読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

1日1つでいいのです

ゴールデンウィークがあったから、今日は1週間ぶりの訪問リハビリでした。

訪問リハビリの日はえむこの掃除の日でもあるのです。人の訪問があるということは、分かっていることならきれいにしておきたいと思うものなのです。

先週の火曜日に訪問リハビリがあって以来、誰の訪問予定もなかったから、いい加減な掃除しかしていませんでした。

一応、掃除はしていたのですよ。物を定位置に置き直すとか、汚い部分を箒で掃くとか、ウェットシートで拭くぐらいのことはね。

でも、ベッドの下には埃がいっぱいでした。だから今日はいつもより念入りに掃除機をかけました。

それに、今日は夫の母の命日だから、おそらく夫の姉も来るだろうと思い、仏間にも丁寧に掃除機をかけ、仏壇のお花も庭のシバの木と芍薬を切って供えました。

何だか、それだけしただけでも今日1日の仕事を終えたような気分になるものです。

 

訪問リハビリは2回もお休みがあると、やっぱり少し後退したような気がします。

PTは「それでも良く歩けましたよ」と言ってくれたけれど、最後の頃になってやっといつものペースがつかめた感じだったのです。夫は不本意な感じ。えむこも「連休中にもっと自主リハをすればよかった・・・」と反省してしまいました。

1週間ぶりに頑張った夫はぐったりと疲れた様子。昼食を食べたらすぐにお昼寝に突入してしまいました。

えむこは「今日は訪問リハビリがあったからまいいか・・・」と思い、他に何かしようと思うことはありませんでした。

高次脳機能障害の夫のためには、もっともっといろんなことを一緒にしたり、行ったりした方がいいとは思っているのですが・・・

 

夕方、予想通り夫の姉が母の命日だからとお参りに来てくれました。夫はずっとお昼寝をしていたけれど、えむこは仏間も、仏様のお花も「きれいにしておいて良かった」と思いました。

 

欲をかいてもきりがないから・・・

えむこは1日に1つでも「何かができた」とか「何かをやった」思えることがあったら良しと思いたいのです。

だから、今日は夫は訪問リハビリを頑張った。えむこは掃除を頑張った。それだけで十分なのだと思うのです。