読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

正月が来るから

夫のこと

「もういくつ寝るとお正月・・・」なんていう時期になってしまいましたね。月日の経つのはホントに早いと思います。

毎年、この頃になると「あれもしなくっちゃ・・・」とか「これも・・・」とか思いながら、だんだん焦ってくるのです。

今年えむこが自由に動き回れる日は、あと24日と27日の2日間だけになってしまいました。だから、余計に気忙しいのです。

結局、31日になれば何がやってなくても、何が買ってなくても、毎年「なんとかなるさ。今日が明日に変わるだけ・・・」と開き直ってしまうんだけどね。

それまでの時間は、何かにせっつかれるような、気忙しい気持ちがおさまらず、ダメなのです。

昔はお正月に新しい下着や洋服、靴なんかを買っておいて、はじめておろしたりしたけれど、そんな準備もしていないのです。多分、どこにも出かないから「そんなことはまあいいか」と考え、大掃除はまだしてないけど、こちらも「通常の掃除をするだけでいい」と考えることにしよう。買物だって、足りなければ近くのコンビニに行けばなんとでもなるものね。

 

そんなことを考えながら・・・

今日は夫の正月準備で床屋さんに行ってきました。

床屋さんに行くのだって、前回行った時から考えれば、1月になってからだっていいんだけどね。でもやっぱり、さっぱりした頭で正月を迎えたいって思ってしまうのです。

だけど、夫が床屋さん行くのも、日にちと時間の調整が結構大変なのですよ。デイケア、訪問リハビリ、食事、トイレ、お昼寝の状況と床屋さんの来客状況などでね。

 

今日はすごく寒い日だったけど、予定がない日だったので、えむこは「トイレさえ済めば床屋さんに行こう」と心で決めていました。そうしたら、午前中に無事トイレは済み、床屋さんも電話で確認したら「すぐに来ても大丈夫です」と返事をくれたので行くことができました。

床屋さんまでは歩いて7分ぐらい。今日はお日さまは出ているものの、冷たい風が吹き荒れていてとっても寒いのです。でも、最近は散歩もしてないので「この冬の季節感を味わおう」なんて思いながら、歩いて行ってきたのです。

もうすっかり冬木立になった公園の木々を眺めながら、落葉を踏みしめて歩くのも悪くないよね。それに歩いていると、なんだか寒いんだけど「心地よい冷たさ」みたいに感じてくるから不思議だよね。

帰り道、夫の頭からは床屋さんの匂いが漂ってくるし、さっぱりして嬉しそうな夫の笑顔を見てると「床屋さんに行けてよかった~」と、えむこも幸せな気持ちになって来るのです。そして「これでもう正月がいつ来てもいい」なんて思ってしまうのですよね。