読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

段々と・・・

暦の上では立秋というのに、今日は猛暑。

こんな日はたとえフリーの日とはいえ、家でじっとしているに限ります。まあ、出かけたいところもなかったということですが。

それでも、何にもしないのもつまらないので、夫に「絵を描かない?」と誘ってみました。

実は、この間Eさんから頂いたかぼちゃ、夫がその気になったらすぐに描けるようにと、まだ食べないで、机の上に置いておいたのです。

夫は珍しく、すぐに首を縦に頷きました。いい返事があれば、私の支度はスピーディーですよ。すぐさま机の上を片付けて、真っ白い紙を敷き、ハガキを乗せ、墨を磨り、筆洗いに水を入れ、絵の具と筆をセットする・・・

でも、夫はなかなか描きはじめません。こういう時、私は気が短いのでちょっとイライラしてくるけれど、そこは顔には出さず、じっと我慢です。そると、しばらくして手でかぼちゃを半分に切る動作をするのです。

「半分に切るってこと?」と聞くと、頷いたので、夫の希望通りの画題になるよう切ってきました。

それで、描いた絵がこちらです。 

f:id:emukobb:20130807202229j:plain

他人が見たら「なにこれ?」と思うかもしれないけれど、私にとっては最高です。

しかも、今回は収穫があったのですよね。

夫は脳出血の後遺症でたくさんの高次脳機能障害が残り、筆の使い方をはじめ、絵を描く動作も以前のようにはできません。もちろん今だって、以前のようには描けません。

でも、今日は筆に墨を含ませる動作、色を付ける時に使うティッシュペーパーの使い方が以前の動作を感じさせるものだったのです。これは、絵の上手い下手は別として、かなり良くなったという証拠でもあると思います。そうなると、私としてはそれだけで、もう夫を褒めちぎりです。親バカならぬ女房バカというやつでしょうか・・・

笑っていただいてもいいのです。自分でも「本当にバカみたい」と思うのですから。でも、やっぱりすごく嬉しいことには違いありません。

夫が描き終えてから「み」の消しゴム印を押し、スキャナーで取込みハガキに印刷してみました。

原画のようには色が出ないけれど、明日は早速、Eさんにこのハガキで残暑見舞いを出そうと思います。きっと喜んでくれると思うから。

そして、できれば「うんでも、すんでもない」息子たちにも出したいと思っているのです。親のことも忘れないように・・・