読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

車いすの旅

この間J子さんと会った時、「永六輔さんが車いすで出かけた旅番組の放送があるみたいよ」と教えてくれました。

その時、詳しいことは分からなかったので、家に帰ってネットで調べると、7月21日(日)放送の「遠くへ行きたい」という番組だと分かりました。

永さんは現在80歳。パーキンソン病や前立腺がん、転倒して骨折などで、今は車いすを使ってみえます。車いす生活になる前の永さんは、1年のほとんどを旅していたほどの旅好きだったといつもラジオで話しています。

そんな永さんも「もう旅番組は無理だろう」と思っていたそうです。でも、担当プロデューサーの「車いすに乗った人だからこそできる旅番組があるのでは・・・」の一言に背中を押され「車いす生活を送る多くの人のために出よう」と決心されたと言います。

J子さんから聞いたのは、確か7月8日。まだ録画予約ができなかったので、1週間前の14日に録画予約をするようにカレンダーに書き込みました。

番組の撮影だから、新幹線に乗る時にも降りる時にも、多分大勢のスタッフがいると思います。旅先を回る時にももちろんのこと。そして、入念に計画が立ててあるでしょう。それに永さんは夫のような片マヒでも失語症でもないので我家の場合とは全く違うと思います。それでも車いすの旅番組なんて今まで見たことがないし「そんな番組があったら嬉しいのに・・・」と思っていたので、すごく楽しみにしていました。

それなのに・・・

今日、その番組を観ようとビデオデッキのスイッチを入れると、間違えて他の番組が録画してあったのです。

どうして間違えてしまったのかと残念でなりません。日テレ系列の放送なので、地方によって放送時間が違うのですよね。私は時間だけを見て、違う局の違う名前の旅番組を録画してしまったのです。でも、間違えてしまったものは観ることができません。仕方がないとは思いながらもかなりショックでした。

でもね。永さんの京都旅行は2泊3日だったみたいで1回の放送では収まりきらず、8月11日(日)に2回目の放送があるみたい。

今度は絶対に間違えないように1週間前の8月4日に録画予約をするよう、カレンダーにマジックで大きく書きこんでおきました。

我家ではまだ夫と2人で旅行に行ける段階ではないけれど「そのうちには絶対に行くぞ!!」と、私は一人で意気込んでいるのですよね。

行先の候補はたくさんあるけれど、京都もその中の一つ。だから、余計にこの番組を観たかったのです。

でも、こういった本もあるし・・・

ネットでも情報はいっぱいあるから、行けるようになれば何とでもなるとは思うけれど、やっぱり映像で観ておきたかったのです。