読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

ご機嫌が悪い時

日々のこと

昨日、夫の姉が来てくれたと思ったら、今日は弟が来てくれました。

「はい、これ・・・」と農家で買ってきた桃を手土産に。

弟は「勘助桃の出荷が始まった」という新聞記事を読んで買いに行ったみたい。だけど勘助桃はまだ無かったからと、違う種類の桃を買ってきてくれました。

f:id:emukobb:20090712194804j:plain

これも何年か前に夫が描いたもの。「脳年齢・・・ テストするぞ」なんて失礼なことが書いてあるので、きっと弟に描いたものだったのでしょうね。

えむこも昨日、夕方のテレビニュースで「勘助桃の出荷が始まった」と出荷作業のようすを観たばかりでした。

 

勘助桃というのは愛知県で発見された甘くて果汁たっぷりの桃の種類。戦国時代の武将で、武田信玄の軍師と言われた山本勘助がこの地の出身であることから名づけられた桃なのです。

そして、この桃が出始めると、弟は毎年生産農家から我家の分も買ってきてくれるのです。

f:id:emukobb:20130706213627j:plain

これも以前夫が描いたもの。この桃、ホントおいしいのですよ。

 

弟は仕事が忙しいので、我家に来るのは1、2カ月に1度ぐらい。でも、歩いて5分ぐらいのところに住んでいるので、私たちが散歩の途中で寄らせてもらう方が多いのです。

それでも、こうして季節の物を持っては、夫の顔を見に来てくれるのです。ありがたいですね。それに夫は誰よりも弟と会えるのが嬉しいみたいだから、えむことしても嬉しいのです。だけど、えむこは今日もお茶を出し、しゃべれなくなった夫の代わりに近況報告をするだけですけど。

でもね。今日は夫のご機嫌が途中からすごく悪くなって大変でした。

えむこには原因は分かっているのですよ。弟が悪いわけでも、他に原因があるわけでもなく、ただただお腹が空いただけだってことを・・・

弟が来てくれるのはいつも17時頃。最近の我家の夕食は17時から17時30分ぐらいだから、丁度お腹が空く時間なのです。倒れる前には早くても19時。遅ければ21時頃だったのに。

何だか弟に悪いぐらいの機嫌の悪さでした。若い時から滅多に怒らない人だったけれど、お腹が空いた時には機嫌が悪くなることがあるのです。まあ、えむこは重々承知しているから、どうってことはないのですが。

 

弟が帰ってから急いで夕食の準備。それでも18時前には食べ始めました。食べ終えた後には案の定、夫のご機嫌はすごく良くなっているのです。

そうなると、今度はえむこの逆襲が始まります。満腹になると夫は何を言われても怒らないと分かっているからね。

口汚い言葉で「腹が減ったぐらいで・・・」とか「せっかく来てくれたのに感じが悪い男だ」とか、バカだのチョンだの、腹が立つだの、頭にくるだの・・・ 言えないぐらいの暴言を浴びせてしまいました。でも、夫は怒ることなくニコニコ笑っているのです。

えむこと夫は同級生。だから、倒れる前からいつも言いたい放題。もちろん、お互いに暴力なんてことは一度もありませんよ。それどころか、夫の方はえむこにひどいことは言いません。えむこだって限界は分かっているからタイミングを見計らって、夫が怒る前には止めていますけれど。それに、今の状況でひどい言葉を浴びせたら、えむこが虐待していると思われそうだから、思うほどひどいことは言ってないつもりです。

 

兄弟といえども、せっかく来てくれたのに機嫌が悪い顔をされたらイヤですよね。えむこも弟に申し訳ない気がしています。

えむこは夫の態度によっては機嫌を見ながら10倍返し、100倍返し、それどころか1000倍返しなんてこともできるけれど、弟はそんなことできないだろうし、目の前でされたらえむこの方が辛いかも。

今日ぐらい機嫌が悪い態度をとると、友人ならば「それで終わり」なんてこともあるかもしれません。でも、夫と弟の関係ならば「きっと大丈夫だろう」と安心して見守ってはいるのです。