と西面に道路がある角地だ。正面は南面だけれどそちらには10段ぐらいの階段がある。だから目の前の公園とはいえ、西北から出てぐるっと回らなければならない。デイケアの送迎車は西側道路に止めてもらうようにしているので早めに外に出て公園まで行ってみた。すると、まだ2輪ぐらいだったけれど咲いていた。

夫は「おう、おう」と咲いている花を指をさし顔をほころばせた。少しの時間しか見ていられなかったけれど「見に行って良かった」と思える瞬間だった。

 

これは昼ごろ撮ったもの。

f:id:emukobb:20170403130844j:plain

暖かかったから一気に咲き始めた。

f:id:emukobb:20170403130901j:plain

 

夫がデイケアに出かけると、先ずは庭を一回り。

庭のゆすら梅の方は知らないうちに満開だ。

f:id:emukobb:20170403131219j:plain

庭を一回りした後は予定通り草取りに取り掛かった。

 

昨日、よんばばさんが絵本作家の甲斐信枝さんを追ったドキュメンタリーのことを紹介されていた。

yonnbaba.hatenablog.com

私も昨年、夫の友人からこの番組のことを聞き、見たかったと思っていたのだ。

そして日曜日、夫がお昼寝をしたので録画番組を見ようとテレビを付けるとこの番組を放送していた。ただ残念なことにもう終了間近だったようで少ししか見られなかった。

 

そんな番組を見たり、聞いたりした後の草取りは何だか悪いことでもしているみたいな気になってくる。

私だって、野原で見る草花には愛情が持てるし、ステキだともかわいいとも好きだとも思う。だけど、庭の草には閉口してしまうのだ。 

 

 すみれは私に抜かれることもなくかわいい花を咲かせている。

f:id:emukobb:20170403130953j:plain

 

カラスノエンドウだって負けず劣らずかわいい花だと思う。思うけれど・・・

f:id:emukobb:20170403131035j:plain

 

これはノゲシ

f:id:emukobb:20170403131308j:plain

甲斐信枝さんのお気に入りの花だ。

だけど、私は親の仇でも取るかのように片っ端から引っこ抜いてしまう。

 

この子はだあれ?  オニタビラコ? 

f:id:emukobb:20170403131325j:plain

 悪いけれど、あなたも引っこ抜かれる身なのです。

 

写真が悪いけれどカタバミ。日曜日に降った雨のおかげできれいに抜ける。

f:id:emukobb:20170403132716j:plain

 

ぺんぺん草だ。

f:id:emukobb:20170403131100j:plain

 正式にはナズナだけれど、子どものころは摘み取ってくるくる回し「ペンペン・・・」といわせながら遊んだものだ。だけど、畑いっぱいに増えて増えて・・・

私としてはかなり困っている。

 

これはハコベかしら・・・

f:id:emukobb:20170403131502j:plain

他にもホトケノザ、ジシバリ、ノミノツヅリ、オランダミミナグサ、センダイグサ・・・知らない草花もいっぱい生えている。

どの花もみんなかわいい花を咲かせるのだけれどやっぱり我が家の庭には欲しくない草花なのだ。

 

甲斐信枝さんだけでなく、画家の熊谷守一さんも草花の中に身を委ね、愛情たっぷりの目で足元の小宇宙を楽しんでいた。そして、お二人とも素晴らしい絵を描かれている。

それに比べ、なんともやさしくないわたし。

花は山 人は里

やはり野に置け蓮華草 これはちょっと意味が違うか・・・

片付けは大変なこと

今月末に義母の7回忌を予定している。

息子たちが正月に帰省した時、5月の連休中に行うつもりでいることを話しておいた。今年は嫁のお父さんの3回忌でもあり、5月4日に法事を行うとのことだった。息子たちには小学生の孫がいるので帰省はたぶん5月3日。4日が法事で、帰るのはおそらく6日だとすると、義母の法事は5日しかない。

 そう思って1月の下旬に義弟に伝えると、その日はもう予定が組まれていた。義母の法事だから義姉と義弟の都合を優先させることにし、今月末に日にちを変更した。まあ、孫である我家の息子たちは帰省した時にお参りすればいいことだから。

 

