読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

食事の悩み

夫は結婚した当初から食べ物に文句は言わない人でした。

何でも食べてくれたし、残すなんてことは滅多にありません。

それどころか、えむこの分まで手を伸ばし、食べてしまうぐらいの人だったのです。

だからって、えむこは「料理がすご~く上手」というわけではないのですよ。だって、家事の中では料理が一番苦手だし、作るものはいつも決まったものばかりだったから・・・

 

倒れる前は、

平日の朝食は、ほとんどご飯とみそ汁。

夫が「日本人の朝ごはんは、ご飯とみそ汁に決まってる・・・」なんて言うし、ご飯もみそ汁も大好きで、それを望んでいたからね。

昼食はえむこが働いていたから、夫は自分で作ったり、ランチに行ったりしていました。

でも、麺類やカレーが多かったみたい・・・

麺類は素麺、冷麦、うどん、そば、スパゲッティー、ラーメンと何でも大好きで、カレーはもっと好きだったみたいです。

若い頃には「朝・昼・晩、3食ともカレーでいい」って言ってたぐらいだから・・・

休日の朝食は、パンだったり、喫茶店にモーニングに行ったり。

昼食はやっぱり、麺類が多かったですね。

時々は2人でランチにも行ったけど、行先はうどん屋さんが多かったから。

夕食は、休日には一緒にスーパーに行って、夫の食べたいというものを作っていたけど、平日はえむこの好きなように作っていたのです。

メインは、

魚なら刺身か、塩焼きか、煮つけか、照り焼き。

肉なら生姜焼きか、しゃぶしゃぶ風か、照り焼き。

豆腐ならやっこ、味噌かけ、湯豆腐風、鉄板焼き風・・・

あとは、

野菜の煮物か、炒め物。和え物、酢の物、サラダ・・・

ちょっと言うのも恥ずかしいぐらいだけど、種類と組み合わせを変えるだけの簡単なものばかりでしたね。

それでも夫は、いつもおいしそうに、食べてくれていたのです。

だけど、ただ1つだけ、夫に文句を言われたことがあるのですよ。

それは、夫は香辛料が結構好きだったけど、えむこが苦手だったので、家には置いてないし、もちろん使わなかったから。

夫はね「うどんやみそ汁に一味を入れたくてもない。一味違うのに・・・」って・・・

でも、食べる時には「これはおいしい・・・」とか「これはいまいちだ・・・」と、いつも言ってくれたので、夫の好みだけはしっかりわかっていたと思うのです。

 

それが、倒れてからは・・・

あんなに好きだったカレーは喜ばなくなったのです。

「カレーにしようか?」っていうと、たいてい首を横に振ってイヤだって意思表示をするのです。

みそ汁、然り・・・

麺類も・・・

香辛料も全然ダメになってしまったのですよ。

 

年を取ると、食事の好みや、味の好みは変わってくるけれど、夫の場合はちょっと違うみたいなのですよね。

口の中も麻痺していることから、味覚を感じる神経の影響なのでしょうか・・・

今は「これが食べたい・・・」とか「これは嫌だ・・・」って言えないから、夫の好みが(味覚が)どう変化しているか分からないのです。だから、何が食べたいのか手探り状態なのですよね。

しかも月・木の昼食以外はすべて家でえむこの手作り。

ランチに行くなんてこともないし、買い物も自由じゃないから、ちょっと大変なのです。

 

夫は、今でも出したものを残すことはないけど、明らかに食事の時の表情が違うのですよね。

夫がおいしそうに食べてる姿を取り戻したいな~。

しかも簡単にできるメニューでね。