読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

焦らずに少しづつ・・・

リハビリ

今日は夫の訪問リハビリでした。

リハビリに限らず、何かしら訓練をする時には「3歩進んで2歩下がる・・・」ということがあるのは分かっているけれど、このところの夫は2歩も3歩も、ひょっとしたらそれ以上下がっているような気がするのです。ベッドに横になる動作、ベッドから起き上がる動作、立ち上がりの動作、車いすに移動する動作、歩行訓練のどれもがね。日常のトイレ介助ですら、後退していると思う時があるのです。

PTのYさんは「いろんな時があるけど、少しづつ頑張りましょうね」と夫に優しく声をかけてくれました。

夫は多分、夫なりに一生懸命頑張っているのだと思います。だから「頑張れ! 頑張れ!!」と言うのは気の毒な気がしてしまうけれど、えむこの内心は穏やかではありません。

どうしても「今頑張らないと・・・」と思ってしまうのです。夫はデイケアでは若い方だけど、もう初老の域。今後、年を重ねる毎に後退してしまいそうな気がするからね。

リハビリが終わり、昼食を食べたら夫はいつものようにお昼寝です。

えむこは夫が増々後退していくような不安を拭い去れず、草取りでもしようと庭に出ました。草取りでもすれば心が落着くような気がしたから・・・

それで庭に出ると、

畑の茗荷がこんなに大きくなっていました。

食べられるようになるにはまだ時間がかかりそうだけど。

f:id:emukobb:20130520162307j:plain

その前にはユスラウメ。こんなに実をつけて赤らんでいました。食べるわけではないけど、この時期、鳥も食べに来ないのですよ。

 f:id:emukobb:20130520162331j:plain

アヤメは南の庭、北庭、東の庭とあちこちで咲いています。白い菖蒲はもう咲き終わった後でした。

f:id:emukobb:20130520162423j:plain

見上げれば、花ザクロが・・・

f:id:emukobb:20130520162351j:plain

これは花ザクロだから実はなりません。えむこはどちらかというと、実のなるザクロの方が好きなんだけどね。

f:id:emukobb:20130521132246j:plain

入口近くにはサツキの花。今が一番いいところでしょうか。まだまだ蕾がいっぱいです。

f:id:emukobb:20130521132430j:plain

隅っこにはヒメヒオウギ。コンクリートの境目でも負けることなく花を咲かせています。

f:id:emukobb:20130521132340j:plain

北庭には鉢植えのセッコク。ほったらかしなのに・・・

それでも毎年きれいな花を咲かせてくれるのです。

f:id:emukobb:20130521175339j:plain 

アジサイもあちこちに植えてあるけど蕾もまだの状態。でも、額アジサイはこんな感じ。いつ頃咲くのかな・・・

f:id:emukobb:20130521132151j:plain

他にもテッセンや紫蘭等など・・・

ちょっとだけ草取りをして、後は花を見ながらゆっくり庭を回っていました。そうしたら、いつの間にか焦る気持ちは落着いてきたのです。焦ったって仕方がないものね。

花はその時期には必ず花を咲かせてくれるもの。夫にも良くなる時期があるのかもしれないから・・・

えむこが焦ってはいけない。そして、えむこが諦めてもいけない。少しづつでも前に進めるようにえむこ自身が頑張らなくてはと思うのです。