読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

ふれあい音楽会⑤⑥

先週の水曜日は6回目のふれあい音楽会だった。

その前、6月8日に開催された5回目の音楽会も聴きには行ったのだけれど、パソコンの調子が悪かったので書けずに日にちが過ぎてしまった。

 

今年5回目、通算でいうと175回目の音楽会は「映画音楽で世界旅行Ⅳ」

~ギター・ピアノ・二胡が織りなす音の万華鏡~ というものだった。

f:id:emukobb:20160608220645j:plain

Ⅳとあるのは、このグループがふれあい音楽会に出演するのが4回目だということだと思う。

今回は演奏者のトークは少しだけで、旅行業インストラクターのナレーション付き。プログラムのプロフィールによると、「航空会社の空港勤務で培った経験を生かして、空の旅をナビゲートします」とあるように、音楽会を空の旅に見立て、なかなかのナビゲートだった。

f:id:emukobb:20160608220706j:plain

私は二胡を生で聴くのは初めてだった。ギターもそうだけれど、弦楽器の音色はやわらかくて好きだ。だけど、今回はピアノがものすごくよかったと思う。ショパンのバラード第一番(戦場のピアニスト)は見事だった。まあ、私は専門家でもなければ音楽に造詣が深いわけではないけれど。それでも素晴らしい演奏だと感じたことだけは確かだ。

 

先週の音楽会は「ViolinとPianoのハーモニーにのせて」 

~Violinソナタを中心に~ というもの。

f:id:emukobb:20160626111523j:plain

この日は雨こそ降っていなかったけれど、湿度が高くムシムシした曇り空。

場所はエアコンのない体育館のような市民館の施設だ。窓を少し開け、会場には扇風機が何台か設置されていた。だけど、譜面台が置いてあるほうに扇風機を向けるわけにもいかず、演奏者にとっては気の毒なほど最悪の環境だったような気がした。

それでも、バイオリンもピアノも素晴らしかった。

f:id:emukobb:20160626111540j:plain

今までの音楽会とは違い、クラシックの長い曲を立て続けに演奏し、トークはほんの少しだけ。ふれあい音楽会だからもちろん「みんなで歌いましょう!!」というコーナーはあったけれど。

今回は特に、空調も音響効果もいいコンサートホールで、クッションのいい椅子に座り、ゆったりと聴きたいと思うような本当にすばらしい演奏だった。