今まで法事はお寺の本堂をお借りして行っていた。でも、息子たちがいないとなると、お寺では私がお花やお線香やお供物を持ち、車いすの夫と出かけるのは大変だ。それに雨の心配や夫のトイレの心配もしなくてはならない。「息子たちがいれば何とかなるのに・・・」と思いながらも、仕方がないので結局自宅で行うことにした。もちろん、義姉や義弟だって頼めば手助けをしてくれることは分かっているけれど。

 

我家の仏間は仏壇のスペースを除くと6畳しかない。そして、そこには一面に丈の低い整理棚が置いてあり、中には本がぎっしり入っている。そして、その上には夫が使っていた書類ボックスが並び、そのまた上には建築模型や小物が置いてある。夫の書類ボックスの中身は仕事をしていた頃のまま。廃業してもう5年以上経つのだから図面も書類もすべて破棄しても問題ないのだけれど、未だ手が付けられずにいる。

 

法事に来てもらうのは義姉夫婦と義弟夫婦だけ。お寺のご住職と私たち二人を合わせても7人だ。とはいえ、6畳に7人ではいっぱいいっぱい。しかも車いすの夫に膝の調子が悪くて正座ができない私。自分だけ椅子というわけにもいかないので椅子を6脚並べることになる。そうすると、仏間に置いてある家具をすべて片付けたい。

 

仏間を片付けるにあたり、離れに置き場所を作る必要がある。離れに置き場所を作るには物置を片付け、そちらにものを移動させなければならない。

 

我家の物置はたぶん10畳ぐらいはあると思う。その半分はたたきで残り半分には床が貼ってある。夫が元気だったころにはきちんと片付けられていたのだけど、今やそこにはそうやって押しやられたモノたちで溢れ、足の踏み場もない状態になっている。そこを片付けるのにはきっかけと勢いが必要だ。とはいえ、かなりの物を処分しないときれいにはなりそうもない。それに使えるものは処分できないし、重いものはもう自分一人では動かすことさえもできない。

 

ここまでごちゃごちゃと書いたけれど、法事というきっかけがあったのでこの間の木曜日に勢いをつけて物置の片付けをした。

 

自転車、脚立3個、投光器、一輪車2台、段ボール箱はいくつぐらいあっただろうか。それらをまず外に出し、横に束ねてある木材をきちんと整理し、園芸用品を整理、奥に捏ねていた不用品をゴミ出しできるようにビニール袋に分けて入れ直し・・・

「どうしてこんなにモノがあるんだろう・・・」と半分イライラしながら午前中3時間ほど格闘した。午後からは買い物にも行かなければならないので片付けは1時間半ぐらい、出したものをもとに戻すのに30分ぐらい、合計すると午後からも2時間ぐらいはやっていたと思う。最後はもうくたくたに疲れ果ててしまった。

 

夫が家にいる日は掃除、洗濯、3度の食事の準備と片付けぐらいの最低限の家事しかしていない。夫の身体拭きや洗面、洗髪などの清潔行為やトイレ介助は別として。あとは夫の傍にいるか、気配を感じるところでだらだらと過ごしている。

でも、夫がデイケアの日には大体の場合、これでもか、これでもか、というぐらいフル回転で動き回っている。それでもこれほど疲れたの本当に久しぶりのことだった。

 

こちらも片づけなくていけない畑のタアサイ。

f:id:emukobb:20170330171228j:plain

放っておいたのでの菜の花が咲いた。

 

イライラしても水仙やスズラン水仙が癒してくれる。

f:id:emukobb:20170330171440j:plain

赤いボケはもう終わりだけど、やっと咲き始めたピンクのボケの花。

f:id:emukobb:20170330171258j:plain

いつの間にか咲いていたハナニラ

f:id:emukobb:20170330171804j:plain

もうぼちぼちお終いの侘助のようなピンクの椿。

f:id:emukobb:20170330171320j:plain

公園から聴こえてくる鶯のさえずりを聞き、こうした花を眺めながらきっと明日も片づけに勤しむことになりそうだ。

予定としては午前中1時間は草を取り、2時間を片付けに充てる。午後からは片付けに1時間、買い物に1時間、草取りも1時間、そして夕食の準備をしてデイケアから帰宅する夫を待つことにする。

予定は未定ではあるけれど、自分でやらなくっちゃ誰もやってはくれないのだから法事までには頑張って何とか仏間まで片付けたいと思っている。