読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

お兄ちゃんの木工作品

家族

えむこは3人兄弟の真中で、兄と弟がいます。

弟は同じ県内には住んでいるけど、ちょっと遠く離れているので最近ではたまに電話で話すぐらいなのです。

でも、兄は同じ市内に住んでいるので、えむこの所にも時々来てくれ、何かと頼りの存在なのですよ。

 

兄は定年退職後、しばらくは週に2~3日ぐらい出勤していたけど、今は完全にリタイヤしました。

それで、子どもの頃からず~と続けていたバスケットの審判をしたり、地域の三役を受けたり・・・

そして、街づくりや川をきれいにするようなセミナー等々、興味のある講習会には積極的に参加しているのです。

去年と今年は職業訓練校にも半年づつ通い、木工を学んでいました。

だから、今では家で木工作業を楽しみながら、いろんなことに参加しているので、ホントに忙しく暮らしているのです。

 

兄が職業訓練校で作った作品はこちらです。

まだ初めに作った木箱とかもあるんだけどね・・・

この木馬はえむこの孫にプレゼントしてくれたのですよ。

f:id:emukobb:20121119190900j:plain

次に作ったのはこのトラック。

蓋を開けることができて、中におもちゃが入れられるようになっています。

これもえむこの孫のために作ってくれたのです。

f:id:emukobb:20121119140451j:plain

初めの三輪車は息子が家に持ち帰ったけど、トラックは帰省した時に遊ぶように我家に置いてあるのです。

だから孫が来ると、いつもこのトラックで家中を駆けずり回って遊んでいるのですよ。

 

そして、昨日は「チェンソーの操作講習会」に行ってきたからと、帰りに我家に寄ってくれました。

講習会の場所が兄の家からえむこの家を通り越した先で行われていたからね。

それで、その時に来年の干支の置物を作ったからと持ってきてくれました。

f:id:emukobb:20121119135654j:plain

左端の2つは去年の年末に作ってくれた今年の干支、辰の置物。

後が来年の干支、ヘビ3種。

まだ自分のデザインじゃなく、本の通り作ったんだと思うけどね。

夫はこれを見て「お~! お~!!」って声を出してにこにこ顔。

触ったり、並べ替えたり、コンポの上に飾ってみたり・・・

きっと、「いいじゃん。いいじゃ~ん・・・」って言いながらやってたと思うのよね。

そういう時の夫の顔は目がキラキラ輝いていてとってもいい顔。えむこの一番好きな顔になるんだよね・・・