読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむこの雑記帳 ~ときどきひとり言~

これは、脳出血後たくさんの後遺症が残ってしまった夫とえむこの何気ない日常生活を書き留めたものです。

多すぎるいただき物

朝、離れに行こうと走っていた。すると、南面道路にEさんがトラックを止め、車から降りる姿が見えた。

夫はトイレの真っ最中。

私はかなり慌てていたので「すぐに来ます」と声をかけ、離れに走った。

離れから出て家の前に戻ると、そこにはもうEさんの車はなかった。その間、わずか数分のことなんだけれど。

ひょっとして、西面道路に車を移動したかもしれないと思って見に行ったけれど、そこにもEさんの姿はなかった。

私が「すぐに来ます」と声をかけたから、今日は用事があると思い、帰ってしまったのかもしれない。まあ、用事には違いなかったけれど、大きな声で人には言えないだけで、数分ですむようなことだったのです。

「Eさんが来たけど、帰ってしまったみたい。また来るかもね」と、トイレを済ませた夫に言い、私は洗濯物を干すために庭に出た。

すると、物干し場の軒下に冬瓜が4個とかぼちゃが1個置いてあった。それはEさんが持ってきてくれたものだとすぐにわかった。

う~ん。冬瓜まるまる4個。

冬瓜は大好きだし、切らなければ冬までもつと言われている。切ったとしても、冷蔵庫なら数日は大丈夫だし、冷凍もできる。だけど、我家に大きな冬瓜4個もなんて、どうしましょうの世界だ。

実は、この間いただいた冬瓜も大きすぎて、まだ切っていない。4軒ぐらいで分けても多いぐらいの大きさだから。

勤めていた頃には、職場に持って行けば、何でもすぐにはけたので、困ることはなかった。だけど今の私は、おすそ分けに行きたくても自由に動けない身。

しかもこの間「弟の所にもあげて」と、Eさんから言われて届けた時の感触を思うと、弟の所にはおすそ分けできないかもしれない。

まずは貰ってくれそうな所に電話して、大きい方の冬瓜から切って片付けなくては思う。でも、私が電話できるところは、夫の姉と弟、私の兄、友人のJ子さんとT子さんぐらい。YちゃんはEさんの義妹だから、そこはダメ。

冬瓜は好きだから嬉しい。家計も助かる。だけど、正直今はちょっと困惑気味。

何でも適量がいい。せっかく持ってきてくださったのに、そんなことを言ったら悪いけれど。とはいえ、せっかくの頂き物。おすそ分けをできるだけして、後は傷めないうちにせっせと食べなくては・・・