読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

ホタルを見に

我家の近くには朝倉川が流れています。

朝倉川は弓張山地に水源をもち、豊橋市の東部市街地を西方に流れる一級河川です。延長は8.63Kmあり、上流は豊川につながっています。

その朝倉川沿いにはホタルを見ることができるスポットが何か所かあるのですよ。

我家から歩いて5分、10分で行ける所でもホタルを見ることができるのです。5分、10分と書いたのは我家側の川辺なら5分。橋を渡って対岸までなら10分ということです。

対岸の近くにはビオトープがあって、そこにはたくさんのホタルが飛び交っています。夫が倒れる前は「ホタルが舞っている」と聞けば、いつもそこへ見に行っていました。

でも、ホタルが舞い始めるのは暗くなってから。それにビオトープ周りの歩道は狭く、車いすではちょっと心配。だから、今では行くことはなくなりました。

狭いから道の脇の木々に止まっているホタルを間近で眺めたり、手で触れられるところが良かったんだけどね。

今年もこの間からホタルが舞っているという情報が入ってきました。でも「暗くなってから出かけるのは無理かな・・・」と諦めるつもりでいました。

 

我家からもっと下流に行った所には夫の友人の家があります。その川沿いには我家の近くなんて問題にならないぐらいたくさんのホタルがいると聞いていました。そこまでは車で5分ぐらい。そして、車の中からでも少しなら見ることができるところです。

実は、去年もJ子さんからの情報でそこまで見に行ってきたのです。その時は小雨が降り始めたので車から降りられず、車の中から見たのです。

それで、今年も友人の家の近くまで見に行くことにしました。

友人の家の近くでは橋の上から見ることができます。行くと、懐中電灯を持った人たちがぞろぞろいるのです。

えむこがまず車から降りて、ホタルが飛んでいるか確認しました。すると、ものすごい数のホタルが飛び交っていたのです。それで、夫も車から降りて見ることにしました。

ホタルってすごく幻想的でステキですよね。写真にとれないのが残念ですが・・・

友人の家は橋のすぐ横なので、十分堪能してから、寄ってみました。友人はすごく喜んでくれ、奥さんと一緒に外に出てホタルを捕まえ夫の手の上に乗せてくれました。ここもそれぐらい近くまで飛んできたのです。 

f:id:emukobb:20130608203135j:plain

写真では分からないけど、光っているのですよ。

何分ぐらいだったでしょうか? 結構長い時間、夫の手のひらに止まっていました。夫は「おー! おー!! おー!!」と子どものように大喜びです。

 

ホタルを楽しみ、友人ご夫婦としばらく話したあと、家に戻りました。すると、玄関のドアノブにビニール袋が2袋掛けてあり、中には葉っぱ付きのビワと杏が入っていました。

f:id:emukobb:20130608211102j:plain

見ただけでご近所のSちゃんが持って来てくれた物だと分かりました。電話をしてみると、やっぱりそうでした。

夫はこれにも大喜びです。

いつもだったらとっくに寝ている時間だったけど「思い切って見に行ってホントに良かった・・・」と思いました。